カテゴリ:地震( 35 )

誰だって働いて家賃を払っている。事情は察するが、これ以上甘えるなら非難されても仕方が無い

d0010128_0482122.jpg


自主避難者「家を奪わないで」 「住宅無償提供」打ち切り

東京電力福島第一原発事故で、福島県は三十一日、避難指示区域外から全国に避難する「自主避難者」への住宅無償提供を打ち切った。支援団体「避難の協同センター」事務局長の瀬戸大作さん(54)は「家賃支払いが大変で、生活困窮に入った避難者は多い」と指摘。東京都内や福島市内では、打ち切りに抗議する動きが相次いだ。 
 
福島県は事故後、建設した仮設住宅や全国の公営・民間住宅を無償提供してきた。しかし、食品の安全性確保や除染が進んだなどとして、避難指示区域外からの自主避難者については、今年三月末で無償提供を打ち切ることを二〇一五年に決定。国も同意した。
 
県によると、打ち切り対象は昨年十月末現在で一万五百二十四世帯、二万六千六百一人。首都圏一都六県では二千百八十七世帯。
 
この日、国会前の抗議集会には約百三十人が参加し、「被害者を切り捨てるな」などとシュプレヒコールを上げた。福島県庁には約十人が訪れ無償提供の継続を求める文書を提出。また東京都庁では、避難者団体「ひなん生活をまもる会」代表の鴨下祐也さん(48)らが、長期無償提供などを求める署名を提出。総計で約八万七千人分に達した。
 
「妊娠中だった妻と五歳の長男と自主避難した。あれから六年がたちます」。曇り空の下に冷たい風が吹いた国会前。福島県郡山市から静岡県富士宮市に家族四人で避難する介護施設経営の長谷川克己さん(50)が声を張り上げた。
 
四月には長男(11)が小学六年生に、避難時に母のおなかの中にいた長女(5つ)は年長になる。住宅打ち切りで、毎月約六万五千円の家賃がのしかかる。
 
「六年前、たくさんの親が悩みながら行動を取ったことは尊重されるべきだ」。長谷川さんは福島の親の思いを代弁した。「私たちの避難行動は誰からも非難されることではない。私たちには生きる権利があります」
 
打ち切り後の受け皿として、対象世帯が優先的に入居できる公営住宅は、一月現在で東京都営が三百戸、神奈川県営が七十戸、埼玉県営が百五十六戸あるが、いずれも家賃が発生する上、収入や世帯などの要件も課される。福島県は民間賃貸住宅に避難を続ける世帯について、所得が一定以下なら一九年三月まで家賃の一部を補助する。


d0010128_0513559.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2017-04-09 00:52 | 地震

この状態で津波が来たらアウト。東日本大震災で多くの犠牲者が出た理由を忘れてはいけない

d0010128_2321315.jpg



津波のとき、車避難はダメなのか? 東日本大震災の教訓から学ぶ現実的な対策

11月22日早朝に発生した、福島県沖を震源とする地震。福島県、宮城県で津波警報が出され、住民らは避難に追われた。その様子を撮影した1枚の写真が波紋を広げている。

読売新聞が福島県いわき市内で撮影されたものをツイッター上にアップした。避難する住民の車で道路が渋滞していることがわかる。これに対して、ネット上では「教訓が生かされていない」「車社会の地域の課題」などと声が上がった。

車で避難する様子は、住民らもツイッターなどに次々とアップした。

そもそも車での避難をめぐっては、東日本大震災のときから議論が積み上がっている。東京大大学院で災害研究を進めている関谷直也・特任准教授(社会心理学)は、2012年の論文で検証している。

車での避難禁止を呼びかけるだけで、問題は解決するのか。国土交通省の調査などでも、車での避難を選択した人は、決して少数ではない。そもそも、車で避難をした人たちは安全意識が低いわけではなかった。

車避難を選択した理由は「車でないと間に合わないと思った」「家族で避難しようと思った」などが上位となり、「家族に避難困難者がいた」と答えた人も決して低くない割合で存在した。

