カテゴリ:TPP( 10 )

5月20日

「トヨタ店なぜ米車売らぬ」 自動車、米ごり押し

d0010128_18312711.jpg環太平洋連携協定(TPP)交渉の日米協議で、米国が「なぜ、トヨタの販売店で米国車を売っていないのか」と、トヨタ自動車を名指しで批判し、日本のメーカー系列の販売店網の解体を求めていることが十八日、分かった。

米国の安全基準を満たす米自動車メーカーが一社につき年間五万台ずつ、日本の基準の適用を外れて日本に輸出できる措置も要求。米国が日本の自動車市場をこじ開けようとする姿勢が明らかになった。 
 
日本の新車販売はメーカー子会社の販売店網が主流で、トヨタ自動車ならトヨタ車、日産系列なら日産車だけを扱うことが多い。米国は一九九〇年代の自動車包括協議などでも「ケイレツは閉鎖的だ」と批判した。
 
今回のTPP交渉で米国はトヨタを日本車の象徴として批判し、「販売店は米国車も含めていろいろな車を取り扱うべきだ」と迫ったという。
 
安全基準の適用外になる輸入枠の要求は、日本の基準に合わせて改造する費用や審査の手間を省くためとみられる。米国は韓国と締結した自由貿易協定(FTA)で、メーカーごとに二万五千台の枠を認めさせており、
日本には二倍の枠をふっかけている。
 
ごり押しする米国に対して、日本は「輸入車市場は開かれている」と主張。「欧州車は日本人好みの小型車を投入し、販売店も販売台数も伸ばしており、企業努力の問題だ」と、米国に反論している。安全基準の適用外についても「国民の安全や安心を売ったように思われる」(経済閣僚)と、拒否している。
 
だが、TPPを妥結するためには「米国に矛を収めてもらうため、何らかの“お土産”が必要だ」(交渉関係筋)と話しており、反論する一方で米国向けの譲歩案も練っているという。



言ってる事が無茶苦茶だ。これがアメリカの本音か。トヨタは嫌いだがこのいちゃもんは許せん。

ならアメリカの販売店で何故日本車は売ってないのだ?それに仮に日本の販売店でアメ車を売っていたとしても誰が買うか。でかいし燃費は悪いしよく壊れる。話にならん。

企業努力もしないくせに寝言を言うなよ。それに軽自動車の規格も廃止しろと言っているそうじゃないか。ふざけるなアメリカ。

TPPなど何度話し合っても無駄だろ。まさかとは思うがアメリカの言い成りになるなよ日本政府。これ以上日本人の生活を苦しめるようなら、さすがに我慢の限界になるから気を付けるんだな。


d0010128_18375337.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2014-05-20 18:38 | TPP

2月8日

生活保護3200万円詐取=容疑の露店商逮捕―大阪府警

病気で働けないと偽り、約6年半にわたり生活保護費約3200万円を不正に受給したとして、大阪府警は7日、詐欺容疑で堺市北区金岡町、元右翼団体代表で露店商黒野明人容疑者(49)を逮捕した。容疑を認め、「もらえるものなら何でももらってやれと思った」と供述しているという。
 

逮捕容疑は2005年7月~今年1月、大阪市住吉区保健福祉センターに「病気で働けない」と虚偽の申請を繰り返し、自分と未成年の次男の分の生活保護費約3200万円を詐取した疑い。
 

府警警備部によると、黒野容疑者は心臓に持病を抱えていたが、全国各地の祭りやイベントで露店を開き、昨年は約1500万円の売り上げがあった。


d0010128_20484211.jpg
d0010128_2048499.jpg


名前と共に国籍も晒せよ。大阪で元右翼。それで露店とくれば確定だろ。

それで6年で3200万円の生活保護費とは驚きだ。年にして500万円超。サラリーマンが必死で働いてもこれ以下の人は沢山いる。あまりにも狂っているぞ大阪市。

月収40万円を超える生活保護費を貰えるなら誰も働かんぞ。この由々しき事態は橋下市長がきちんと対処をしてくれるはず。そして生活保護の不正受給も3倍返しさせるべきである。


日本「全てを交渉対象に」=米は自動車、保険、農業に言及-初のTPP事前協議

d0010128_2171958.jpg日米両政府は7日、環太平洋連携協定(TPP)交渉への日本の参加に向けた初めての事前協議を、ワシントンで開催した。

日本側は海外からの輸入増加によって国内経済に深刻な影響が懸念されるセンシティブ品目(重要品目)に配慮しつつ、「全ての品目を交渉対象とする」との基本方針を伝えた。米側は日本の参加への米政府の立場は「固まっていない」と指摘、日米双方は引き続き協議が必要との見解で一致した。


おいおい売国豚野朗。事前協議で絶対服従宣言かよ。何が全ての品目だ。完全に日本が終わるぞ。

それに次の選挙で終わるような政党に、この国の未来を左右する事を勝手に決められたたまるか。こんな条件で条約を結べば何十万人の雇用が失われるか考えろ!

