7月17日

日韓関係の厳しさ浮き彫り 前原政調会長が訪韓も

日韓関係の改善に向けて民主党の前原政調会長がソウルを訪問しましたが、年末に大統領選を控え、厳しい対日関係が改めて浮き彫りとなりました。

民主党・前原政調会長:「この(日韓)両国間というのは、意思疎通をしっかり行うなかで、お互いの懸念事項をしっかり話し合って、お互いが納得するような環境を整えておくことが大事だ」
 

今回の前原政調会長の韓国訪問は、竹島や慰安婦問題などで冷え込んだ日韓関係の改善のきっかけをつかみたい考えでした。しかし、会談のなかで、金星煥外交通商相からは、野田政権の国家戦略会議の分科会が提案した集団的自衛権の憲法解釈の見直しについて、対日感情を悪化させる原因になるとかみつきました。

これに対して、前原政調会長は「集団的自衛権については政府の決定ではない」などと説明しましたが、溝を埋めるまでには至りませんでした。


d0010128_18325047.jpg


こんな連中の所に何をしに行ったか知らないが、関係を壊しているのはクズチョンだという事を忘れるなよ。それなのにのこのこ行くとはさすがチョン前原だ。

>竹島や慰安婦問題などで冷え込んだ日韓関係

竹島はクズチョンどもが不法占拠しているんだろ。売春婦は決着が付いた事を捏造して大騒ぎしているのは何処のどいつだ?冷え込まなくていいから断絶してもらいたいものだ。

それに集団的自衛権については内政干渉だ。しゃしゃり出てくるんじゃねえクズチョン。

ここまで馬鹿にされてこの問題に関して言うことは言ったんだろうな。


日本大使館新築計画、許可下りず 韓国「高度制限超える

d0010128_18424130.jpg在ソウル日本大使館の新築計画が、韓国側の許可が下りず遅れる見通しだ。敷地が文化財になっている景福宮に近く、韓国の文化財当局が文化財環境保護の観点から計画通りの建設を不許可にしたため。日本大使館側は「嫌がらせに等しい」と不快感を隠していない。

日本大使館は地上5階・地下1階の現在の建物を地上6階・地下3階(高さ約36メートル)に建て替える予定で、その設計許可を韓国側に求めていた。これに対し文化財庁文化財委員会はこのほど「建物が景福宮から見える位置にあり高さ30メートル以内という高度制限にひっかかる」として計画を不許可にした。

しかし日本大使館周辺にはすでに20階建て前後の高層ビルが4棟も建っていて、約90メートル離れた景福宮からは高層ビルの隙間に大使館がわずかに見える程度。計画通りでも高さは周囲の高層ビルの3分の1ほどにすぎない。

文化財当局によると環境保護規制は2010年からで、周囲の高層ビルはそれ以前のもので問題ないのだという。

日本大使館の新築工事は来年夏着工で5年後完成の予定。仮入居先の契約も迫られている。日本大使館関係者は「引き続き韓国側に計画通りの許可を訴える方針だが、現場を見れば日本大使館への規制がいかに現実離れしているか分かるだろう。日本政府は現在、新築工事中の東京の韓国大使館には全面的に協力してきたのに」と不満が強い。


さてこの嫌がらせをどう抗議したのか聞かせてもらいたいものだチョン前原君。

それに信じ難い一文がある。

>日本政府は現在、新築工事中の東京の韓国大使館には全面的に協力してきたのに

こんな連中の大使館に一体何を全面協力したんだ売国嘘つき豚野朗!それに工事中なら今直ぐ止めさせろ。目には目を。歯には歯を。チョンにはチョンのやり方でやり返せ!

ここまでされてもチョンが大好きなのか?さすが売国朝鮮民主党だ。話しにならんよ。


d0010128_1852261.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2012-07-17 18:52 | クズチョン


<< 7月18日 7月16日 >>