カテゴリ:天下り( 4 )

3月22日

国から運営費580億円 小保方さん“疑惑”国会招致も
 
下村博文文科相(59)は20日、「特定国立研究開発法人」の候補になっている理化学研究所に対し「STAP細胞の論文をめぐる問題で、理化学研究所に監督責任があったのか、なかったのかが明らかにならないと法案の閣議決定に影響する」と徹底調査を求めた。同法人の関連法案は4月中旬に閣議決定予定だ。

国が理研に出している運営費交付金は約580億円。巨額なだけに政治家たちも調査の行方を注目している。文部科学委員会に所属する与党議員は「理研の中間発表では物足りない。“理研の人間に委員会に来てもらおう”という話も出てくるだろう。私も聞きたい。特に小保方晴子さんだ。呼ぶことを提案することも考えている」と明かす。

交付金だけでなく、新法人指定の問題もある。直接、国会に来てもらって話を聞かないと、国会議員として賛成できないというのだ。「ただ彼女も消耗しているだろう」(与党議員)。小保方氏が難しくとも、野依良治理事長(75)や、共著者で上司の理研発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長(52)という選択肢もある。

理研に不信感を抱いているのは首相官邸も同じだ。官邸はアベノミクスの第3の矢で「女性の積極的登用と再生医療の促進」をうたっている。小保方氏らの論文発表はうってつけだった。

2月、官邸は小保方氏に総合科学技術会議への出席を要請。安倍晋三首相(59)の意向だった。

「マスコミにリークしたはいいけど、小保方氏は出席をしませんでした。ちょうどSTAP細胞の論文の不備が表に出るか出ないかのころで、欠席の理由はそれでしょう。今となっては官邸に来なくて、お互いによかったというところではありますが…」(政府関係者)

アベノミクスの象徴になってもらおうという下心があったとはいえ、赤っ恥寸前。官邸も理研には疑心暗鬼になっている。法人指定は風前のともしびだ。


d0010128_20373179.jpg


580億・・・嘘・捏造・コピー&ペースト。そんな事の繰り返しにこんな巨額な日本国民の血税が注ぎ込まれているのか。信じられん・・・

この間の耳の聞こえないフリをしていた嘘つきは勝手にやってもらって結構だが、こちらは血税が入っているんだからキチンとした説明しろよ。当たり前だ。

それにこいつの研究室は580億円の内、いくら注ぎ込まれているんだ?

このネーちゃんも、とことん隠れていればほとぼりが冷めるとでも思っているのか?そんな事は日本人として許せん。出てこれるように国会に呼んで差し上げてもらいたいものだ。

580億。それだけのお金を使ってどれだけの成果があるのだ?あるのは天下りと理研職員の優雅な生活だけだ。ここを潰さずして、消費税の増税は絶対に許されない。

d0010128_20445781.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2014-03-22 20:33 | 天下り

3月18日

小保方氏の割烹着は演出だったのか 理研「そのような事実はない」と否定

STAP細胞論文問題で、理研がユニットリーダーの小保方晴子氏(30)に責任を押し付けているとの批判が識者らから相次いでいる。むしろ理研が小保方氏を利用したとの報道まで出ているからだ。

「未熟な研究者」「論文の体をなしていない」「常道を逸している」…。理化学研究所が2014年3月14日に行った中間報告の会見では、理研幹部から小保方氏を批判するフレーズが相次いだ。

「小保方さんに罪をなすりつけている」

理研によると、小保方氏は、画像の切り貼りについて、「やってはいけないことという認識がなかった。すみません」と釈明したり、流用が指摘された画像について、「どこから取ってきたか覚えてない」ととぼけたりした。

確かに、こうした認識は、研究者として信じられないとの指摘がネット上などでも多い。しかし、論文は、発生・再生科学総合センターの副センター長らも執筆などに関わっており、なぜ問題が見過ごされてしまったのかという疑問は消えない。

さらに、問題を握りつぶそうという動きさえあった疑いも報じられた。NHKは3月13日、小保方氏が早大の博士論文から細胞画像を流用したとされる問題について、副センター長が1か月前には把握していたものの、理研の調査委には「単なる画像の取り違い」とだけ説明していたと指摘したのだ。

ところが、会見では、不正があったかはまだ調査中だとして、理研幹部による自己批判などの言葉はほとんど出てこなかった。

会見内容について、東大医科学研究所の上昌広特任教授は、ツイッターなどで「小保方さんに罪をなすりつけているように見える」とコメントし、副センター長らも出てきて説明すべきだと指摘する。

都合の悪い発言を恐れて会見させない?