「もちろん徒歩で避難できる場所にいて、間に合うならならば徒歩で移動すればよいのだが、渋滞した場合にすぐそこから離れることを前提とすれば、車での避難を容認せざるを得ない」

都市部ならいざしらず、車がないと生活が成り立たない地方で、一概に車での避難はダメだと批判するだけでは、問題は解決しないということだ。

何を学ぶべきなのか?
関谷さんは、宮城県を拠点にする地方紙・河北新報のインタビュー「車での避難 こう考える」でもこのように語る。

「車避難は掛け声だけでは抑制できない。災害時に『渋滞しない地域』では車を使っても構わないが、日ごろから車が混雑する『渋滞リスクが高い地域』は、要援護者を乗せた車も間違いなく渋滞につかまる」

「問題解決の鍵は、車避難の抑制ではなく、渋滞が起きても避難できるよう、地域のリスクを減らすことにある」

車避難に一定のリスクがあるのは事実だが、車による避難で助かった事例もある。東日本大震災の取材をしていたとき、園児を避難させたときなど、車に乗せてみんなで避難しないと間に合わなかったという声を聞いた。

こうした現実を踏まえた、関谷さんの提言は重要だ。

渋滞が発生することを前提にする。その上で、渋滞が発生しやすい場所がどこにあるのか。あらかじめ住民に示す。そして、津波が迫ってきたら、車を乗り捨てて逃げる。その際は、躊躇なく乗り捨てられるような対策が必要だという。

「津波が迫る中で渋滞に直面すると、運転手は車で逃げるべきか、車を捨てて高台に上るべきか判断がつかない。後続車両に迷惑を掛けることへの気兼ねもある。ちゅうちょなく車を乗り捨てられる路側帯やモータープールを設け、津波避難場所までの誘導サインを掲げることが大事だ」

いわき市在住のライター、小松理虔さんはツイッターで今回の教訓をまとめている。

「小名浜地区でも『高台に避難しろ』と言われても、みんな車で避難するから特定の場所に殺到するし、高台ってだいたい登るための道路が2本くらいしかないので、二車線がすぐ埋まって渋滞してしまう。しかしこの地方で『車で避難するな』とは言えない。どう避難するか、世帯別で把握しておかないとな」

人々の気持ち頼みではなく、地域や世帯ごとの現実を踏まえた対策をどう取るか。この次の災害を減らすために、問題設定を間違えてはいけない。


d0010128_233686.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-11-22 23:05 | 地震

日本政府は大局的に物事を見ている。現場の気持ちより生きる術の方が大事。それが分からんバカは知事失格

熊本地震

知事「現場分かってない」…「屋内避難」に反発

d0010128_18542946.jpg政府が熊本地震を受けて15日に「全避難者の屋内避難」の方針を打ち出したことに対し、熊本県の蒲島郁夫知事が「現場の気持ちが分かっていない」と反発した。熊本県庁であった松本文明副内閣相との会談で述べた。

地震が発生した14日夜に益城町や熊本市の中心部で屋外避難をする人が目立ったことを受け、政府は屋内に避難させるよう自治体に求める方針を決めた。

 松本副内閣相によると、「河野(太郎)防災担当相に『今日中に青空避難所というのは解消してくれ』と強く言われて参った」と力説したところ、知事は「避難所が足りなくてみなさんがあそこに出たわけではない。余震が怖くて部屋の中にいられないから出たんだ。現場の気持ちが分かっていない」と不快感を示したという。


d0010128_18592611.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-04-16 19:02 | 地震

こんな状況でもアホはアホな事しか言えない。まあ日本が嫌いでしょうがないから仕方が無いか

d0010128_9384228.jpg

d0010128_939295.jpg

d0010128_9392467.jpg

d0010128_9393536.jpg

d0010128_9394884.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-04-16 09:42 | 地震

