カテゴリ:海外ニュース( 6 )

土人の新幹線など、どうなろうが知ったことではない。これからも中国と仲良くやってくれ


中国に騙された! ずさんすぎる高速鉄道計画に大きな後悔ーインドネシア

2016年1月31日、インドネシアの高速鉄道の工事が未だに着工しない。建設許可はクリアされていないものの、21日にはジョコ大統領や中国の国務委員らが出席しての起工式が行われたことから、建設許可の見通しがあり、一両日中に許可が出ると見られていたが、とんだ誤算の起工式になってしまった。

 地元メディアによると、中国から提出されていない必要書類が多く、また一部提出された書類は、中国語だけの記載がほとんどで、インドネシア語や英語ではないため、審査担当者は読むことも出来ず審査が進まない。

許可を出した区間はわずか5Kmだけ。中国は高速鉄道を建設する意欲が、中国の国内問題を背景に下がっており、中止に持ち込みたいのではないかと疑心暗鬼になっている関係者もいる。

 スタート前からこれほどトラブルの連続になるとはインドネシア政府の関係者も思っていなかったようで、期待を裏切られ騙されたのではないかと、後悔する声が強まっている。

 また、現政権の面子を保つために無理を押して起工式に漕ぎ着けた格好だったが、1月中に着工出来なかったことで、インドネシア国内でも不安を口にする見識者が増加。
 
 2019年開業予定で、昨年9月にインドネシア政府が中国に発注を決めたジャカルタ―バンドン間・約140Kmの高速鉄道が当初計画通りに開業する可能性は、限りなく低い。

インドネシア国土交通省は、中国政府に対して「工事期間中にトラブルが生じてもインドネシア政府は一切責任は持てないので、中国政府の保証が必須だ」と伝え、「工事が完成できなかった場合、中国が原状回復の責任を持つ」と契約書に追加してほしいと迫った。

フィリピン・マニラ郊外での鉄道建設(南北通勤鉄道計画)を中国が途中で投げ出し撤退、その後日本のODAで工事を続行することになったことも、影響しているようだ。
 
 当初は、日本の新幹線方式の導入が有力だったが、中国は破格の条件で受注競争に勝利した。
 
 2015年8月にインドネシア政府に提出した中国の提案書には、日本の提案書を元に作成されたと思われる痕跡があった。日本は、ボーリング調査を行なうなどして地質調査や需要の予測などを数年かけてまとめて、途中駅の入ったルート図を含む提案書をインドネシア政府に提出していたが、中国が提出した提案書にも同じデータが入っていた。

またルート上の地点で中国がボーリング調査を行なったことは無く、日本の提案情報が何らしかのルートで中国に流れていたのではないかと見られていた。

 中国の海外での鉄道建設についてのトラブルは、比較的多いと言われており、提出資料の完成度がずさんだったり、金利や建設費用の負担額が当初の予定より増えることもある。なかなか信頼関係を構築するのは難しい。



d0010128_22151924.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-02-01 22:17 | 海外ニュース

都合の良い時だけ日本政府を持ち出すんじゃねえ。9条とか言ってるアホにでも頼んだらいかがかな

d0010128_2012778.jpg

d0010128_2295337.png


フリージャーナリスト安田さん、シリアで「拘束」 国境なき記者団が見解

国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部パリ)は23日までに、シリアの武装勢力がフリージャーナリスト安田純平さん(41)を拘束し、身代金を要求しているとの見解をホームページで明らかにした。「安田さんの今後の安否を強く懸念している。日本政府に救出に尽力するよう求める」としている。

 安田さんは6月下旬、泥沼化するシリア内戦を取材するためトルコ南部ハタイ県からシリア北西部に越境。予定していた7月中旬を過ぎても帰国しなかった。

 安田さんが越境したとみられる地域では反体制派や犯罪組織が入り乱れて活動。越境に協力した関係者は共同通信に対し、安田さんはシリアに入国した日に武装勢力に拘束されたとの情報があると語った。

