3月2日

練習試合で讃岐の藤田浩平選手をラフプレーで負傷させた東京V韓国人DFペ・デウォン、ヴェルディが事情聴取

d0010128_1540327.jpgJ2東京Vは韓国人DFペ・デウォンを高知キャンプから緊急帰京させた。

同選手は19日に春野で行われたJFL讃岐との練習試合に途中出場。接触プレーで相手選手に大ケガを負わせ、試合は途中で打ち切りとなった。故意に行ったプレーではないとはいえ、招いた結果が重大であることから事情聴取を行う。

クラブは一夜明けたこの日、公式サイトに謝罪コメント明けたこの日、公式サイトに謝罪コメントを掲載。「キャンプ終了後、速やかにフェアプレーの徹底を再確認する」としている。


私はあまりテレビを見ないのだが、これはちゃんと報道したんだろうな?大ケガなんて事を言っているが、右足関節開放性脱臼骨折だそうじゃないか。選手生命が絶たれる怪我だぞ。

この試合の流れはこうだ。


2/19練習試合 東京V×讃岐


プレーが荒れ始める
 ↓
三浦ヤス監督「あんたが早く笛を吹かないからこういう事になるんだよ」と審判に詰め寄り両手で胸を突き飛ばす
 ↓
チョンの殺人プレーで藤田大怪我 右足首が変な方向に曲がる
 ↓
藤田の泣きながらのうめきが聞こえる中、三浦ヤス

「だぁから、これだから素人なんて入れるなよ~!!」
「そんなの早く退場させとかないから、こういう事になるんだよ~!!」
「最後まで試合や~りましょうよ~!!」
 ↓
藤田の痛がる悲鳴と絶望の声
藤田の怪我の惨状に泣く選手たち
 ↓
試合中止
 ↓
搬送撮影のTV局にコーチが泣きながらキレる
 ↓
チョン帰京
 ↓
右足関節開放性脱臼骨折の診断


チョンコロが故意でやってないとの確証は何処にあるんだ?日本人の選手生命を奪っておきながら事情聴取だぁ?日本で二度とプレーできないようにしろよ。

それにこいつだけではない。オリンピックであんなふざけた事をされたのに、日本でクズチョンがプレーしている事自体信じられん。サッカーもチョンコロに侵食されているだな。

それにこの三浦泰年なる監督も相当のクズ。なんとも恥ずかしいチームなんだか。

そしてスポーツマンシップも分からん連中を日本でプレーさせるな。サッカーに限らずありとあらゆるスポーツでチョンコロは排除しろ。日本人に対して敵意を剥き出しにするような連中に用はない。

最後に右足関節開放性脱臼骨折がどんなものかご紹介しよう。大体こんな感じらしい。こんな事をチョンコロが日本人に対してわざとやったのか。絶対に許せんな。



[PR]
by tokyoneocity | 2013-03-02 16:00 | クズチョン


<< 3月3日 3月1日 >>