日本は地震大国。どれぐらいの被害が出ているか分からないが、日本政府の早急な対応を望む


【緊急地震速報】熊本県熊本地方で震度7の地震です!!M6.4 この地震による津波の心配はないようです。現地の方は落ち着いて行動してください。

d0010128_2136065.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-04-14 21:38 | 地震

8月10日

東日本大震災:津波死亡、幼稚園を提訴 4園児遺族「安全配慮怠った」--仙台地裁

東日本大震災の大津波で送迎バスに乗っていた幼稚園児5人が死亡したのは園側が安全配慮を怠ったためだとして、園児4人(当時5~6歳)の遺族が10日、宮城県石巻市の日和幼稚園を相手に計2億6680万円の損害賠償を求め、仙台地裁に提訴した。

訴状によると、高台にある日和幼稚園は3月11日の地震発生から約15分たった午後3時ごろ、園児を2台の送迎バスに乗せ発車させた。そのうち1台が沿岸部に向かったところで津波で横転。付近で発生した火災に巻き込まれ、園児5人が死亡した。もう1台は幼稚園に引き返し無事だった。

遺族側は「大津波警報が発表されていたのに園に待機せず、園児らの安全を考慮しなかった。地震発生後の情報収集もしなかった」と園の対応に問題があったと訴えている。園側からは事故について、納得できる説明や謝罪がないという。

津波で犠牲になった西城春音ちゃん(6)の父靖之さん(42)は10日、仙台市内で会見し「裁判で真実を明らかにしてほしい。真実を知り得ない限り再発防止はあり得ない」と話した。


d0010128_20505470.jpg


何考えてんだか。復興もままならないのにこんな裁判を起こす奴の気が知れない。

納得できる説明、謝罪、真実?どんな説明をしたって納得はしないだろ。その矛先を幼稚園に向けてどうする。幼稚園の先生も犠牲になっているのにな。

今回の震災ではそこにいた全ての人が被害者だ。訴えるなら地球でも相手に訴えろ。だがこの手の裁判はこれだけではない。

津波で25人死亡の自動車学校、遺族が提訴へ

d0010128_2132738.jpg宮城県山元町の常磐山元自動車学校が東日本大震災の津波に襲われ、送迎用マイクロバスなどに分乗して帰宅しようとしていた18~19歳の教習生25人が死亡した。

25人の遺族は「学校が迅速に避難させていれば犠牲者は出なかった」として、同校側を相手取り、総額約17億円の損害賠償を求めて9月に仙台地裁に提訴する方針を固めた。


誰かを加害者にして金をふんだくらなければ気が済まないのか?

今回の津波は想像をはるかに超えた天災だ。それを回避できるのであれば死者・行方不明者が2万人を超えたりはしない。

これからも同じような裁判が頻発しそうだな。悲しくなるのは私だけか?全ての日本人は一日も早い復興を願っている。それを邪魔してほしくはないものだ。
[PR]
by tokyoneocity | 2011-08-10 21:35 | 地震

7月3日

15・5mの防潮堤が大津波はね返した

東日本大震災で被災した岩手県沿岸で津波での“死亡者ゼロ”を実現した村があった。

人口約3000人の普代村。

d0010128_22384558.jpg村長を10期40年務めた故和村幸得(わむら・こうとく)氏が、「そのうち来るだろう津波から村民を守る」という信念で、昭和時代に高さ15・5メートルの防潮堤2基を建設していた。

結果、今年3月11日に震災から発生した大津波をはね返し、住宅地への浸水は全くなかった。現在、和村氏の墓前には花が飾られ、生家は観光スポットになりつつある。

普代村の黒埼地区に黒く磨かれた墓石がある。「和村家」と刻印され、真新しい菊の花がきれいに飾られている。1947年(昭22)から87年までの40年間、同村の村長だった和村幸得氏が永眠している墓だ。