何が「守るべきは守る」だ。それがたった数ヶ月で全ての品目が対象なんだから開いた口がふさがらない。これが大嘘つきの売国豚野朗のやり方だ。

それにこんな大事なニュースもメディアでの取り上げられ方が以前に比べかなり減少した。これは経団連がTPP参加に賛成だからか?またスポンサー様にご配慮なのか?

まあ日本人が気づく頃には時すでに遅し。それは売国朝鮮民主党を選んでしまったあまりにも愚かで無関心な日本人の行く末なのかもしれない。

d0010128_2137566.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2012-02-08 21:37 | TPP

11月13日

首相、米国産牛肉の規制緩和手続きを表明

野田佳彦首相は12日昼(日本時間13日朝)の日米首脳会談で、米国産牛肉の輸入規制緩和に向けた手続きを始めたと説明し、オバマ大統領は「歓迎する」と述べた。


d0010128_19354355.jpg

おいおい。何勝手な事してんだこの豚野朗は。きちんと日本国内の畜産農家や関係者に説明したんだろうな?

しかもアメリカは「歓迎する」の一言でお仕舞いか?随分となめられたものだ。

米が発表の野田首相発言、日本政府は否定

12日の日米首脳会談について、米ホワイトハウスが文書で発表した概要によると、野田首相は環太平洋経済連携協定(TPP)交渉について、すべての物品やサービスが対象となる考えを示した。

米側の発表によると、会談で首相は「TPP交渉への参加を視野に、各国との交渉を始めることを決めた」とオバマ大統領に伝えた。大統領は「両国の貿易障壁を除去することは、日米の関係を深める歴史的な機会になる」と歓迎する意向を明らかにした。

その上で、大統領は「すべてのTPP参加国は、協定の高い水準を満たす準備をする必要がある」と広い分野での貿易自由化を日本に求めた。首相は「貿易自由化交渉のテーブルにはすべての物品、サービスを載せる」と応じた。

これに関連し、日本政府は12日、「今回の日米首脳会談で、野田首相が『すべての物品およびサービスを貿易自由化交渉のテーブルに載せる』という発言を行ったという事実はない」とのコメントを発表した。

日本側が米側に説明を求めたところ、「日本側がこれまで表明した基本方針や対外説明を踏まえ、米側で解釈したものであり、発言は行われなかった」と確認されたとしている。


d0010128_1941394.jpg

もう遅かれ早かれ全てアメリカの言いなりになるのは時間の問題。こんな事を何で海外のニュースで聞かされなければならんのだ?

まず日本の国会で承認を得てから事を運べよ。こんなのは独裁政治ではないか。

そして昨日書いた通りTPP交渉の場に日本の居場所は無い。

オバマ米大統領は12日、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する国々の首脳と会合の中で、9カ国間で同協定の大まかな内容を固める大枠合意に達したと表明した。

ただ同時にまだ「作業しなければならない細目」があるとの認識を示し、今後も交渉が続くことも付け加えた。

米ホワイトハウスが同日、明らかにした。大筋合意の内容には触れておらず不明。

日本は野田佳彦首相が交渉参加に向け関係国と協議に入る意向を発表したが、今回の会合には出席していない。


d0010128_19465979.jpg

日本の選択肢はこの内容に従うか否かの二者択一しかない。

それがどんなに日本にとって不利な条件でも売国豚野朗は呑むんだろうな。

こんな国の将来に関わる事を日本国内で何も発表せず、海外で好き勝手に言い放つんだから恐ろしい売国奴だ。その後に日本国民にどう説明するつもりだ?順番が逆なんだよ。

国会で福島瑞穂が絶叫していたが、珍しくこいつの意見に賛同したよ。売国奴にも色々あるんだな。

だが売国豚野朗は絶対に許せん。どんな顔して日本に来るつもりだ?もう日本に貴様の居場所はな無いぞ。


[PR]
by tokyoneocity | 2011-11-13 19:58 | TPP

11月12日

消費増税、地ならし  低所得者に還付 軽減税率は見送り

政府が消費税率を10%に引き上げる際、低所得者に税金の一部を還付する方向で検討に入ったのは、抵抗の強い増税に対する国民の理解を求めやすくする狙いがある。

政府は、消費者が購入する生活必需品などにかかる消費税の増税分に見合う額を支給することなどを検討する。


何考えてんだ日本政府は。ばら撒く事ばかり考えやがる。もう無茶苦茶だな。

だがこんな事で国民の支持が得られるとでも思っているのか?お門違いも甚だしいわ。

d0010128_2023947.jpgオバマ米大統領が12日朝にホノルルで開く環太平洋経済連携協定(TPP)交渉9カ国の首脳会合に、野田佳彦首相が招待されない見通しであることが11日わかった。