 政府高官は23日、取材に「日本政府はしっかり対応している」と述べた。拘束されているかどうかの確認も含めて情報収集を強化する考えだ。

 政府関係者は「目に見える動きがあったとは聞いていない」と説明。外務省幹部は「安否について有力な情報があるわけではない」と話した。

 安田さんはイラク戦争後のイラクを取材していた2004年4月、首都バグダッド郊外で地元の自警団に拘束され、3日後に解放された。その後も混乱が続くイラクやシリアに度々入り、現地取材をしていた。

 シリアでは今年1月、過激派組織「イスラム国」(IS)にジャーナリスト後藤健二さんと湯川遥菜さんが殺害される事件が発生した。



1回目:2003年イラク軍に拘束される
2回目:2003年イラク警察に拘束される
3回目:2004年バクダットで武装勢力に拘束される
4回目:2009年MYUに拘束される
5回目:2015年ヌスラ戦線に拘束される←今ここ


d0010128_2043153.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-12-24 20:07 | 海外ニュース

是非一度は行ってみたい親日国パラオ

d0010128_19521187.jpg

d0010128_19522543.jpg

d0010128_19523472.jpg


天皇皇后両陛下、パラオにご到着

太平洋戦争の犠牲者を慰霊するため、天皇皇后両陛下は日本時間8日午後、パラオに到着された。

天皇皇后両陛下は、日本時間8日午後、パラオの国際空港に到着され、4時間半のフライトにもかかわらず、疲れを見せず、笑顔で国際空港をあとにされたという。

そして、天皇皇后両陛下を温かくお迎えするムードが、パラオで非常に高まっている。

日本の国旗とパラオの国旗を両手に持って、天皇皇后両陛下をひと目見ようと、多くの人が並んで待っていた。

日本の統治時代を知る、85歳のニナ・アントニオさんは「日本時代はよかった。建物もよかったし、新聞社や放送局、郵便局、何でもありました。建物は丈夫で、とても立派です」と話した。

統治時代に日本が作った建物は、戦後70年が過ぎた今も使われていた。

日本の統治時代に、役所として建てられた建物は、現在はパラオの最高裁判所として使われている。
戦後、パラオは、アメリカの統治下に置かれたが、その後も日本は、インフラの整備に、さまざまな協力を行ってきた。

2002年、日本政府の支援で造られた全長400メートルを超える橋。

もともと、この場所には、韓国企業が造った橋が架かっていたが、完成19年後の1996年、突然、崩落したという。

元駐日パラオ大使のウエキ・ミノルさんは「もう、びっくりしましたよ。交通がストップして、みんな動かなくなってしまった。壊れて一番最初に、日本にアピールしたら、日本の政府が建て直して」と話した。

ほかにも、空港の新ターミナルやリサイクルセンターなども、日本が建設を支援した。そうした中で実現した、両陛下のご訪問。日本とパラオの絆が、いっそう強くなることが期待されている。

パラオには、野球場や橋など、日本が建てたものが非常に多く残っていて、戦前に建てられたものでも、今も大切に大切に使われている。

地元の人々は、親から子に、「これは日本が建ててくれたものなんだよ」と、語り継いでいるということで、地元の人に話を聞いても、「日本には本当に感謝している」という声が、非常に多く聞かれた。



d0010128_19524737.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-04-09 19:54 | 海外ニュース

10月26日

首相が給与3割カット表明へ

d0010128_22174878.jpg野田佳彦首相は28日の所信表明演説で、自らの給与月額の3割削減を含む政務三役の給与カットを表明する方針を決めた。

閣僚や副大臣は2割、政務官は1割削減する。閣僚らの給与カットは国家公務員給与を平均7・8%削減する臨時特例法案に盛り込まれているが、「身を切る姿勢」をアピールし、復興増税に理解を求める。