この墓地から歩いて約3分の場所には、和村氏の生家が建っていた。

近所の主婦は「最近は、ここにも、見たごどのねぇ方々がいらっしゃる。あの世に行っても、人さ呼ぶ偉大な村長さんだぁ」と話し、生家の前で頭をペコリと下げた。和村氏が亡くなって13年8カ月、津波による死亡者を出さなかった村の英雄として、墓と生家は今、観光スポットになろうとしている。

村には太田名部(おおたなべ)防潮堤と普代水門の2つの防潮堤がある。太田名部防潮堤は、総工費5837万円で67年に完成。普代漁港の前にあり、同防潮堤の内側には一般住宅が軒を連ねる。

82年に35億6000万円で完成した普代水門は、水門のゲートが遠隔操作できる。近くに小学校がある。

着工前はどちらも、当時の地権者から「なんで15・5メートルの高さが必要なんだ」「津波なんか本当に来るのか」と非難の集中砲火を浴びたという。それでも和村氏はひるまずに強制執行をかけるなどし、ほぼ独断で防潮堤建設を推し進めた。

1896年の明治三陸地震で発生した津波で、普代村は1010人の死者・行方不明者を出した。そのときの波の高さは15・1メートルとの記録があったからだ。

「必ず同じ規模の津波は来る。それには高さ15・5メートルは絶対に譲れん」と言い切ったという。最終的には、県を動かし、村が総工費の約1割を負担する公共事業となった。結果、今年3月11日の津波で村内の1120世帯は1軒も浸水せず、村民から死者は出なかった。

太田名部防潮堤前の漁港には、船を停泊させる堤防が防潮堤と平行に5基並び、さらに沖には消波ブロックも埋め込まれ、防潮堤に到達した津波の勢力を抑えていた。

地震の影響で停電となり、普代水門のゲートは手動に切り替わった。津波到達までに水門は完全に閉まらず、水門を越えた。

しかし、1933年の昭和三陸地震以後に植樹した防潮林の松ががれきを含んだ津波を止めた。巨大防潮堤だけに頼って津波を防いだのではなかった。

今月8日には東京都議11人の視察団が、防災への取り組みを学ぶために同村を訪れるという。

村役場には、このほかに非公式ではあるが視察要請も届いている。住民課では「将来的には歴史的構造物として県に申請することになるかもしらん」と話す。和村氏への墓参も含め、三陸の新たな史跡になるかもしれない。




なんとも素晴らしい話だね。久々に感動したよ。当時の苦労は相当なものだっただろうが、それが今の村民をすべて救ったんだからこれ以上の置き土産は無い。

これから東北の各地にこれと同じような堤防が出来ることでしょう。そして二度とこんな惨劇が起きないことを祈ります。

それにしても動画の後半に出てくる教授やコメンテーターの低脳無能の下劣な発言は怒りを通り越して呆れ果ててしまう。こんなのがよくもまあテレビに出れたものだ。

これだからマスゴミは信用ならんのだ。恥を知れ!
[PR]
by tokyoneocity | 2011-07-03 22:48 | 地震

6月13日

避難より議論だった40分…犠牲者多数の大川小

東日本大震災で全校児童の約7割にあたる74人が死亡・行方不明になった宮城県石巻市立大川小学校で、地震発生から児童らが津波にのまれるまでの詳細な状況が13日、市教委や助かった児童の保護者らへの取材で明らかになった。

学校側が、具体的な避難場所を決めていなかったことや、教諭らの危機意識の薄さから避難が遅れ、さらに避難先の判断も誤るなど、様々な〈ミスの連鎖〉が悲劇を招いた。

市教委の調査などによると、3月11日午後2時46分の地震発生時は、児童は下校中か、「帰りの会」の途中だった。校舎内の児童は教師の指示で校庭に集合し、学年ごとに整列した。下校中の児童もほとんどが学校に戻った。

午後3時頃、点呼を終えると、教頭と数人の教諭が桜の木の下で、「山へ逃げるか」「この揺れでは木が倒れるので駄目だ」などと話し合っていた。学校の津波の際の避難マニュアルは避難場所について「高台」としていただけで、具体的な場所を記していなかった。

