カテゴリ:パチンコ( 4 )

完全に依存症だな。この日本から一刻も早くパチンコ屋が無くなる事を願うよ

d0010128_22113547.jpg


高橋尚子 リオ行き直前にパチンコ11時間「依存症」心配の声も

「地元でみんな心配してるんです。というのも、高橋さんがカツラで変装までして、パチンコ店に通っていて……。朝から夜まで打ち続けることもザラ。パチンコ依存症なんじゃないかって、心配しています」(近所の住人)

シドニー五輪女子マラソン金メダリストの“Qちやん”こと高橋尚子(44)。千葉市内の彼女の自宅から10キロほど離れたパチンコ店。7月下旬の午前11時半過ぎ、高橋が1人で店内に入ってきた。

8月開催のリオ五輪でもTBSのスペシャルキャスターに起用された高橋。この日、彼女は夜10時半の閉店まで丸11時間、食事もとらずに一心不乱にパチンコを打ち続けた。始めて、あっという間にドル箱を15箱積み上げた高橋。換金すれば、10万円以上に。だが高橋は打つのをやめない。いったん玉を精算すると、座り直して同じ台を打ち始めた。

手元には2本の水のペットボトル。あと一歩で大当たりを逃すと、頭をのけぞらせて悔しがる素振りを何度も見せる。夕方には、奮闘むなしく手元の玉が全部なくなることも。高橋は、残念そうに席を立った。さすがにこれで帰るのか。だがトイレ休憩と飲み物を買っただけで、またまた台へ戻って打ち始めた。恐ろしすぎる執念!大当たりがまた出始め、次々と連チャンする。リーチがかかると、高橋は台のボタンを一心不乱に連打していた。

その後も決して打つのをやめない高橋。走りと同じく、粘る、粘る!まるで、シドニー五輪のゴール前、追いすがるリディア・シモンを振りきったときのような粘り強さだ。

夜8時半。ここでマネージャーも務める恋人・西村孔さん(45)が車でパチンコ店まで迎えに現れた。だがこのとき、高橋は再び大当たりの波をつかみ、連チャン中!駐車場で待つ恋人に、メールを何度も送っていたが、結局、西村さんは40分ほど彼女を待ったあげく、1人で家に戻っていった。

夜10時40分、閉店のアナウンス。他の客は帰ってしまい、ガランとした中に文字どおり高橋ひとりが残っていた。店員に精算をうながされるが、席を立たない。どうにか未練を断ち切った彼女は、再び迎えに来た恋人の車で、やっと帰宅の途に就いたのだった。

この日の戦果は、大当たり55回という“歴史的大勝”。本当に依存症なのでは。翌日、高橋を直撃した。

――昨日、すごく勝ってましたね。
「ありがとうございます(苦笑)。これ記事になるんですか!? やだ、もう(笑)」
――カツラで変装してパチンコ店に通っていると。
「カツラは1回かぶりましたが(変装とは)違うんです!」
――西村さんが迎えに来たのに、打ち続けてましたよね。
「そう!『勝っちゃった! どうしよう!』『ごめんなさい!』って思いながら(苦笑)。リオに行く準備もあるのに……って、すごく焦りました。早く帰りたかったんですけど」
――依存症ではない?
「月に何回かしか行かないです。昨日は休みだったので……あくまで息抜き(苦笑)」

優等生イメージだったQちゃん、私生活は意外に“規格外”。地元の人たちを心配させるのは、ほどほどに


d0010128_22155972.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-08-02 22:22 | パチンコ

12月7日

千原ジュニア“換金所”発言に、パチンコ企業・京楽が大激怒!「換金所は存在しないはず」


千原ジュニアが、スポンサーの怒りと大ひんしゅくを買っている。

 d0010128_1346596.jpg問題が起こったのは、先月25日に都内で行われた京楽産業.のパチンコ新機種「ぱちんこ よしもとタウン」(来年1月導入予定)の発表会。いつも通り軽妙にトークしていたジュニアだったが、「換金所で育ったヤツが今、芸人をやっている。だから(パチンコのイベントなんだから)、そいつをここに呼んだほうがよかったんちゃうか!?」と口にしたことから、一騒ぎに。

千原ジュニア、ダウンタウン……吉本芸人が「ギャラ半分」でも関西ローカル“Uターン”のワケ

 一見、なんら問題のない発言に思われるが、京楽側が憤慨。マスコミ各社に、このジュニアの発言を使わないよう通達したという。なぜか――。

「京楽側が引っかかったのは“換金所”です」と、芸能関係者はこう明かす。

「パチンコの換金は、日本では法的に違法。それを、出玉を景品に替えて、それを景品交換所で換金するという、いわゆる“三店方式”を取ることで警察は黙認し、現在はグレーゾーン扱いにしている状態です。そんなパチンコ業界にとって、建前上“換金所”は存在しないものなんです。警察でさえ“パチンコでは換金は行われていない”と表向きに主張している。なのに、イチ芸人に“換金所で育った”なんて言われたら、パチンコ業界にとってはたまったもんじゃない」

 京楽側がジュニアの発言に神経をとがらせたのは、IR推進法案(いわゆるカジノ法案)の審議の行方もあるとされている。

「IR推進法案が成立すると、中小のパチンコ企業が淘汰されるといわれている。今国会での成立は断念されたが、パチンコ業界に地殻変動が起きかねない法案。先月上旬に成立断念が明らかになり、ようやくピリピリムードが和らいできたところにジュニアが爆弾発言を投下したものだから、なおさら過敏に反応したのかも」(テレビ局関係者)

