チョン機長はさっさと逃亡。乗務員も何もせず。なんとも恐ろしい航空会社だな

d0010128_20234568.jpg


着陸10分前、突然大揺れ「吐きそうになった」

 損傷したエンジン、機体後部に開いた穴。

 広島空港(広島県三原市)で発生したアシアナ機の事故は、一夜明けた15日、国や広島県警による原因調査が本格化した。大惨事につながりかねなかった「その時」を、乗客らの証言から再現した。

 韓国・仁川(インチョン)空港を14日午後6時49分に出発した機体に異変が起きたのは、着陸約10分前の午後7時55分頃だった。

 突然、左右の翼が大きく揺れ、3回ほど急降下と急上昇を繰り返した。「吐きそうになるほどだった」。広島市佐伯区の女性会社員(52)は振り返る。

 まもなく「ドーン」と突き上げるような激しい衝撃が起きた。着陸誘導用の無線アンテナに衝突したとみられる。機内上部の荷物入れの扉が開き、荷物が次々と落下。窓の外では、エンジンがオレンジ色の光を発していた。

 そして、着陸時とみられる2回目の衝撃音が響いた。広島県廿日市(はつかいち)市の女性(58)は「雷が直撃したかと思った」。機内では、「頭を抱えろ」と男性が叫んだ。

 その後も揺れが続く中、機内は真っ暗に。前方から煙が上がり、焦げた臭いが機内に充満。窓の外では、翼の先端部分が折れ曲がっていた。乗務員が韓国語のような言葉で何かを叫んでいたが、なかなか非常口は開かない。頭から血を流す人、泣きわめく子供たち。パニック状態に陥る乗客もいた。

 乗務員が誘導する様子は見られず、やがて開いたシューターを使い、乗客が助け合って脱出した。


広島空港でアシアナ航空機が着陸に失敗して多数の乗客が負傷した事故。一夜明けた15日、機体は車輪が外れ、主翼も裂けるなどあちこちを損傷していることが確認された。専門家からは操縦士のミスを指摘する見方も出ている。

 広島空港を管理する国土交通省大阪航空局広島空港事務所では15日午前1時50分ごろ、漆島重人所長らが記者会見した。漆島所長は「安全が第一のなかで、このような事故が起きたことを残念に思う」と語った。 事故の内容については冒頭で「14日午後8時5分ごろに着陸した際、滑走路から逸脱し、草地に停止。胴体後部に損傷があり、大修理を要するので航空事故に該当する」と説明した。

 当時の天候や着陸時の状況など詳細については、「統一的な対応を航空事業安全室でとるので問い合わせてほしい」と述べ、本省の電話番号を紹介するにとどめた。午前4時40分過ぎ、事故機の機長が韓国籍であることやパイロットとは接触できておらず、居場所も把握していないという。



>事故機の機長が韓国籍であることやパイロットとは接触できておらず、居場所も把握していないという
>事故機の機長が韓国籍であることやパイロットとは接触できておらず、居場所も把握していないという
>事故機の機長が韓国籍であることやパイロットとは接触できておらず、居場所も把握していないという


d0010128_20271661.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-04-15 20:29 | クズチョン


<< マスゴミは天候のせいにしようと... 日本人を拉致するクズチョン。そ... >>