ただ、津波被害を受けた周辺の5小中学校のうち、1校には避難マニュアルがなく、作成していた4校のうち1校は避難場所を「校庭」としていた。

一方、防災無線からは大津波警報が鳴り、避難を呼びかける声が響いていた。余震が続き、泣き出したり、嘔吐(おうと)したりする子もいた。

保護者らが相次いで児童を迎えに訪れ、教諭は対応にも追われた。「ここって海岸沿いなの」と不安がる女子児童や、「死んでたまるか」と口にする男子児童もいて、騒然とした雰囲気になった。

当時6年生の女児を連れ帰った母親(44)によると、母親が担任に「大津波が来る」と慌てて伝えた際、担任は「お母さん、落ち着いてください」と話した。しかし、すぐに避難する様子はなく、「危機感がないようだった」という。

暖を取るため、たき火をしようとした教諭もいたとの証言もあったが、市教委は確認できなかったとしている。

市教委の調査では、その後、市の広報車から「津波が松林を越えてきた。高台に避難してください」と呼びかける声が聞こえた。教諭と、この時も、集まった地域住民の間で「山へ逃げた方がいい」「山は崩れないのか」などのやり取りがあった。

結局、約200メートル先の北上川堤防付近にあり、堤防とほぼ同じ高さ6~7メートルの高台に避難することになった。

避難を始めたのは地震から約40分後の午後3時25分頃。約10分後の午後3時37分頃、6年生を先頭に、学校の裏手から北上川沿いの県道に出ようとしたところで波が襲い、高台ものまれた。


d0010128_22563675.jpg
d0010128_22564681.jpg

大きな川のすぐ隣に位置しているのに、水に対する防災対策が全く出来ていなかったのは緩慢以外の何者でもない。

避難マニュアルもなかったり、避難場所が校庭だったとは驚きだ。

目の前に高い山があるのに何故ここに逃げなかったんだ?教師の危機管理の無さと致命的な判断ミスで多くの命が失われたことに間違いはない。

今後教師への危機管理を徹底し、二度と同じことを繰り返してはならない。そして天災の後の人災で命を落とすこは絶対にあってはならない。





[PR]
by tokyoneocity | 2011-06-13 23:27 | 地震

6月11日

東北地方太平洋沖地震から3ヶ月。いまだ行方不明者が八千人を越えている。

現地の復興は何も手付かず。日本のトップがバ韓直人では何も進まない。

瓦礫の撤去はだいぶ進んでいるみたいだが、本格的な復興はまだ遠い道のりである。

d0010128_2275347.jpg
d0010128_228261.jpg
d0010128_2281349.jpg
d0010128_2282594.jpg
d0010128_2284696.jpg
d0010128_2285467.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2011-06-11 22:09 | 地震

5月20日

東電、原発事故の責任取り清水社長が辞任へ

d0010128_22354845.jpg「東京電力」は、20日に発表する今年3月までの一年間の決算で、最終損益が1兆2000億円の赤字と、創業以来最大の赤字に転落する見通し。清水正孝社長は福島第一原子力発電所事故の責任を取って辞任するが、勝俣恒久会長は事故の収束まで当面、会長職を続ける見通し。

 東京電力は、福島第一原発の原子炉4基を廃炉とするのに約6000億円計上する他、火力発電所の復旧などで特別損失を計上する方針。

このため、税金などを引いた最終損益は1兆2000億円の大幅な赤字に転落する見通し。また、今年度も賠償金を捻出するために財務状況が悪化することから、リストラ策を打ち出す。


