カテゴリ:犯罪( 14 )

何で死刑執行されないんだ?最高裁判決が出ているのに再審請求とは意味不明なんだよ

d0010128_1902069.jpg


「林真須美死刑囚、目に見えてやせて…」支援者、カレー事件で再審請求訴え

和歌山市で平成10年に発生した毒物カレー事件で、再審請求中の林真須美死刑囚(55)の支援者による集会が4日、大阪市内で開かれた。約60人が集まり、弁護団は「有罪の決め手となった証拠には、全てごまかしがある」と訴えた。

 弁護団の大堀晃生弁護士は大阪拘置所の林死刑囚について「目に見えてやせて、『きつい』と言うようになった」と近況を報告。死刑因の関係先で見つかったヒ素は、現場付近の紙コップに付着していたヒ素とは異なるなどと改めて指摘した。

 確定判決によると、林死刑囚は和歌山市園部の夏祭り会場のカレー鍋にヒ素を混ぜ、男女4人を殺害。21年に死刑判決が確定し、同年、和歌山地裁に再審請求した。弁護団は今年度中にも地裁が再審請求に対する結論を出すとみている。


d0010128_18583927.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2017-02-05 19:01 | 犯罪

同じ過ちを何度も繰り返すとはおろかなり。二度と人前に出てくるなよ

d0010128_20474193.jpg

d0010128_20475393.jpg


覚醒剤使用の疑い ASKA元被告の逮捕状を請求

歌手のASKA、本名・宮崎重明元被告(58)が覚醒剤を使用したとして、警視庁は覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕状を請求しました。ASKA元被告は覚醒剤を使用したなどとして、おととし、有罪判決を受け、執行猶予中でした。

逮捕状が請求されたのは、歌手のASKA、本名・宮崎重明元被告(58)で、警視庁の調べによりますと、今月中旬から25日までの間に覚醒剤を使用したとして、覚醒剤取締法違反の疑いが持たれています。

これまでの調べで、ASKA元被告は、今月25日の午後、東京・目黒区の自宅から、みずから110番通報し、警察官が駆けつけると、ろれつが回らず、「盗撮されている」などと意味のわからないことなどを話していたということです。その後、警視庁が鑑定を行った結果、尿から覚醒剤の陽性反応が出たということで、警視庁はASKA元被告の逮捕状を請求し、逮捕する方針です。

ASKA元被告は、覚醒剤と合成麻薬のMDMAを使用したなどとして、覚醒剤取締法違反の罪などに問われ、おととし、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受け、執行猶予中でした。


d0010128_20373720.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-11-28 20:49 | 犯罪

一体誰に何を訴えているのか知らないが、ちゃんと出頭してお国にお帰り下さい

d0010128_1234014.jpg


「日本はふるさと 在留認めて」…父親は強制送還 不法入国のペルー人家族

不法在留で強制退去を命じられているペルー人女性と、日本で生まれ育った中学3年の長女(15)、中学1年の長男(13)が14日、大阪市内で記者会見し、在留特別許可を認めてほしいと訴えた。ペルー人の夫はすでに強制送還されており、家族の支援団体は同日、抗議声明を大阪入国管理局あてに送付した。

 支援団体によると、父親のパスクアル・デラクルスさん(59)は平成3年に、妻のネリ・モレノさん(50)は同6年に、いずれも偽造旅券で日本に入国した。パスクアルさんは日雇い仕事などで生計を立てていたが、23年に入管難民法違反容疑で逮捕され、有罪が確定。ネリさんは逮捕されなかったものの、翌年に家族全員に強制退去処分が出された。

 処分取り消しを求めた訴訟も昨年、最高裁で上告が退けられ、パスクアルさんは今年9月、ペルーへ強制送還された。ネリさんも17日に大阪入管へ出頭するよう命令を受けているという。

 会見でネリさんは「子供たちは日本語は話せるがスペイン語は話せない。許しをもらいたい」と涙ながらに話した。長女も「私と弟は日本がふるさと。学校にも友達がたくさんいる。日本でこれからも生活したい」と訴えた。


