6月23日

救出された辛坊治郎さんがブログ全削除で物議 / 出航前に漏水が発覚するも「24時間テレビに間に合わせるため出航したのでは」との声



フリーアナウンサーの辛坊治郎さんと、セーラーの岩本光弘さんが太平洋横断に挑戦。しかし出航から5~6日後に浸水が発生し、救助要請を出して海上自衛隊に救助された。無事に助かってなによりだが、いくつか疑問の声があがっている。

・ブログ記事をすべて削除

救助後、辛坊さんはすべてのブログ記事を削除し、多くの人たちが驚きを隠せずにいる。いままでの経緯がすべてわからなくなってしまうし、そもそも消す理由がないからだ。

しかもそのブログ記事のひとつには、大阪から福島の港へヨットを運ぶため回航していた際、ヨット船内に「漏水」があった書かれていたのだが、それも読めなくなっている。以下は、辛坊さんが削除した6月14日のブログ記事である。

・辛坊さんが削除した6月14日のブログ記事

「完璧に整備したと皆が思い込んでいたエオラス号にいくつかの問題点が見つかったんです。

まず一つは、船の舳先に突き出ている大きな棒、これをバウスプリットって言うんですが、この根元から少量の漏水が発見されました。

エオラス号には既に太平洋横断用の資材をすべて積み込んでいたために相当喫水が下がっていて、台風の余波のうねりに舳先から突っ込んで派手に海水をすくい上げる局面が何回かあったんですが、この時バウスプリットの止水に不具合があって、水が漏れることが分かったんです。

当初、この2日間で舳先をすべて解体して、充填剤を入れなおすことも計画されたんですが、様々なリスクを計算した結果、内側からの充填で対処することになりました。余程荒れた海でない限り漏水しませんし、エオラスの設備で簡単に排水できる程度のものですから、これで、まず大丈夫でしょう」(引用ここまで)

・結局は浸水してリタイア

「漏水」と「浸水」の意味は違ってくるかもしれないし、辛坊さん自身は同じ意味として使っているかもしれない。しかし、この点に関して多くの人たちが疑問視。漏水があったにもかかわらず、「余程荒れた海でない限り漏水しません」として問題視せずに出航をしたからだ。結局は浸水してリタイアしている。

・漏水しつつも充填剤を入れる対処はせず

今回の浸水と、回航中の漏水は原因が違うかもしれない。しかし、太平洋を横断するという命のかかった状況において、あまりにも安易すぎると思われているのも事実。どうして出発日を遅らせるなどして万全の状態にしなかったのか? 「この2日間で舳先をすべて解体して充填剤を入れなおすことも計画」としながら、どうしてそれをしなかったのか?

・『24時間テレビ』の放送日を考慮して出航?

インターネット上では「24時間テレビに間に合わせるためスケジュール優先で出航したのではないか」という声が出ている。確かに、当初の予定で出航すれば8月に北米に到着する予定だったので、到着するかしないかの時期に『24時間テレビ』の放送日(2013年8月24~25日)となる。


d0010128_17434272.jpg



テレビの企画かよ。どうもおかしいと思った。何で全盲の人間とわざわざ荒れ狂った海に出向したのか不思議でしょうがなかった。これで辻褄が合う。

それで事の真相がばれる前にブログの記事を削除か。何処までもクソなんだか。

マスゴミも何できちんと報道しないんだ?まあこれがマスゴミお得意の報道しない自由なんだろうがな。やってる方も報道する方もどちらもクズのクソでしかないな。

まあ感動を押し売りする日本テレビの偽善番組。これが全て本当なら、何人責任を取って辞めるのか見ものだ。番組も当然放送禁止だろうな。

ほんとマスゴミってのはクズの集まりだな。

d0010128_17513827.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2013-06-23 17:53 | マスゴミ


<< 6月24日 6月22日 >>