無報酬であと数年土下座回りでもしたらどうだ。社長になって3年。その間の報酬だけでも2億以上貰ってるだろ。辞めて逃げようとはどこまでも姑息な奴だ。

まさかとは思うが、退職金なんてものが出るんじゃないだろうな?だがこいつ以上に金の亡者がいたことを私は知らなかった。



東京電力:顧問全廃、保養所も売却 きょう、追加リストラ策

d0010128_2243518.jpg東京電力は19日、役員経験者や外部有識者らを登用する「顧問制度」を廃止する方針を固めた。

顧問は現在、南直哉・元社長ら21人おり、一定額の報酬を提供していると見られるが、実務にほとんど関与していないため、制度自体の廃止で経営合理化を進める姿勢を示す。

現在、顧問のうち17人は役員OBで、4人が外部からの登用。

4月には、役員就任含みで顧問に就いていた資源エネルギー庁長官経験者が「天下り」批判を受けて退社した。


働きもしないで金を貰っていた奴が17人もいるのか。

実名を公表し誰がいくら貰っていたのか全て公にしろよ。

やばくなったから逃げ出して、それですむと思うなよ。こうゆうずる賢い金の亡者こそ世間の非難を浴びるべき。マスゴミが何故報道しないのか不思議でならない。



福島原発事故は「神の仕業」=東電の責任否定-与謝野経財相

d0010128_22504060.jpg与謝野馨経済財政担当相は20日の閣議後会見で、東京電力福島第1原発事故は「神様の仕業としか説明できない」と述べた。

同原発の津波対策に関しても「人間としては最高の知恵を働かせたと思っている」と語り、東電に事故の賠償責任を負わせるのは不当だとの考えを重ねて強調した。
 
今回の原発事故をめぐっては、安全対策の不備や人災だとの指摘が国内外から出ている。「最高の人知」や「神による異常な自然現象」という論理で東電を徹底擁護する主張には、「原発は安全」と説明されてきた地元住民らからも批判が出そうだ。


いい加減その臭そうな口を噤んだらどうだ。神による異常な自然現象とは聞き捨てならん。なら一つ聞くが、貴様の言う神とは一体なんだ?

こんな奴がこんな状況の中で消費税を上げようと虎視眈々と狙っていやがる。

貴様の思い通りになると思うなよ。消えろ老害ジジイ!


メルトダウンが明らかになった1号機をめぐる新たな事実です。震災が発生した翌日の3月12日の夜、東京電力が海水注入を開始したにもかかわらず、総理官邸の指示により、およそ1時間にわたって注入を中断させられていたことがJNNの取材で明らかになりました。

1号機の原子炉への海水注入は当初、3月12日の午後8時20分から始まったとされていましたが、実は1時間以上早い午後7時4分に開始されていたことが、今月16日に東電が公開した資料に明記されています。

真水が底をついたため東電が海水注入に踏み切ったものですが、政府関係者らの話によりますと、東電が海水注入の開始を総理官邸に報告したところ、官邸側は「事前の相談がなかった」と東電の対応を批判。その上で、海水注入を直ちに中止するよう東電に指示し、その結果、午後7時25分、海水注入が中止されました。

そして、その40分後の午後8時5分に官邸側から海水注入を再開するよう再度連絡があり、午後8時20分に注入が再開されたということです。

1号機については、燃料がほぼすべて溶け落ちる「完全メルトダウン」という最も深刻な状況であることが明らかになっています。事故の初期段階で、官邸側の指示により55分間にわたって水の注入が中断されたわけですが、専門家は「あの段階では核燃料を冷やし続けるべきで、海水注入を中断すべきではなかった」と指摘します。


d0010128_225874.jpg
d0010128_22581669.jpg
d0010128_2258244.jpg
d0010128_22583533.jpg


これこそ人災。初動のミスにより状況がここまで悪化してしまったわけだ。

どう責任を取るのだバ韓直人。これが貴様の言う政治主導の成れの果てだ。もうこれ以上言葉が出ない。何を考えていやがるんだか。

まさかアホの鳩山を超える人物が出て来てしまったのか?この国はもう本当にダメなのかもしれない。誰かこいつをどうにかしてくれ。

d0010128_2385016.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2011-05-20 23:09 | 地震