>偽造旅券で日本に入国した
>偽造旅券で日本に入国した
>偽造旅券で日本に入国した


d0010128_129307.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-10-15 01:31 | 犯罪

あれだけ大騒ぎしたのに、逮捕後はこの下衆野朗の報道が無いな。こんな小さな記事で終わらすなクソマスゴミ

d0010128_23412071.jpg


ホテル元従業員に実刑判決 長野、合宿中の大量窃盗

長野県・志賀高原のホテルで、合宿中の中高生らの貴重品などを2度にわたって盗んだとして、窃盗などの罪に問われたホテルの元従業員高山憲一被告(47)に、長野地裁は19日、懲役3年6月(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。
 
稲田康史裁判官は判決理由で「かつて勤務していたホテルの管理態勢を把握し、合鍵を使用して2度にわたって侵入・窃盗を繰り返しており、手口が背信的で悪質。結果も重い」と指摘した。
 
高山被告は3月に同県中野市のパチンコ店で客の財布を盗んだ疑いで逮捕され、山ノ内町の自宅の家宅捜索で女子高生の財布数点と、同ホテルのフロントの鍵が見つかった。


d0010128_2343222.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-07-19 23:46 | 犯罪

恨むなら不法滞在の親を恨め。何の慈悲もない。さっさと日本から退去されたし

強制退去処分 取り消し求めたタイ人高校生と母が敗訴

日本で生まれ、甲府市の高校に通っているタイ人の男子生徒が、母親とともに受けた強制退去処分の取り消しを求めた裁判で、東京地方裁判所は、暮らしたことのないタイに送還されると生活が困難になると認めた一方、「日本で養育できる人がいない」として、訴えを退ける判決を言い渡しました。

甲府市で母親と暮らしている高校2年生のウォン・ウティナンさん(16)は、母親が不法滞在だったため在留資格がなく、3年前に東京入国管理局に出頭して日本で暮らすための在留特別許可を求めましたが認められず、2人とも強制退去の処分を受けました。日本で生まれ育ったウティナンさんはタイ語の読み書きができず、タイで暮らすのは難しいとして、母親とともに処分の取り消しを求める訴えを起こしました。

30日の判決で東京地方裁判所の岩井伸晃裁判長は、母親については「タイに戻っても生活に特段の支障はない」と指摘しました。一方、ウティナンさんについては、暮らしたことのないタイでは生活が困難になると認めましたが、「退去させられる母親の代わりに日本で養育できる人がいない」として、いずれも訴えを退けました。

ウティナンさんは「日本は母国でタイに居場所はありません。支えてくれる人や友だちがたくさんいる日本にいさせてください」と訴え、控訴する考えを示しました。



d0010128_2259817.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-06-30 23:02 | 犯罪

電話一本で一億を差し出すとは凄いな。それに自宅に一億を置いておいたのもこれまた凄いな



オレオレ詐欺 75歳の女性が1億円被害

東京・練馬区の75歳の女性が、息子を装ったオレオレ詐欺のうその電話を信じて現金合わせて1億円をだまし取られ、警視庁は、詐欺事件として捜査しています。

警視庁によりますと、今月9日、東京・練馬区の75歳の女性の自宅に息子を装った男から「会社の監査があり、お金が2000万円合わない。なんとかしてほしい」とうその電話がありました。女性は電話を信じ、指定された豊島区内の駅の近くの路上で息子の同僚だと名乗る男に現金2000万円をショルダーバッグに入れて渡したということです。

さらに同じ日に、息子を装った男から「あと8000万円を貸してほしい」と電話があり、女性はさらに同僚だと名乗る男に現金8000万円を渡し、合わせて1億円をだまし取られました。

その日のうちに、女性が息子に電話をかけて現金を受け取ったか確認したところ、だまされたことに気づいたということです。



d0010128_21541019.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-12-22 21:50 | 犯罪

