9月29日

安倍元首相の「腹痛」を揶揄  「とくダネ!」に疑問相次ぐ

自民党新総裁に選ばれた安倍晋三元首相について、フジテレビ「とくダネ!」の出演者が「お腹痛くなっちゃって辞めちゃった」という発言をしたことに、ネット上で疑問が相次いでいる。安倍元首相は、多くの患者がいる難病を患っていたからだ。

新聞の2012年9月27日付テレビ欄では、安倍晋三元首相の復帰劇をこううたう「とくダネ!」の番組内容が書かれていた。

実際の番組でも、司会の小倉智昭さんが「様々な方面から不安の声も上がっております」とスタートさせると、安倍氏が「政権を投げ出した」経緯や閣僚の不祥事などをたどる映像が次々に流された。

そして、経営コンサルティング会社の代表をしているコメンテーターの田中雅子さんに、話が振られた。すると、田中さんは、安倍氏について「お腹痛くなっちゃって辞めちゃったということで…」と話し始めた。これに司会の小倉さんが「ちょっと子どもみたいだったと思うよ」と口を挟み、田中さんも「そうなんですよ、そうなんですよ」と続けた。





不安の声を煽っているのはクソマスゴミだろ。よくもまあこんな事をテレビで言えたものだ。よっぽど安倍氏が嫌いなようだな。なら安倍氏が総裁になって正解だった訳だw

それにこの小倉を久しぶりに見たが、カツラ替えたのか?自分の本当の姿も晒せないような奴が偉そうな事を言うなよ。

ちなみに安倍氏の病気は「潰瘍性大腸炎」なる厚生労働省指定の難病。フジテレビはこの病気にかかって苦しんでいる人達10万人に喧嘩を売っているのか?

潰瘍性大腸炎は、日本で10万人を超える患者が発症している厚生労働省指定の特定疾患である。

今回安倍総裁が苦しめられた“潰瘍性大腸炎”は、大腸に潰瘍ができる炎症性疾患である。発症する原因は不明とされているが、過度なストレスが原因なのではないかとも言われている。

症状は、出血を伴うこともある下痢、頻繁に起こる腹痛など。結膜炎、虹彩炎など目の病気との合併症も多く報告され、重症の潰瘍性大腸炎になると肝炎や肝硬変といった内臓の病気を併発することもあるようだ。

水や栄養を取り込むために必要な大腸に潰瘍ができてしまうので、栄養を取り込むことが難しくなる。


病人を揶揄するようなクズが番組の司会をしているのか?終わってるなフジテレビ。そしてみのもんたもイチャモン付けてたな。





カツカレー食べて何が悪い。アホなのかこいつは。結局こうゆう輩は何を食べてもイチャモンを付けるんだろ。そこまでして安倍氏を叩きたいのか?マスゴミの愚かさを象徴しているな。

そして最も許せんのが結局この3500円のカツカレーそもものが大嘘だった事。安倍氏を叩く為に捏造して報道したわけだ。

実際は会場費込みの特別メニュー。それが3500円だったわけでカツカレーそのものの値段ではなかったのだ。

こんな報道をいつまで続けるんだ?恥ずかしい事してんじゃねえぞクソマスゴミ!


d0010128_1813749.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2012-09-29 18:02 | マスゴミ


<< 9月30日 9月28日 >>