現在の首相の給与月額は規定の約243万円から1割の自主返納分を除いた約222万円。削減幅が3割に拡大すれば月額約170万円となる。


だから何だ?自分たちが3割カットすれば増税してもいいのか?南チョンに5兆4000億円差し上げてもいいのか?勘違いするなよ売国奴。

公務員と政治家の人数を削減して給料も減らす。それがお前たちのマニュフェスト。それが出来ないのに増税だけを口にするとは言語道断。

それに「復興増税」などと言う言葉は使うなよ。日本人の良心につけ込むようなネーミングをよくもまあ考えたものだ。増税が復興に使われるだぁ?冗談は顔だけにしろよ。

「日本人を見習いたい」 被災者らが助け合い 略奪も発生せず

d0010128_22282375.jpg多数の死傷者を出したトルコ東部の地震被災地では避難生活を送る人々がお互いに助け合い、落ち着いた行動を呼び掛け合っている。「日本人を見習いたい」。東日本大震災で注目された日本人の忍耐強さ、秩序を守る姿勢が教訓となっている。

多くの建物が倒壊、損壊するなど大きな被害が出たエルジシュ。千人を超す被災者がテント生活を送る競技場では、食料配給を求める人々が整然と列をつくっていた。割り込む人はおらず、妊婦に先を譲る姿も。

物資が不足しているとされる被災地のワンでも商店で略奪などは発生していない。

「昨晩、みんなで震災後の日本人の姿勢を見習わなければいけないと話していたんだ」。25日午後、エルジシュの競技場で、一家7人でテント生活を強いられている被災者の一人、イザット・アカーンさん(46)が打ち明けた。


素晴らしいではないか。こんな状況になっても日本人の秩序を持ち出して自らの戒めとしてくれる。さすが親日国トルコ。さぞかし日本政府は手厚い支援をしてるんだろうな。

トルコに緊急援助=政府

外務省は25日、地震で被害を受けたトルコの要請を受け、国際協力機構(JICA)を通じて3000万円を上限にテントなどの緊急援助物資を送ると発表した。トルコ政府と協議しながら追加支援も検討する。


これはジョークか?反日国に5兆4000億円で困っている親日国にたった3000万とは恐れ入る。

さすが売国政権。まあこんな対応ぐらいしかできんとは予想はしていたが酷すぎるな。

もしこの地震に対する義捐金募集があれば少ないですが協力したいと思います。皆様も是非ご賛同下さい。間違っても日本ユニセフにだけは絶対に募金してはなりませんからお忘れなく。

d0010128_22392863.jpg

d0010128_2239418.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2011-10-26 22:40 | 海外ニュース

10月21日

【カダフィ大佐死亡】 生け捕り後殺害、靴で遺体叩き勝利祝う

カダフィ大佐を生け捕りにした後、殺害した-。リビアの反カダフィ派代表組織「国民評議会」のダゲイリー国防相は20日、記者会見でこう明かした。

国際刑事裁判所から逮捕状も出ている大佐については、政権による人権侵害やデモ弾圧の実態解明のためにも司法の裁きを望む声が強かったが、反カダフィ派兵士らの「憎悪」を押しとどめることはできなかったようだ。

現地での報道や同派部隊兵士らの証言を総合すると、大佐はシルト市内にある、下水道のようなトンネル内に一部の側近とともに潜伏していた。

部隊は20日、銃撃戦で大佐の警護兵を殺害し、血を流しながらも生きた状態で横たわる大佐本人を発見、一部兵士が額や胸部に銃弾を撃ち込んだ。大佐は、金製の拳銃を所持していたという。

部隊は身柄を救急車に運び込み蘇生を試みたものの、大佐は死亡。兵士らは、イスラム世界では最大級の侮辱を表す靴底で大佐の遺体をたたくなどして勝利を祝った。

トンネルには、「ネズミのカダフィの場所」と落書きされ、遺体は空路、部隊の拠点の北西部ミスラタに運ばれた。


d0010128_213215100.jpg


このカダフィ大佐は何故世界中の独裁者と同じ運命を辿ったのだ?アメリカのエゴか?石油のためか?どうせなら北の独裁者も何とかしてくれよ。

今の日本を立て直すにはこれぐらいの独裁者が必要だ。だがコロコロ毎年代わる売国奴の首相が続く日本では考えられんがな。

フセイン、オサマ・ビンラディン、そしてこのカダフィ。殺害全てに関わっているアメリカを非難する国は無いのか?何かあると直ぐ人権を口にする日本はどうしたんだ?

