2月11日

売れるから「嫌中憎韓」 書店に専用棚 週刊誌、何度も

東京・神保町の三省堂では、中国や韓国に関する本と並び、太平洋戦争を振り返る新書も置かれている


d0010128_17503268.jpg


私も本屋に行くと、このような嫌チョンの本が沢山あることに驚く。これはマスゴミと電通が作り出したクズチョンブームの反動だな。なんとも良い事だ。

まあメディアが作り出した捏造のクズチョンの姿を信じた日本人は、今本当のクズチョンの姿を知る事となってさぞかし驚いていることだろう。

遅すぎる気もするが、気付かないよりまし。このような本をしっかり読んで、今も昔もこいつらクズチョンがどれだけ反日工作をしているか知るべきである。

そうすれば日本とクズチョンの間に友好などという言葉が存在しないのが分かる。あるのは国交断絶だけである。

d0010128_182172.jpg

d0010128_1824554.jpg

d0010128_183432.jpg

d0010128_1832645.jpg

d0010128_1834155.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2014-02-11 18:03 | クズチョン


<< 2月12日 2月10日 >>