9カ国が積み上げた交渉の成果を大枠合意として演出する場に、交渉参加を表明したばかりの日本は場違いとの判断が背景にあるものとみられ、TPP交渉の厳しい「洗礼」を受ける形だ。


それでもTPP交渉に参加するんだろ。全く愚かな売国豚野朗だ。それにTPPの事を何も知らずに交渉に参加とは聞いて呆れる。

①TPPが国内法に優越することを知らなかった
②10年間で関税全廃することを知らず、保護できる関税があると思ってた
③今からでは交渉参加は半年後。条件闘争出来ないことを知らなかった
④ISD条項を知らなかった
⑤TPPよりASEAN+6が国益であることを隠してた

ついでに、TPP加入でGDPが10年間で2.7兆円増という試算は「農水業関連の現在の関税や規制を守ったまま」という条件での試算だったことが判明。

全関税を10年内に撤廃するTPPの本質を知らない試算だったらしい


ダメダコリャ。どうしてそこまでしてアメリカのポチになりたいんだ?貴様のような売国奴がポチになるのは勝手だが、日本という国を巻き込むことは絶対に許さん。

もうTPP交渉には日本の居場所は無い。二度と日本に帰ってくるな。そのままアメリカに住めよ。ご主人様に飼ってもらえよ。なんせポチなんだからな。

それか朝鮮にでも帰れよ。貴様のような売国奴はこの国に必要ございませんから。

d0010128_2014228.png

[PR]
by tokyoneocity | 2011-11-12 20:15 | TPP

11月11日

<TPP>交渉参加に向け関係国と協議…首相、会見で表明

野田佳彦首相は11日夜、首相官邸で記者会見し、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について「交渉参加に向けて関係国と協議に入ることにした」と表明した。

d0010128_20424257.jpg

ついに売国豚野朗が本性を出しやがった。何が慎重な判断だ。議論を詰めるだ。笑わせるな。

この豚野朗の独裁で、国家の尊厳に関わる大事な事を勝手に決められてたまるか!やるなら解散総選挙をして国民の真意を問うべきだろ。

そしてこの豚野朗の国会中継をみたがあまりの酷さに笑ってしまった。何も知らない奴がよくもまあTPPなどと言えたものだ。





少し長いし画像も悪いが非常に大事な審議なのでごらん頂きたい。

そしてこの豚野朗に関しては信じられない情報もある。

野田首相、TPP“猿芝居”!すでに米大統領に伝える内容決定済み

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉参加をめぐる攻防で、野田佳彦首相が狡猾さをあらわにした。

民主党慎重派の反対圧力を受け、「1日ゆっくり考えたい」と記者会見を11日夜に延期したのだが、何と、今週初めに日米首脳会談(13日)でオバマ大統領に伝える発言内容を決めていたのだ。

延期は、慎重派に配慮した単なるガス抜きであり、11日の集中審議を乗り切る政治的芝居ともいえそうだ。

「みなさんが国のことを思い、議論したことをしっかり自分自身で受け止めたい。まだ方向を決めたわけではない…」

野田首相は10日の政府・民主3役会議でこう語り、同日夕に予定していた記者会見を延期した。「首相迷う」「ブレなら致命傷」と報じたメディアもあるが事実は違うようだ。首相周辺は語る。

「計算ずくだ。まず、離党までチラつかせた民主党内慎重派に配慮した。党のプロジェクトチームが『慎重判断を』と提言した翌日の参加表明は火に油を注ぐ。冷却期間を置いた。次に、11日のTPP集中審議対策。『各党の意見を聞いて判断した』という姿勢を示した。輿石東幹事長のアドバイスもあった」

そして、こんな事実を明かした。

「今週初めに、オバマ大統領との日米首脳会談で、どういう言葉でTPP交渉参加を伝えるか、日本語と英語の発言内容を決めている」

つまり、「まだ方向を決めたわけではない…」という首相発言は方便というわけだ。
d0010128_20553786.jpg

まあ分かりきっていた事だがこうやって改めて聞かされると腸が煮えくり返る。言ってる事とやってる事がまるで違う。こんなのがこの日本の総理であっていい訳がない。

アホの鳩山。バ韓直人。そしてこの売国豚野朗。こんな奴らに日本が好き勝手されるとは悔しい限り。

これでこの日本はアメリカの思うがまま。オバマの高笑いが聞こえてきそうだ。

d0010128_2154930.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2011-11-11 21:12 | TPP

