なんとも下衆の極みバカ女だな。こんなのが検事だったのが信じられん。さっさと辞めろ

d0010128_20553044.png



山尾氏、元秘書に「法的措置考えている」/一問一答

民進党の山尾志桜里政調会長は6日、国会内で会見し、政治資金収支報告書に記載された12年のガソリン代が「地球5周分相当」と指摘された問題について、初めて釈明した。すでに事務所を辞めた元公設秘書が在籍した期間を含めた12年分のガソリン代が、前後の年と比べて突出していると主張した。主な質疑応答は次の通り。

 -山尾さんは議員になる前は検事だった。検事の目で見て、今回の問題は、クロかシロか。

山尾氏 軽々に言える問題ではない。しっかり弁護士と相談し、必要な法的措置があれば、取るようにしたい。

 -今回の問題を受けての進退は

山尾氏 しっかり事務所の体制を整え、専門家の意見を仰ぎ、精いっぱい国民の期待に応えられるように頑張りたい。

 -元秘書の在籍期間と合致していることだけが、(元秘書を疑う)根拠なのか。その元秘書とは連絡しているのか

山尾氏 その前後の年を見ても、支出の金額が特定の期間に突出している。ガソリンのプリペイドカードのレシート(の内容が)極めて不自然で、その(元秘書がいた)時期に限られている。秘書がやめてから、私は連絡をとったことがない。

 -当時、不自然なことに気づかなかったのか。監督責任をどう感じるか。このまま政調会長を続けるのか

山尾氏 当時は気付けなかった。監督不十分。しっかり体制を整え、専門家の声も聞きながらやっていく。国会議員、政調会長として精いっぱい頑張りたい

 -今回、1週間行った調査で、元秘書に、なぜ直接聞かなかったのか

山尾氏 弁護士に相談して、法的措置が生じる可能性がある。私が、当該の方と接触するのは好ましくないと助言受けた。事実関係(の調査)は、弁護士を通じてやる。

 -甘利明(前経済財政担当相)さんは、(秘書の問題で)監督責任を認めて閣僚を辞めている。野党議員として、これから政府を追及できるのか

山尾氏 まずはしっかり事務所の体制を立て直し、私自身、やることをしっかりやる。私も野党の議員だし、政調会長としてしっかり責任を果たしたいとは思う。

 -元秘書の在籍期間

山尾氏 11年3月から12年7月。不正のラインを引くのは難しいが、12年12月は(移動でガソリン代を多く使う)衆院選があった。その月よりも、(秘書の在籍期間の月の方が)ガソリン代が多かった。

 -秘書はどんな人か

山尾氏 公設秘書だった。それ以外の情報を今出すことは、ふさわしくない

 -元秘書はどんな経緯で雇い、辞めたのか

山尾氏 先輩議員の紹介で秘書になった。やめたのは、本人から辞表が出たため。(理由は)そのような意思だったのだと思う。

 -甘利さんの問題とは違うとの認識か

山尾氏 私としては、違うとしか言いようがない。この場で(甘利氏より)軽いというような場でもない。軽い、重いではない。それぞれの事案で、しっかり説明することが必要だ。

 -秘書が辞める時、不審点は感じなかったのか

山尾氏 今は話す段階ではないと思う。私の監督が不十分だった。指摘を受けるまで気づけなかったということは、素直に思っている。

 -弁護士は元秘書と会っているのか

山尾氏 接触したとは聴いていない。今後、適切にやってくれると思う。

 -岡田克也代表から政調会長に抜てきされ、期待されていたのに、こういう疑惑が出た。党の今後の全体に影響は

山尾氏 民進党の大事な時期にこういう問題で、本当に申し訳ない。期待されている分、政調会長の役割を果たすことで貢献したい

 -疑惑を払拭(ふっしょく)するには、膨大なエネルギーが必要だ

山尾氏 この1週間、かなり集中して調べて、率直に報告している。国民のみなさんにも、私なりに説明している。今後さまざまな立場の方に問われれば、正直に説明しご理解いただく。一方で、政調会長として、民主党の政策や国民の声を聴いて、政策を前に進める思いに変わりはない。

 -「反省」や「申し訳ない」という言葉はない。自分は、被害者と思っているのか。この説明で、有権者は納得するか

山尾氏 大事な質問をありがとうございます。私自身、至らない面があるのは事実で、大変申し訳なく思っている。それを前提として、今後は、期待に応じていけるようにしたい。

 -元秘書による、「使い込み」があったということか

山尾氏 私ももともと、ああいう職業(検事)をやっていた。断定するのは重いことだが、強い疑問を持っている。

 -不正な使い込みがあったとすれば、税金が無駄に使われたことになる

山尾氏 大切なご指摘をありがとうございました。私の至らない面を、猛省している。(政治とカネの問題が)政治不信の礎になっているところで、(今回のような)報告をしていることを、国民のみなさんに申し訳なく思います。これからは、こういうことが起きないように態勢を整え、もう1度、自分が先頭に立ちたい。大変申し訳ありません。(指摘を)ありがとうございました。

 -政調会長就任の際、幹部から、(スキャンダルはないのかと)確認はされなかったのか

山尾氏 具体的には、それをクローズアップするような話はなかった。

 -不正請求分が、議員活動や飲み食いに使われた可能性は

山尾氏 環流したり、有権者に配ったことはありません。今は、(元秘書が)使ったとは言い切れないが、推測になるが、不正に換金したり、票のために配るとかはなかった。

 -元秘書が、不要なレシートを使って不正に請求していたということか

山尾氏 そういった可能性を、強い疑問を持っている。

 -責任の取り方として、「反省」で終わるのか。別の責任の取り方があるのか

山尾氏 報告書の記載と事実が違う。その点は、至らなさを反省しています。大変恥じております。国会議員として、大事な時期の民進党の政調会長として、やるべきことはやった上で、傷ついた信頼を回復したい。この1週間、いつ説明するのかと言われて、もどかしかったが、調べて事実に近いものを説明したかったし、やっているつもりでもある。私が言うべきことではないが、正直に説明を尽くす姿を通じて、傷つけた信頼を回復したい。

 -元秘書が、拾ったレシートで請求をしたとして、経費の精算でお金は戻ってくるのか

山尾氏 レシートと引き換えに、代金を出していた。

 -環流はないと言える根拠は

山尾氏 私が受け取ったこともないし、私が把握している中では、ないということ。

 -法的措置について

山尾氏 民事、刑事の区別をせずに、必要な法的措置を考えている、今は判断に至っていません。


d0010128_20574649.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-04-07 20:59 | 腐れ民進党


<< とんでもないコーヒー代に携帯代... 長い会見だが、何の答えにもなっ... >>