仮放免ではなく即時国外退去。恨むなら親を恨め。不法滞在は犯罪である

d0010128_20144128.jpg



「故郷は日本。日本しか知らない」 山梨生まれのタイ人少年 退去処分の撤回求め提訴


母親は不法滞在のタイ人(43)で、日本で生まれ育った甲府市の高校1年ウォン・ウティナン君(15)が、法務省入国管理局の退去強制処分撤回を求める訴訟を東京地裁に起こした。「自分の故郷は日本。普通に生活し、勉強したい」と訴えるウティナン君は、23日に開かれる第1回口頭弁論に臨む。
 
ウティナン君の母親が来日したのは1995年9月。タイ人ブローカーに「日本で飲食店の仕事を紹介する」と言われていたが、実際は違った。日本各地で意に沿わない仕事を強要され、やがて不法滞在となった。

 ブローカーが入管に摘発された後、山梨県に移住。一緒に暮らすようになったタイ人男性との間にウティナン君が生まれた。その後、男性と別れた母親は不法滞在の発覚を恐れ、ウティナン君を連れて山梨県や長野県、愛知県などを転々とした。ウティナン君は幼少期、家の中で隠れるように過ごす日々を送り、小学校に通えなかった。
 
学校に通いたいと思ったウティナン君は11歳のころ、甲府市の在日外国人人権団体「オアシス」に相談。オアシスが教育委員会と交渉し、2013年4月に甲府市の中学2年に編入した。
 
日本で暮らし続けたいと13年夏に在留特別許可を申請したが、昨年8月に退去強制処分となり、現在は仮放免となったままでの暮らしが続く。
 
ウティナン君は日本から出たことがなく、タイ語の読み書きはできない。オアシスの山崎俊二事務局長は「親が不法滞在でも子は生まれた場所で暮らす権利がある。それを実現させるのが社会の責任。行ったこともない国にいきなり住めと言うのは乱暴で、人道的措置が必要だ」と訴える。
 
訴状でウティナン君らは、法務省が公表したガイドラインでは、人身取引被害や日本への定着性などは在留特別許可を求める外国人に有利な条件になるとして「退去処分がガイドラインに反しているのは明らかだ」と主張している。
 
ウティナン君は「日本で生まれたこと自体が悪いみたいで悔しい。自分は日本しか知らない。日本で勉強を続け、立派な大人になり、まじめに働きたい」と話している。



d0010128_20141635.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-04-23 20:17 | 犯罪

11月5日

<殺人未遂>女性刺され重体 舞鶴事件で無罪の中容疑者逮捕

d0010128_19213193.jpg5日午前8時40分ごろ、大阪市北区兎我野町の雑居ビルで「男が女性を刺した」と男性から110番通報があった。女性(38)は顔、胸など約10カ所を刺されて意識不明の重体という。

駆け付けた大阪府警曽根崎署員が現場にいた大阪市西成区の無職、中勝美容疑者(66)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。「相手が殴ってきたので刺した」と供述しているという。

中容疑者は2008年に京都府舞鶴市で高校1年の女子生徒が殺害された事件で起訴されたが、無罪判決が確定した。

現場はJR大阪駅の東約800メートルの雑居ビルやホテルが建ち並ぶ繁華街の一角。

現場の雑居ビルには複数のホテルが入っている。近くのホテルで働く50代女性は「警察に取り押さえられると、男は興奮した様子で暴れた。刺された女性はビル内の一室で血だらけで倒れていた」と話した。



少年期 
脅迫・恐喝罪で少年院に収監。

1973年(25歳)
滋賀県草津市内で交際相手の女性と、その兄を出刃包丁で刺殺。更に近くの民家で住人を人質に取り篭城。
殺人罪で懲役16年。12年で仮釈放。

1991年(43歳)
京都府舞鶴市内で21歳の女性を強姦目的で暴行。強制わいせつ罪、傷害罪で懲役5年。

2001年(53歳)
京都府舞鶴市、志楽川で18歳の女子高生が刃物で首を数箇所切られ遺体で見つかる。未解決事件。

2008年(60歳)
京都府舞鶴市内で強姦目的に16歳の女子高生を撲殺。殺人罪と死体遺棄罪で逮捕。 殺人罪と強制わいせつ致死罪で起訴。

2008年(60歳)
京都府舞鶴市内で女性下着とさい銭を盗み逮捕。窃盗罪で懲役1年。

2013年(65歳)
大阪市西成区のコンビニでアダルト雑誌を万引き。窃盗罪で懲役1年2月。

2014年(66歳)
大阪市北区の雑居ビルで38歳女性の顔、胸など約10カ所を刺し重症を負わす。殺人未遂容疑で現行犯逮捕。


d0010128_1955491.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2014-11-05 19:23 | 犯罪