11月10日

東証、オリンパスを監理銘柄に 株価は3日連続のストップ安

オリンパスは10日、期限となっている今月14日までに、中間決算などをまとめた四半期報告書を提出できないと発表、東京証券取引所に伝えた。これを受けた東証は、オリンパス株を同日付で「監理銘柄(確認中)」に指定した。

同銘柄が上場廃止になる恐れがあることを投資家らに注意喚起するため。規則によると、オリンパスは四半期報告書の提出期限日から1カ月後の12月14日までに報告書を提出できない場合、同社の株はさらにその1カ月後の1月14日に上場廃止となる。


d0010128_2228586.jpg

世界の胃カメラシェア7割の優良企業が何故こうなってしまったんだか。

私もここまで下がったならオリンパス株の購入を考えていたが上場廃止では仕方ない。だが上場廃止だからといって会社が潰れる訳ではない。また復活してくれる事を願うよ。

だがかなり前からこの問題は取り沙汰されていたのに、このタイミングで大騒ぎしだすマスゴミのやり方に何か悪意を感じるのは私だけか?

勿論このタイミングとはTPPの問題。まさか日本国民の目を逸らさすために・・・まあ考えすぎだとは思うがマスゴミならこれぐらいの事は平気でやるからな。

そして売国どじょう野田佳彦が交渉参加の発表を明日に延期したらしいな。ここまでもめているのにAPECまでに決めて本当にいいのか?オバマの手土産の為に日本を売るような事をするなよ。

さてそのTPPに関する記事を週間プレイボーイからご紹介しよう。これを読んでもまだ参加に賛成するような人間は全てBKDだ!

TPP反対派の急先鋒・中野剛志「メディアが報じないアメリカの本音。やはり日本は狙われている」

d0010128_22503038.jpgついにTPPに参加することがほぼ決定的となった日本。報道の裏側、アメリカの真意などを反対派の中野氏が明かす

TPPについては、むちゃくちゃな話がメディアでそのまま流れています。先日(10月27日)、私が生出演したフジテレビの『とくダネ!』なんてヒドいもんでしたよ。

進行役のアナウンサーが、スタジオのモニターで内閣府が試算したTPP参加の経済効果を示したんですが、そこに映し出されたのは「GDP2.7兆円増加」という数字だけ。

それを見たコメンテーターが「日本の年間GDPは約530兆円ですから、0・54%くらいの効果です」と解説しちゃったんです。

オマエら、ちょっと待て、と。2.7兆円という数字は10年間の累積だろ!単年度で見ればTPPの経済効果なんてたったの2700億円。私は生放送で、なんで正確な数字を出さないんだ!とブチ切れましたよ。

ところが、その前に放送された『新報道2001』でもフジテレビは同じ“誤報”を飛ばしました。

しかも、こちらは番組スタッフが収録前の段階で10年間の累積である事実を把握していたから、私には故意に隠したとしか思えないんです。視聴者を“TPP賛成”へと誘導したい大手マスコミの狙いが透けて見えますよ。

政府は政府で、TPPに参加することで「国を開く」などとトンチンカンなことを言う。

日本の平均関税率は諸外国と比べても低いほうであり、その意味で国はすでに開かれているんです。なぜ、こんな自虐的な発言をしたのか意味不明。本当にこんな状態でTPPを進めてよいのでしょうか?

■「輸出2倍戦略」のためにアメリカはTPPを使う

今、世界はどうなっているのかというと、08年のリーマン・ショック以降、その構造は激変しました。

かつての世界恐慌がそうでしたが、今のような世界的な大不況下では、各国とも生き残りのために手段を選ばず必死になります。

各国は、日本にオイシイ話やキレイ事を並べながら、えげつない計略を次々と仕掛けてくる。

特に住宅バブルの崩壊で国内経済がズタボロのオバマ政権は、経済回復と支持率稼ぎのためになりふり構わなくなっています。

そのアメリカが今、最大のターゲットにしているのが日本です。アメリカは「2014年までに輸出を2倍にする」ことを国是に掲げています。

そのために利用しようとしているのがTPPです。

アメリカはまず日本をTPPに誘い込み、思惑どおりに関税や非関税障壁を撤廃させる。もちろん関税撤廃には応じますが、同時にドル安(円高)に誘導して日本企業の輸出競争力を奪います。

