2月18日

「隕石、尖閣に落ちてくれないかと…」 日テレ「バンキシャ!」で不適切発言

日本テレビの報道番組「真相報道 バンキシャ!」で17日、ロシアの隕石落下を伝えるニュースの中で、コメンテーターとして出演していた中国出身の経営コンサルタント、宋文洲氏(49)が「(隕石は)尖閣諸島に落ちてくれないかと思った。なくなればトラブルもなくなるから」などと発言し、アナウンサーが謝罪する一幕があった。

「今日思ったのはですね、尖閣諸島に落ちてくれないかと思ったんですね。なくなればトラブルもなくなるから」などと笑いながら語った。

宋氏の発言に、メーンキャスターの福沢朗氏は「ずいぶんと思い切ったご意見をいただきましたね」などと取りなしたが、約20分後に鈴江奈々アナウンサーが「スタジオで一部不適切な発言がありました。失礼いたしました」と謝罪した。


d0010128_18494350.jpg


不適切発言てなんだ?これが中国土人の本音だから仕方ないだろ。こんな中国のスパイをテレビに出している時点で不適切なんだよ。そこを分かれよ日本テレビ。

しかし隕石が落ちたぐらいで尖閣が無くなるとは幼稚な思想。まあ中国土人はこれぐらいが関の山か。こんな奴は二度と日本のテレビに出さない事だ。


d0010128_19181322.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2013-02-18 19:18 | 中国


<< 2月19日 2月17日 >>