9月21日

比の高校生 強制退去処分を取り消し

d0010128_1724353.jpg不法滞在で強制退去を命じられたフィリピン人の両親と高校生の長女が処分の取り消しを求めていた裁判で、東京高等裁判所は長女について、「日本で生まれ育ち、フィリピンに送還された場合、生活習慣への適応などが困難で、大きな損失を被るおそれがある」として、強制退去処分を取り消しました。

この裁判は、不法滞在しているフィリピン人の両親と、日本で生まれた16歳の高校1年生の長女が、東京入国管理局から出された強制退去処分の取り消しを求めているもので、親子は1審が訴えを退けたため控訴していました。
19日の2審の判決で、東京高等裁判所の山田俊雄裁判長は長女について、「日本で生まれ育ち、フィリピンに送還された場合、生活習慣への適応や言語の習得などが困難で、大きな損失を被るおそれがある」と指摘しました。

そのうえで、「特別に在留を許可すべき事情があると認められ、許可をしなかった判断は著しく妥当性を欠き違法だ」として、長女に対する強制退去処分を取り消しました。

一方、両親については「フィリピンに送還することに大きな問題があると認められない」として、訴えを退けました。



d0010128_17243062.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2014-09-21 17:25 | 犯罪

4月6日

アンネの日記損壊:容疑者「防犯カメラの死角で破った」

杉並区内の図書館での損壊で再逮捕へ

東京都内の公立図書館などで「アンネの日記」や関連本が相次いで破られた事件で、器物損壊容疑などで逮捕された東京都小平市の無職の男(36)が警視庁捜査1課の調べに「館内の防犯カメラに映らない場所に移動してやった」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。

男は一連の事件への関与を認めており、同課はこのうち、杉並区内の図書館で関連本を破ったとして4日にも同容疑などで再逮捕する方針。ただ、言動に不自然な点があることから再逮捕後に精神鑑定を実施することも検討する。

男は2月に杉並区立南荻窪図書館でアンネの日記など23冊を破ったとして、3月14日に器物損壊と建造物侵入容疑で逮捕された。その後の調べで、杉並区の別の図書館でも男が書棚から本を取る様子が防犯カメラに映るなどしていたことが判明した。

捜査関係者によると、被害に遭った図書館の防犯カメラを解析したところ、本を実際に破っている姿は確認できなかったが、男は調べに「カメラの位置を確認し、映らない場所に移動して破った」と供述したという。

動機については「インターネットで、アンネの日記はアンネ自身が書いたものではないとするサイトを幾つも見た。自分もアンネが書いていないと判断し、批判するためにやった」などと供述している。アンネの日記の筆者を巡っては、欧州で論争が起きたこともあったが、筆跡鑑定などから現在はアンネ・フランクの作品との結論が出ている。


d0010128_220311.jpg


この事件も全く報道されなくなったな。キチガイだと報道されないのは健常者との差別ではないのか?

しかもチャッカリ防犯カメラの位置まで計算しているんだからキチガイを演じているとしか思えん。それなのに実名報道無しとはどうゆうことなんだか。

大臣が答弁しているんが犯人は無職の日本国籍だそうだな。なんで態々日本国籍を付け加えるんだ?随分意味深な言い回しをしてくれるものだ。

まあこれだけ大きな騒動になったんだ。全てを闇に葬るのは無しにしてくれ。キチガイの本名が特定秘密になる理由はない。包み隠さず全てを発表してもらいたいものである。


[PR]
by tokyoneocity | 2014-04-06 00:16 | 犯罪