論文について理研側は精査もせず、むしろ、小保方晴子氏をうまく利用しようとしたといった報道も出ている。

中日新聞は、前出の副センター長が広報チームとともに、小保方氏をスターにしようと演出したとも指摘した。論文発表会見の1か月前に、割烹着のアイデアをひねり出し、実験室にピンクや黄色の壁紙を張ったというのだ。

コラムニストの近藤駿介さんは、報道などを元に、「小保方氏が『未熟』ではない大人の研究者たちによって、彼女自身が『演出』の重要なピースとして利用された可能性がある」と自らのブログで指摘した。理研が小保方氏をなかなか会見させないのは、都合の悪い発言をされることを恐れているからではないかとも書いている。

理研の広報室では、NHKの報道内容については、「調査に関係することですので、現在はコメントできません」と取材に答えた。一方、割烹着などを演出したかについては、「そのような事実はありません」と全面的に否定した。小保方氏を意図的に出さないようにしているかについても、「そのようなことは把握していません」とコメントしている。


d0010128_1844945.jpg


このネーちゃんを最初見た時から胡散臭さを感じていた。まあマスゴミが勝手に大騒ぎするのは結構だが、このネーちゃんではなく、理化学研究所がどうゆう所なのかを暴けよ。

理化学研究所は税金で成り立っている独立行政法人。なら天下りを真っ先に疑えよ。

ここが税金で何をしているのかきちんと調べて報道してみろ。このネーちゃんの研究室を見た時、だれもおかしいと感じなかったのか?研究室と呼ぶには、あまりにも物が無さ過ぎる。

棚もガラガラ。京都大学の山中教授の研究室と比べるとその差は歴然。これは小学校の理科室だ。

d0010128_18123521.jpg


ここに注ぎ込まれている税金は研究にではなく、給与に全部消えてるんじゃないのか?それで何か成果を挙げる為に今回の茶番劇を仕組んだと考えるのが自然だ。

こんな事が平気で罷り通っていては話にならん。こんな税金の無駄使いをしておいて消費税を上げるとは信じられん。税金を上げる前に、こんな無駄を無くせよ。

マスゴミは何でここを追求しないのかね。ネーちゃんなんてただの操り人形だろ。黒幕をきちんと焙り出してみろ。なんたら細胞なんかより、税金の無駄な使われたかを報道しやがれ。


d0010128_1822383.jpg

d0010128_1824194.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2014-03-18 18:25 | 天下り

8月28日

TBSが日本海を「east sea」と表記  出典元は防災科学技術研究所

d0010128_21462528.jpg


「sea of japan」の下に、見慣れない汚らしい文字が書いてあるな。よくもまあこんな地図を使ってやがるんだな。わざとやっているとしか思えん。

わざわざチョン製の地図を使う独立行政法人 防災科学技術研究所とは一体何をやっているんだ?チョンと手を組んでいるこということは、ろくでもない法人だという事はよく分かる。

防災などと聞こえはいいが、チョンンとズブズブなのでは話にならん。工作員が潜入している独法などつぶしてしまえ。こんな地図を使って問題にならない方が不思議だ。

本当に日本人を怒らす事しかしない。それを許している日本の姿勢も大問題だ。


d0010128_226549.jpg

d0010128_221730.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2013-08-28 22:02 | 天下り

10月1日

「農業やりたくない」 就職拒否のミャンマー難民夫婦が会見

アジア初の第三国定住制度で来日し、千葉県の農場で職業訓練を受けていたミャンマー難民の夫婦が28日、東京都内で記者会見し、「(農作業は)大変だった。農業はやりたくない」と話した。雇用を前提とした訓練だったが、夫婦ら2家族は就職を拒否した。

会見したのは男性(46)と妻(48)。農作業が早朝から長時間におよび、暑いビニールハウス内で作業する大変さを説明。長男(16)が通っていた夜間中学が遠く、帰りが遅くなることから通学を断念したとも明らかにした。

支援を行うアジア福祉教育財団難民事業本部に対策を求めたが「『頑張れ』といわれるだけで何もやってくれなかった」と話した。

政府は第三国定住として平成24年までの3年間に計90人を受け入れる計画で、29日には第2陣の18人が来日予定。男性は「日本に来てよかったか」との質問に「事実を言うとよくない」と言葉を濁し、第2陣には手厚い支援を求めた。


d0010128_2235237.jpg

随分勝手な事を言う難民だな。農作業が楽な仕事ととでも思ったのか?だったら自ら仕事を探せばいいだろ。間違っても日本語が分からないなんてのは無しでな。

なら逆に聞きたいのだが日本で一体何がしたのだ?空調の効いた部屋で定時に帰れる仕事など役人か大企業だけ。そこに就職できるとでも思ったのか?

小さな会社なら長時間労働は当たり前。今なら仕事があるだけでもありがたい。それが日本の現実だぞ。黄金の国ジパングなどこの世には存在しないんだよ。

それに日本人ですら生活が間々ならないのに、他の国から来た難民に手厚い保護だぁ?日本に来てよくないだぁ?なら祖国にお帰り下さい。

それに難民を受け入れている「財団法人アジア福祉教育財団・難民事業本部」が大いに問題あり。ここは外務省官僚OBの為の天下り団体。

年間予算8億3千万円の内、事務経費が4億円も掛かるのである。なんともあり得ない話である。それに難民の日本語教育費や職業訓練費は文化庁や厚生労働省から払われている。

なら難民一人にこの天下り法人は一体いくら使っているんだ?5年で159人の難民を受けいてているが、そんな予算が必要には見えん。高額な役員報酬に消えてしまっているのか?

まったく素晴らしい税金の無駄遣いである。マスゴミも報道するなら核心に触れろよ。

天下り団体の予算獲得の為に日本に連れて来られる難民も、よく考えれば被害者なのかもしれない。

d0010128_22442333.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2011-10-01 22:49 | 天下り