日本の平和ほど欺瞞に満ちたものは無い。何が憲法9条だ笑わせるな。

日本人が拉致されても何も出来ず手を拱いている間抜けな日本。少しはアメリカの残虐さを見習えよ。話し合いなどと言う武器が通用するほど世界は甘くないぞ。

d0010128_21544984.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2011-10-21 21:56 | 海外ニュース

1月30日

エジプト死者150人に…略奪横行・無法状態化

反体制デモが続くエジプトのムバラク大統領は29日、軍出身のオマル・スレイマン情報庁長官(74)を副大統領に指名した。

1981年の大統領就任以来、副大統領を置くのは初めてで、事実上の後継指名とみられる。首相には、同じく軍出身のアフマド・シャフィク前民間航空相(69)を指名。両氏は同日、就任した。この人事で国民の反発をかわす狙いとみられるが、国内各地では30日もデモが続き、ムバラク退陣を求める声は根強く、事態が収束に向かうかどうかは不透明だ。

中東の衛星テレビ「アル・ジャジーラ」は30日、医療団体の情報として、デモ隊と警官隊との衝突などによる死者が全土で同日までに150人に上り、負傷者は4000人を超えたと伝えた。

主要都市では、29日ごろから警察官の姿が消え、治安悪化に拍車をかけている。

首都カイロでは、若者の一部が暴徒化し、商店などに押し入って、家電製品や家具などを持ち出した。住民や商店主の一部は拳銃やこん棒を手に「自警団」を結成して警戒に当たっている。

また、AP通信によると、国内の少なくとも四つの刑務所から30日、計数千人の囚人が脱走したという。


d0010128_21465696.jpg

エジプトの内政状況がどういったものか知らないので何とも言えんが、少なくとも現政権を倒閣するために市民が立ち上がったのは事実だ。

このエネルギーがあるのが羨ましい。国を良くする為に国民が立ち上がるエネルギーがあればこそ、また新たな第一歩が踏み出せる。悲しいかなそのエネルギーがこの日本には存在しない。国が売られようが無関心のまま。これじゃあ衰退するだけだ。

そんな日本人は世界中が平和だと勘違いし、平和ボケしたまま海外に行く。その結果がどうなるかは火を見るよりも明らかだ。

観光庁によりますと、エジプト国内には、日本時間の29日午後8時現在で旅行会社10社の日本人の団体旅行客あわせて2050人が いたということです。

途中で旅行を取りやめたいという要望が相次いでいることから、旅行各社は航空機の便を振り替えるなど対応に追われていますが、便が取れない一部の旅行者が空港で待機しているということです。

このうちJTBでは、日本時間の29日の夜、パッケージツアーに参加した日本人の旅行客がおよそ730人いたため、エジプト国内での旅行をすべて中止して全員帰国させるよう、航空機の便の手配などを進めているということです。

また日本旅行では、58人の日本人旅行客全員の安全を確認しており、予定されていた現地ツアーをすべて取りやめ、帰国の準備をしていますが、空港が混乱しているため、帰国がいつになるか調整がついていないということです。


こんな状況になるまで現地にいたとはな。だが良いではないか。エジプトが変わる歴史の1ページを目の当たりにすることが出来たのだから。羨ましいよ。

それに1997年には、日本人観光客10人を含む61人が無差別に殺害された事件があった。エジプトはピラミッドだけではない。テロリストもいることを忘れるな。
d0010128_22111023.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2011-01-30 22:12 | 海外ニュース