その上で、金融や農業などで日本の市場の収奪にかかる。これがアメリカの狙いです。

■日本が自ら進む“人食いワニ”の池

このまま日本がTPPに参加すると、国内のルールや仕組みをアメリカ企業に有利になるように改定させられる恐れがあります。

そこで、昨年12月に合意に至った米韓FTA(自由貿易協定)が、韓国側から見て、いかに無惨な内容だったかをお話ししましょう。

韓国は、アメリカが韓国の自動車市場に参入しやすくなるよう、排ガス診断装置の装着や安全基準認証などの義務に関して、米国から輸入される自動車は免除するという“例外”をのまされました。

さらに韓国では、日本と同じく国内ニーズが高い小型車に優遇税制を設けていたが、これもアメリカの要求で大型車に有利な税制に変えさせられました。

そしてFTAによる関税撤廃で急伸した韓国産自動車の輸出がアメリカの自動車産業を脅かすようなら“関税を復活する”という規定も加えられたのです。

手段を選ばないアメリカのこうした攻勢が、TPP交渉参加後は日本に及ぶことになります。自動車業界では、まず日本のエコカーが標的となるでしょう。

米国車の多くは、現時点では日本政府が定めた低公害車の基準を満たしておらず、エコカー減税の対象外。これをアメリカに「参入障壁だ」と指摘されれば、韓国のように泣く泣く優遇税制を撤廃せざるを得なくなるでしょう。

また、TPPで最も懸念されるのは、投資家保護を目的とした「ISDS条項」。

これは、例えば日本への参入を図ったアメリカの投資企業が、国家政策によってなんらかの被害を受けた場合に日本を訴えることができるというもの。

訴える先は日本の裁判所ではなく、世界銀行傘下のICSID(国際投資紛争解決センター)という仲裁所です。

ここでの審理は原則非公開で行なわれ、下された判定に不服があっても日本政府は控訴できません。さらに怖いのが、審理の基準が投資家の損害だけに絞られる点。

日本の政策が、国民の安全や健康、環境のためであったとしても、一切審理の材料にならないんです。

もともとNAFTA(北米自由貿易協定)で入った条項ですが、これを使い、あちこちの国で訴訟を起こすアメリカを問題視する声は少なくないのです。

そんな“人食いワニ”が潜んでいる池に日本政府は自ら飛び込もうとしているわけです。

残念ながら、野田首相のハラは固まっているようです。

世論で反対が多くなろうが、国会議員の過半数が異論を唱えようが、もはや民主的にそれを食い止める術はありません。交渉参加の表明は政府の専権事項、野田首相が「参加する」と宣言すれば終わりなんです。

そして、いったん参加表明すれば、国際関係上、もう後戻りはできない。すべての国民が怒りをぶつけ地響きが鳴るような反対運動でも起きない限り、政府の“暴走”は止まりません。

d0010128_22494663.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2011-11-10 22:51 | TPP

11月9日

中国漁船の船長を略式起訴 罰金30万円納付し釈放

6日に長崎県の五島列島沖で逮捕された中国漁船の船長が9日午後、釈放されました。

長崎区検は、五島列島鳥島沖の領海内で海上保安部の立ち入り検査を拒否して逃走したとして逮捕された中国漁船「浙岱漁(せったいりょう)」の船長・張天雄容疑者(47)を略式起訴しました。これを受けて、長崎簡裁は午後、罰金30万円の略式命令を出し、船長は罰金を納付して釈放されました。
 
日本が船長らを釈放したことについて、中国外務省の報道官は「ごく普通の漁業案件であり、すでに適切に解決された」と述べ、政治問題化しない姿勢を明確にしました。


d0010128_20483045.jpg


たった30万円の罰金で釈放か。しかも随分と素早い対応だな。まあ不起訴で無罪放免にするよりかはましだが、こんな事では日本がなめられるだけだ。

停船命令に従わない船には容赦なく発砲をすべき。そんな事すら出来ないこの国に自国の領土を守る事など出来やしない。ぬるい対応では相手が図に乗るだけである。

新幹線0系「団子鼻」 百万円で落札の男性 支払い拒否

d0010128_212254.jpgJR西日本吹田工場(大阪府吹田市)で、JR西の子会社「ジェイアール西日本商事」が5日に行ったオークションで、初代新幹線「0系」の象徴ともいえる先頭車両の「団子鼻」1個が、100万円で落札されたにもかかわらず、落札者が支払いを拒否し、引き取られないままになっていることが7日、わかった。

オークションは、同工場の一般公開にあわせて同社が実施。目玉の品として、今回初めて「団子鼻」(強化プラスチック製、直径約1・4メートル)2個を最低価格5万円で出品した。1個目は午前中に7万5千円で落札され、午後に出品された2個目は、開始早々に「100万円」と声を上げた男性が競り落とした。

落札者は会場内で支払いをするシステムだったが、終了後、受付に姿を見せた男性は「キャンセルできると思っていた」と主張、支払いを拒んだという。


これも絵に書いたような口だけ男だな。おそらく会場の雰囲気で思わず口走ってしまったが、冷静になりやはり止めておこうとなったのか?

