やる事が姑息。日本政府はそれ相応の対応を取れ

韓国、竹島を「世界ジオパーク」認定悪辣工作の暴挙 実効的支配権を広報する狙いか


「明治日本の産業革命遺産」がユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産への登録を勧告されたことに猛反発している韓国が、巧妙かつ悪辣(あくらつ)な工作を進めていた。韓国が不法占拠している島根県・竹島(韓国名・独島)を、自国領だと強弁して、ユネスコが関係する「世界ジオパーク」の認定を受けようと準備しているのだ。

 世界遺産登録をめぐる、日本と韓国との文化担当事務レベルの会合は22日、外務省内で開かれた。韓国側は「遺産には朝鮮人労働者が強制徴用された施設が含まれている」と主張。日本側は「異なる時代の出来事だ」と反論し、会合は平行線で終わった。

 韓国の「反日」攻勢にはうんざりするが、さらに許し難いのが、竹島の世界ジオパーク認定工作だ。

 世界ジオパークは、ユネスコの支援で結成された「世界ジオパークネットワーク」が審査を担当し、地質や火山、地形が「世界的に貴重」と判断した地域を認定する。日本では、洞爺湖有珠山、糸魚川、山陰海岸、島原半島、室戸、隠岐、阿蘇の7カ所が認定を受けている。

 日韓外交筋は「竹島に近い、島根県・隠岐が2009年、日本国内のジオパークに認定されて、地元が『世界ジオパークを目指す』と表明してから、韓国は対抗心を燃やすようになった。竹島を世界ジオパークに認定させる準備を進め、報道も増えた」と語る。

韓国環境部は12年12月、「鬱陵島と独島」を国内第1号の国家地質公園(韓国ジオパーク)と指定し、世界ジオパーク認定への下地を整えた。すでにロゴマークも完成させ、アピールに余念がないという。

 竹島は日本固有の領土だが、韓国が1952年、李承晩(イ・スンマン)ラインを一方的に宣言し、警備隊を常駐させて強奪した。駐日米国大使だったダグラス・マッカーサー2世が60年、米国務省に送った「マッカーサー・テレグラム(電文)」にも、竹島は明確に「日本の領土」と記されている。

 恥知らずな暴挙といえる世界ジオパーク認定工作だが、そこには韓国の狡猾な狙いがある。

 ソウルの夕刊紙「文化日報」(電子版)は昨年6月26日、鬱陵島や竹島を所管する慶尚北道関係者の「世界ジオパークに認定されると、何より独島の実効的支配権が国際的に広く広報される」という話を紹介している。

 日本としては断固阻止しなければならない。



d0010128_19561372.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-05-23 19:57 | クズチョン


<< 一般市民でないキチガイ反日左翼... 新大久保で無職。なんとも香ばし... >>