 ジュニアが所属する吉本側も、京楽側の言い分を飲まざるを得ない。

「吉本と京楽は一緒に会社を作り、NMB48や沖縄国際映画祭を運営する仲。しかし、両者の関係性は対等ではなく、京楽の莫大な資本力のおかげでそれらが運営できているという、吉本にとってはスポンサー的存在なんです。京楽側が『NG』といえば、それがお笑いネタであろうが『NG』になるでしょう」(お笑い関係者)

 結果、ジュニアは、吉本から注意を受けたようである。

 ただ、ジュニアも気の毒ではある。「換金所」の話は、今年6月11日に『水曜日のダウンタウン』(TBS系)でも放送されているからだ。

 若手お笑いトリオ・バビロンのノリは、そのオンエア上で「パチンコ屋の換金所に、普通に4年間住んでいました」と自身の過去を明かし、「換金所には1,000万円くらいお金があったけど、なんで(そのお金は)見るだけで、ウチ貧乏なのかなって思っていた」と振り返っていた。

 当時10歳だったノリの写真とともに、テロップでは「8畳の換金所ハウス」「刑務所のような家に一家3人で生活していた」「換金所=刑務所のよう」とイジられる始末。MCのダウンタウン・浜田雅功は「アッハッハ!」と大笑いしながら、「これ(この話)スゴいな」とうなっていた。

 イベントでジュニアが指した“換金所出身芸人”も、このノリとみられる。

「テレビ的には笑えるので、放送はOK。ジュニアはこのオンエアを知っていて、パチンコのイベントのトークでも当然大丈夫と踏んでしゃべったのかもしれない。京楽が過剰に反応しすぎてしまったという見方もできる」(キー局関係者)

 パチンコマネーの前に、吉本芸人さえ黙るしかないといったところか。



d0010128_1494118.jpg

d0010128_13485315.jpg

d0010128_13475315.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2014-12-07 14:09 | パチンコ

5月8日

大阪・フェスティバルゲートパチンコ店含む商業施設を提案

経営破綻した大阪市浪速区の遊園地「フェスティバルゲート」の跡地について、落札した事業者がパチンコ店を含む商業施設を提案していたことがわかりました。

市もこれを認める方針です。

大阪市が土地信託事業で開発し経営破綻した「フェスティバルゲート」の跡地(約1万4千平方メートル)を巡っては、パチンコチェーン大手「マルハン」が2009年3月、5年以内の事業実施を条件に14億円で購入し、「韓流テーマパーク」を計画していました。

しかし「マルハン」は、日韓関係の悪化からこの計画を断念、期限を1年延長し、パチンコ店を含む商業施設を大阪市に新たに提案したということです。

大阪市は「更地で放置するより開発を進めた方が良い」として容認する方針ですが、元々の契約ではパチンコ店など風俗営業の禁止が盛り込まれていただけに、地元からは懸念の声も上がりそうです。


d0010128_19222551.jpg

d0010128_19223339.jpg

d0010128_19224620.jpg

d0010128_19225572.jpg

d0010128_1923275.jpg


こんなずさんな計画を大阪市が認可するのか?さすがパチンコとズブズブな橋下だな。最初の計画が白紙になったのなら入札からやり直すべきではないのか?

それを更地で放置するより開発を進めるだぁ?パチンコが開発なのか?何とも腐ったお頭だな。まあパチンコも一種のチョンパークである事には変わりないがな。

パチンコなど日本から消え去るべき違法ギャンブル。それを市が推し進めるんだから愚かなり。坪単価も超ミラクル格安。ふざけたやり方だな橋下。

それに日韓関係の悪化がどうしてパチンコになるのか教えてもらいたいものだ。

d0010128_193592.jpg

d0010128_19352475.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2014-05-08 19:36 | パチンコ

7月19日

パチンコ出店を阻止しようと隣接地に図書館を建てた国分寺市に3億円の賠償命令―東京地裁

パチンコ店の出店を予定したビルの隣に国分寺市が図書館の分館を設置したため、風営法などで出店が禁じられて損失を受けたとして、静岡県のパチンコ店経営会社などが同市に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は19日、同市側に約3億3400万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

志田原信三裁判長は「出店を阻止するための違法な図書館設置で、原告の営業上の権利を侵害した」と指摘した。

判決によると、同社はJR国分寺駅前のビルにパチンコ店を出すことを計画していたが、駅前の再開発を計画した同市などが反対。同市議会が2006年、ビル隣接地に市立図書館の分館を設置するとの市条例の改正案を可決した。

風営法などは図書館から50メートル未満でのパチンコ店の営業を禁じており、同社側は出店を断念した。

訴訟で同市側は「図書館設置は市民の要望に応えたもので、パチンコ店の出店阻止の意図はない」と主張したが、判決は「議会で出店阻止が議論され、市も顧問弁護士らに出店阻止の法的問題を相談していた」と指摘。「市の手法は社会的相当性を逸脱している」として、出店していれば得られた利益などを基に同社側の損害額を算出した。


d0010128_18383364.jpg


東京地裁はパチンコと図書館とどちらが住人の為になると考えているんだ?

そりゃあパチンコなんだろうな。志田原信三とかいうアホな裁判長はパチンコの方が大事なんだろうな。パチンコ屋は警察だけでなく、地裁ともズブズブなのか?

それでパチンコ屋に3億3400万もの金を払えとは笑止千万。

パチンコ屋の三店方式は完全に違法だろボケ!それをふまえて判決を出しやがれ。

どうしてこうもあほな裁判官が日本にはゴロゴロいるんだろうな。マスゴミもこんなふざけたニュースをきちんと取り上げて、お得意のインタビューでもしてみろよ。

この国から違法ギャンブルパチンコを撲滅しろ。朝鮮玉入れなど日本には必要無い。


d0010128_18473927.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2013-07-19 18:48 | パチンコ