まあ日本の首相でも議論もせず温室効果ガス25%削減だの消費税を10%に引き上げだのTPP交渉に参加するだの口走る大バカ野朗もいるぐらいだから仕方がないな。

だがまだTPPの交渉参加を止めるのは間に合うぞ。明日にも売国どじょう野田佳彦が口走るようだが、そんな事をしたらどうなるか冷静に考えろよ。

TPP参加に賛成の奴はBKDである。何の略かって?そりゃあ勿論「売国奴」しかないでしょう。


[PR]
by tokyoneocity | 2011-11-09 21:09 | TPP

11月5日

TPP内部文書 米「保険も交渉テーマ」 議会関係者

d0010128_21354787.jpg環太平洋連携協定(TPP)交渉について通商問題を担当する米議会関係者が、日本の参加には「保険などの非関税障壁(関税以外の市場参入規制)が重要な問題となる」と述べていたことが政府の内部文書で分かった。

米議会関係者は、日本郵政グループのかんぽ生命保険が販売する簡易保険や共済などの規制改革も交渉テーマにすべきだ、との見解を示したとみられる。

政府は与党・民主党に対しては、簡易保険などがテーマとなる可能性に触れつつも「現在の九カ国間の交渉では議論の対象外」との説明にとどめていた。

明らかになった米議会関係者の発言は、日本がTPP交渉に参加すれば保険分野だけでなく、幅広い分野での規制改革がテーマに加わる可能性が高いことを示した内容。今後は情報開示が不十分なまま政府がTPP参加の議論を進めることへの批判が強まりそうだ。


まあ大事なことは全て隠す日本政府だからな。何が起きても不思議ではない。

アメリカが簡保を狙うのは当然。その先には郵貯が待っている。こんな巨額なお金をみすみす差し出すんだから愚かな国だよ日本は。

そういえばヨシヒコ・ノダなる人物が来日したそうだな。サミットには大きなお土産を持っていったらしいが、日本には何か手土産でも持ってきたのか?まさか手ぶらではないよな。

さてこのTPPには政治家がそれぞれの立場から賛成・反対をしている。

▼▼▼TPP賛成派▼▼▼
【自民党】 麻生太郎 安倍晋三 小泉進次郎 平沢勝栄 河野太郎、三原じゅん子、石波茂 菅義偉 甘利明、伊吹文明 石原伸晃、鴨下一郎、岸田文雄、丸山和也、小池百合子 茂木敏充、平将明、中曽根弘文、丸川珠代、(リスト等から)
【民主党】 長島昭久 玄葉光一郎 枝野幸男 岡田克也 松原仁 藤井裕久 前原誠司 野田佳彦 
☆党☆【みんなの党】 
【知事】 橋下徹
【言論人】 櫻井よしこ 猪瀬直樹、山際澄夫、竹中平蔵 古賀茂明 池田信夫、田原総一郎、田中直毅 田久保忠衛 三宅久之、森本敏、藤原帰一、福田和也、勝間和代、阿比留瑠比

▼▼▼TPP反対派▼▼▼
【民主党】
鳩山由紀夫 三宅雪子 赤松広隆 山田正彦 中井洽  松野頼久 徳永エリ、武内則男、小川敏夫、 川上義博 渡部恒三 太田和美 テニアン 田中美絵子 玉城デニー 大久保潔重 谷岡郁子 武内則男 中川治 福田衣里子
【自民党】
加藤紘一 野田聖子 二階俊博 古賀誠 武部勤 岩屋毅 大島理森 小渕優子 高村正彦 山本一太
【共 産 党】市田忠義、井上哲士 穀田恵二、佐々木憲昭、志位和夫 他多数
【公 明 党】石井啓一 井上義久 高木陽介  他多数
【国民新党】亀井静香 下地幹郎 (田中康夫)
【社 民 党】福島瑞穂 阿部知子、重野安正 他
【無所属】 石川知裕 鳩山邦夫、松木謙公、横粂勝仁
【知事】 石原慎太郎
【言論人】 植草一秀、森永卓郎、勝谷誠彦、リチャード・コシミズ、小林よしのり
梶川ゆきこ 上杉隆、岩上安身、ベンジャミン・フルフォード 、中野剛志、宮台真司


