6月28日

治療のため在留許可認める判決

不法残留の韓国人の女性が日本でがんの治療を続けるため国外退去の処分取り消しを求めていた裁判で名古屋等裁判所は「生命に関わる病気を抱える人への配慮は、当然に尽くされるべきだ」として女性の訴えを認め、1審とは逆に処分の取り消しを命じました。

韓国人のキム・ジョンスク(52)は3年前に不法残留で摘発され、国外への退去処分となりましたが、再発や死亡のリスクの高いがんになったことから日本で治療を続けるため国に対し処分の取り消しを求めていました。

1審の名古屋地方裁判所が「韓国でも治療は可能だ」として訴えを退けたためキムが控訴していました。

今日の2審の判決で名古屋高等裁判所の加藤幸雄裁判長は「生命に関わる病気を抱えるものに対する配慮は、当然に尽くされるべきだ」と指摘しました。

そのうえで「不法滞在だからといって病院を替えることに伴う重い負担を原告の自己責任で対応させることは相当ではない」としてキムの訴えを認め1審とは逆に退去処分の取り消しを命じました。


d0010128_18145575.jpg

d0010128_18142474.jpg

d0010128_1815142.jpg

d0010128_18144423.jpg

d0010128_181532100.jpg

d0010128_18153750.jpg


何で不法滞在の外国人を国外退去させないんだ?病気になったから?そんなこと知ったことか。不法残留は犯罪であります。今直ぐ強制退去させてください。

それにしても図々しいチョンコロだ。不法滞在のくせに、裁判までして日本に居座るつもりか。何とも恐ろしい人種だな。都合のいいときだけ日本に擦り寄る。本当に反吐が出るぜ。

それに裁判所もルールを無視した判決を出すんだからどうかしている。こんなふざけた判決ばかり出しているから、外国人犯罪者が日本に居座る。ふざけるなよ加藤幸雄!

こんな外国人犯罪者を日本が匿う理由などない。今直ぐ国外退去させろ。

しかしこんな事件があったは微塵も知らなかった。日本人の皆さん。こうやってクズチョンは犯罪者のくせに日本に居座るんですよ。気をつけて下さいね。


d0010128_18294080.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2013-06-28 18:30 | クズチョン


<< 6月29日 6月27日 >>