1月30日

日本が圧力? 慰安婦説明会が突然の中止=仏漫画展

「中止しなければ企画展の実施を認めない」 事務局側が強硬姿勢


フランスで30日から開催される世界最大級の漫画展示会「アングレーム漫画祭」で韓国が企画している慰安婦関連の特別展について、パリで行われる予定だった事前説明会が展示会事務局側の要求により全面的に中止された。説明会は現地メディアや文化界関係者を招いて行われる予定だった。

最近韓国と「歴史戦争」を繰り広げている日本が、事務局に圧力をかけたのではないかとの疑惑が浮上している。

韓国は30日から4日間の日程で行われる同漫画祭で、慰安婦に関する特別企画展「しおれない花」の開催を予定している。

イ・ヒョンセさん、パク・チェドンさんら19人の漫画家が慰安婦の悲惨な体験をテーマに20編の漫画と4編のアニメーションを展示・上映することになっている。

韓国側の慰安婦企画展組織委員会は29日午後、パリの韓国文化院で、フランスの記者や文化界関係者およそ20人を招いて懇談会を開催する予定だった。

懇談会にはチョ・ユンソン女性家族部(省に相当)長官も出席することになっていた。だが、懇談会の前日になって漫画祭の事務局から、懇談会を中止するよう要請があった。事務局は、懇談会を中止しなければ企画展自体を認めないという強硬な態度だったという。

日本は昨年5月に韓国が慰安婦企画展を提案した直後から、アングレームの事務局に抗議の意を伝えるなど、組織的に妨害する動きを見せていた。日本の漫画はフランスの漫画市場の約8割を占めており、今回の漫画祭でも最大の後援国となっている。




何たるキチガイ。日本の漫画が主役のお祭りで、チョンの売春婦の話をするつもりだったのか。お門違いも甚だしい。まさに下衆の極み。フランスもクソ迷惑な話だな。

ほんとこいつらの粘着たるや恐ろしい執念だな。このキチガイエネルギーを他に回せばいいのにな。

まあ日本政府はグッジョブ。クズチョンはやりたければ勝手に他の場所でやれ。日本に関わるなクズども。


安倍首相、竹島問題で単独提訴を準備 代表質問で

安倍晋三首相は30日午前の参院本会議での各党代表質問で、島根県・竹島を巡る韓国との領有権問題について「国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴も含め、検討・準備している。種々の情勢を総合的に判断して適切に対応する」と表明した。

みんなの党の松田公太氏への答弁。ICJへの単独提訴は、民主党の野田政権が2012年8月に当時の李明博(イ・ミョンバク)韓国大統領による竹島上陸への対抗措置として検討していた。



もう徹底的にやれ。クズチョンが世界中で日本を敵に回す行動を取っている事実をもってしても、日本が黙っていては話にならん。もはやこちらから手を打つべきである。

準備・検討などしていないで、さっさとやるべし。クズチョンは日本の敵である。今後のクズチョンに対する態度を誤るなよ日本政府。もう日本人は怒り心頭なのだから。



[PR]
by tokyoneocity | 2014-01-30 16:45 | クズチョン


<< 1月31日 1月29日 >>