自民党の賛成派は親米ポチ。腐れ民主党の反対派は反米・親中・親チョンのポチ。非常に分かりやすい。

ちなみに反対派の腐れ民主党議員にはあの原口一博なる腹黒野朗がいる。

TPP慎重派、街頭で訴え=「断固阻止」とデモ行進も

演説会には、民主党の原口一博元総務相や川内博史衆院議員らのほか、自民党議員も参加した。

原口氏は「政権が(交渉参加を)強行するなら、民主党をぶっ壊してでも頑張る」と強調。川内氏は、参加の意向を固めている野田佳彦首相が「最終的には私の政治判断」と語ったことに触れ、「政治判断を変えてもらう」と意気込んだ。


d0010128_2155322.jpg

これはダメだ。こんな胡散臭い連中が反対と叫べば叫ぶほど日本国民は賛成の方がいいと思ってしまう。私だってこの面子を見れば賛成したくなってしまう。

だがダメだ。この問題は国の主権をも揺るがしてしまう大問題。腐れ民主党の恥知らずの大嘘付き野朗は引っ込んでろ。

何をやっても口先だけの大嘘つき野朗。本当に反対する気があるなら離党してからやったらどうだ?自分達の政党に反旗を翻すならそれぐらいやってみろよ。

出来るわけないよな。お前らは所詮腐れ民主党のポチなのだから。
d0010128_2159919.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2011-11-05 22:06 | TPP

11月2日

インク限定「独禁法違反」キヤノンを提訴

キヤノンが自社製のインクジェットプリンターで、非純正インクカートリッジを使えない仕様にしたのは独禁法違反に当たるとして、非純正品を製造販売する2社が、非純正品をシャットアウトする装置の搭載差し止めを求める訴訟を2日、大阪地裁に起こした。

 原告はプレジール(大阪)とエステー産業(東京)。2社などが製造販売していた別の非純正品については、キヤノンの特許権を侵害しているとして販売差し止めを命じた知財高裁の判決が9月に確定している。

 訴状などによると、キヤノンは今年3月以降発売した新機種プリンターに赤外線フィルターを搭載。可視光を発するキヤノン純正品は使用できるが、赤外線を発する非純正品のカートリッジは使用できなくなった。

 エステー産業側は「われわれは純正品よりも安い汎(はん)用品を提供しており、排除すれば消費者の利益が損なわれる。健全な競争で社会に貢献したい」と話している。

 2社は9月からフィルター搭載機種にも対応する製品を販売。3月中に発売予定だった製品が販売できなくなったとして計40万円の損害賠償も求めている。


d0010128_21541687.jpg
d0010128_21542383.jpg
d0010128_21543142.jpg
d0010128_21544437.jpg


これは流石にダメだろ。訴えた会社は何考えてんだ?人の褌で相撲を取っているようなもんだろ。甚だしいにも程がある。

確かに純正のカートリッジは高い。だからと言って勝手に作っておいて、それが使えなくなると訴訟とはまさに狂気の沙汰。自社の製品をどうしようとキャノンの勝手だと思うがな。

この会社を調べてみるとバッタモンばかり作っているんだな。逆にキヤノンから訴えられればいいのに。

TPPルール 主張困難 米「参加承認に半年」

d0010128_2210153.jpg環太平洋連携協定(TPP)交渉について、米通商代表部(USTR)の高官が、日本の参加を認めるには米政府・議会の非公式な事前協議が必要で、参加決定に時間がかかるため「受け入れが 困難になりつつある」との認識を示していたことが、日本政府の内部文書で分かった。

正式協議を合わせると米議会の参加承認を得るのには半年間程度が必要な見込みで、早期参加表明しても来夏にまとまる予定のルール策定作業に実質的に加われない可能性も出てきた。

日本に有利な条件を得るため早い参加が必要、というTPP推進派の主張の前提条件が崩れかねない状況だ。

TPP参加を後押しする経済産業省などはこれまで「早期に参加して有利な条件を獲得すべきだ」と主張。

しかし、APECで参加を表明しても、交渉参加できるのは早くて来年の夏前。九カ国は来夏までの合意を目指している。

日本が加わった段階ではルールの細部まで議論が終了している可能性が大きい。


なんだそりゃ。もし今交渉に参加しても日本の主張は何一つ通らず言い成りになれと言う事か?

次から次へと出てくる出てくる。一体どれだけの事を隠しているんだ?そして直前になって重大な事実が分かるとは、どこまで日本国民を愚弄すれば気が済むんだ?

それでも参加する理由は何だ?わざわざ鴨を持って葱を背負って相手の土俵に上がる気が知れん。

まだまだ隠している事があるんだろうな。バカを見るのは日本国民だけである。

d0010128_22174959.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2011-11-02 22:18 | TPP

10月30日

もう許せない!!専門家が本気で怒る政府のウソ・インチキ・ゴマカシ・詐欺の数々

<京大准教授もTVでブチ切れ>

d0010128_21183296.jpg「アメリカは輸出倍増戦略を国是として掲げている。だから今、円高なんです。TPPで日本は輸出できません! アメリカが日本の市場を取るという話なんですよ!」
 
いや、すごい迫力だった。27日、朝の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ)に生出演した京大大学院准教授の中野剛志氏(40)。政府が突っ走るTPPを痛烈批判し、怒りをブチまけたのである。そのけんまくにスタジオは凍りついていたが、こうした映像を見れば、日本人も目が覚めるのではないか。とにかく、TPPを巡る議論はウソとインチキがテンコ盛りなのだ。
 
まず、最大のイカサマがTPPで日本の工業製品の輸出が増えるかのような論法だ。

経産官僚でもある中野氏は「自動車の関税はすでに2.5%、テレビは5%しかない」と指摘。「加えて円高で企業の6~8割の工場がアメリカにある。もう関税の向こう側にあるんだから、関税を撤廃しても意味はない」と切り捨てた。
 
米国と2国間FTAを結んだ韓国の失敗事例をズラリと挙げ、「アメリカの雇用が7万人増えたということは、韓国の雇用が7万人奪われたということです!」と畳みかけた。

「TPP経済効果2.7兆円」という政府試算もインチキだ。中野氏は「これ、10年間の累積ですよ!」と声を荒らげ、「でも、どこにも書いてないじゃないか!」とペンを机に叩きつけた。
 
よく分かっている専門家に言わせれば、政府が喧伝するTPP効果なんて、国民を騙す詐欺以外の何モノでもないのである。
 
TPPの危険性については、ほかの専門家も次々と怒りの警告を発している。東大教授の鈴木宣弘氏もそのひとりだ。26日に都内で開かれたTPP反対集会で、政府への憤りを爆発させた。

「震災直後、官邸からはこんな声が漏れ聞こえてきた。『11月のAPECに間に合えばいいのだから、それに滑り込ませればいいではないか』と。ギリギリまで情報を出さず、国民的な議論もせずに強行突破をしようとしている姿勢は、もはや民主主義国家としての体をなしていません!」
 
実際、野田政権は今月になって突然、重要情報を出してきた。外務省が作成した「TPP協定交渉の分野別状況」と題する79ページもの分厚い資料がそれだ。

ジャーナリストの横田一氏が言う。

「この資料からは、政府がTPP参加を大前提に、アメリカと事前協議をしながら、周到に計画を進めてきたことが分かります。3月の震災後、ホトボリが冷めるまでヒタ隠しにしてきたが、TPPに参加表明する11月から逆算して、批判をかわして逃げ切れるギリギリのラインでの公開に踏み切ったのでしょう。あまりに汚いやり方です」
 
これ以上、連中のウソ、インチキを許したらダメだ。


ほ~ゲンダイが珍しく正論を述べているではないか。まあそれだけTPPが酷いという事だ。

マスゴミは農業ばかり取り上げるが、TPPに参加したら農家に3兆円くれてやるんだろ。とんでもない話だ。こんな事でこの国が良くなるとでも思っているのか?

それでGDPが10年で2.7兆円上がっても結局マイナスじゃねえか。何考えてんだか。

そしてこれだけの分野にアメリカは進出してくる。
d0010128_21192672.jpg

ありとあらゆる所にアメリカの資本が入り日本は追い出される。郵貯の巨額マネーもアメリカの思いのまま。

医療分野も崩壊。盲腸の手術で250万・・・なんてことが現実に起こったらどうなる?

アメリカの思惑通りに事が進んでそれでいいのか日本人!他人事のように思っている奴は、事の重大さに気づいていない愚かな人間だ。

その付けは今の子供達が大人になった時に思い知らされる。就職しようと思っても就職先が無くなるのは目に見えている。日本人の雇用はどうやって守るつもりだ?

北米自由貿易協定通称「NAFTA」はアメリカとカナダとメキシコの間で交わされたTPPのような協定だが、その結果メキシコがどうなったかご存知か?

その結果は今の日本とまるで同じ。最初は輸出が増えると喜んでいたが結果は・・・気になる人は調べてみてください。日本の将来が見えてきます。

d0010128_21493049.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2011-10-30 21:51 | TPP