カテゴリ:靖国神社( 6 )

終戦記念日に参拝してくれ。それとクソマスゴミの報道は相変わらずのクソっぷりだな。反吐が出る


【靖国参拝】中国「断固とした反対」、韓国「慨嘆を禁じ得ない」

稲田朋美防衛相が靖国神社を参拝したことについて、中国外務省の華春瑩報道官は29日の定例会見で、「断固とした反対を表明する」と述べ、日本政府に抗議する考えを明らかにした。

 華氏は、安倍晋三首相ともに真珠湾を訪問した稲田氏が、時を置かずに「第二次大戦のA級戦犯をまつり、日本の侵略の歴史を美化する靖国神社」に参拝したとして、「『和解の旅』への大いなる皮肉だ」と批判した。

 一方、韓国外務省は29日、「日本の責任ある政治家が、過去の植民侵奪と侵略戦争を美化し戦争犯罪者を合祀した靖国神社を参拝したことについて、慨嘆を禁じ得ない」と批判する報道官論評を発表した。同省の鄭炳元(チョン・ビョンウォン)東北アジア局長は、在韓日本大使館の丸山浩平総務公使を呼び、抗議した。


d0010128_344084.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-12-30 03:45 | 靖国神社

辻本は相変わらず下衆女。こんな下衆女に泣かされるとは笑止。泣くぐらいなら今すぐ靖国に参拝して来い!

d0010128_2023081.jpg


稲田朋美防衛相が涙ぐむ 民進・辻元清美氏に「戦没者追悼式欠席は言行不一致」と追及され…言葉詰まる

衆院予算委員会で30日、稲田朋美防衛相が民進党の辻元清美氏の追及に涙ぐむ一幕があった。

 辻元氏は、稲田氏が8月中旬に自衛隊部隊の活動視察でアフリカ東部ジブチを訪問していたため、防衛相として8月15日の全国戦没者追悼式に出席しなかったことと、例年行っている靖国神社参拝を見送ったことを問題視した。

 辻元氏は「あなたは『自国のために命をささげた方に感謝の心を表すことのできない国家であっては防衛は成り立ちません』と言っている。言行不一致ではないか」と迫った。

 稲田氏が追悼式欠席について「大変残念だった」と答弁すると、辻元氏はさらに「あなたの『戦争でなくなった方々へ心をささげる』というのは、その程度だったのかと思われかねない」とたたみかけた。

 すると稲田氏は目に涙をためながら「今までの私の発言…、読み上げられた通り」と言葉を詰まらせ、「今回本当に残念なことに出席できなかったが、指摘は指摘として受け止めたい」と答えるのが精いっぱいだった。


d0010128_20284722.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-09-30 20:29 | 靖国神社

海外の自衛隊の視察はいつでもできるだろ。アフリカのジブチ?終戦記念日に行く所じゃねえよ

d0010128_2216395.jpg


稲田防衛相 あすからジブチの海自視察 16日までの日程

防衛省は、稲田防衛大臣が就任後、初めての外国訪問として13日から4日間の日程で、ソマリア沖の海賊対策のために派遣されている海上自衛隊の部隊を視察するため、アフリカのジブチを訪れると発表しました。

防衛省によりますと、稲田防衛大臣は13日から16日までの4日間の日程で、ソマリア沖の海賊対策のために派遣されている海上自衛隊の部隊を視察するため、アフリカのジブチを訪問します。

稲田大臣の外国訪問は、就任後、初めてで、ジブチにある自衛隊の活動拠点を訪れるほか、哨戒機に搭乗して、監視活動を行っている海域を視察するということです。

稲田大臣は、例年、終戦の日の8月15日に靖国神社に参拝していますが、ことしは外国訪問中に終戦の日を迎えることになります。

稲田大臣は、石川県小松市で、記者団が「15日が近づいているが、大臣の参拝の予定はいかがか」と質問したのに対し、「靖国の問題というのは心の問題であって、私自身としては、安倍内閣の一員として、適切に判断していきたいと思っている」と述べました。



d0010128_22165171.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-08-12 22:18 | 靖国神社

12月31日




靖国神社で火災 放火したとみられる男の身柄確保、事情聴く

31日夕方、東京・千代田区の靖国神社で火災が起きた。警視庁は、放火したとみられる男の身柄を確保して、事情を聴いている。

午後5時ごろ、千代田区九段北の靖国神社から出火したとの通報があった。 東京消防庁が駆けつけ、消火活動を行うとともに、警視庁が、放火したとみられる男を確保したという。

警視庁は、20代とみられる男から、出火の状況などを聴いている




d0010128_18422635.jpg

d0010128_18435952.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2014-12-31 18:44 | 靖国神社

10月19日

安倍首相「痛恨の極み、今も変わらぬ」=靖国参拝に意欲

d0010128_1745648.jpg安倍晋三首相は19日午後、自身の靖国神社参拝について「第1次安倍政権で任期中に参拝できなかったことは痛恨の極みだと申し上げた。その気持ちは今も変わりがない」と述べた。

17~20日の秋季例大祭に合わせた参拝は、既に見送る意向を固めているが、首相在任中の参拝に改めて意欲を示した。

首相は「国のために戦い、倒れた方々に、手を合わせ、尊崇の念を表し、ご冥福をお祈りする。(国の)リーダーとしてそういう気持ちを表すのは当然のことだろう」と強調した。視察先の福島県南相馬市で記者団の質問に答えた。


何を今更こんな事を言ってるのか理解に苦しむ。

今行かなければ何年経ったって行ける筈が無い。それが分かっていてこんな事言いやがるから胸糞が悪くなる。

最初から行く気が無いのにこんな事ばかり言ってんじゃねえぞ。またどうせ痛恨の極み第二段が出るだけだろ。もう黙ってろ。こんな寝言聞きたくも無い。

何とも情けない首相ではあるが、外務省が竹島と尖閣に関しての動画を公開した。まあこれは良しとしたいが、ナレーションがダメだ。

「平和的な方法で解決」なんて言っているが、武力で奪われた領土が話し合いで解決する筈が無い。武力で奪われたものは、それ以上の武力で奪い返すのみ。

チョンは敵国である。そんな敵国に何の配慮も必要ない。それが何故分からんのか不思議である。


竹島に関する動画

尖閣諸島に関する動画
[PR]
by tokyoneocity | 2013-10-19 17:55 | 靖国神社

10月6日

今年初めて靖国に参拝の議員になぜ昨年は見送ったか問うべき

d0010128_16591267.jpg今年の終戦記念日は、安倍晋三首相は靖国神社の参拝を見送ったが、閣僚3人が予定通りに参拝を行なったことで、やはり中国や韓国から反発の声が上がった。安倍首相には本当に戦没者への「尊崇の念」があるのか。作家の落合信彦氏が解説する。


日本の政治家の靖國参拝に対して中国や韓国が怒りの声をあげるのはまったくもって筋違いだ。戦没者をどう弔っていくかは純粋な国内問題であり、隣国から横槍を入れられる類の話ではない。

だから参拝することは自由だと思うが、残念なのは安倍を含む“参拝派”たちが中韓と同じ土俵で争っているようにしか見えないことだ。

子供が言いがかりをつけるような議論にいちいち応じる必要などない。もし自分の信念で参拝したいと思うのであれば、何も言わずに静かに参拝して手を合わせればいい。それだけのことだ。

それなのに、安倍はわざわざ昨年の自民党総裁選の記者会見などで、

「第一次安倍内閣(2006~2007年)において参拝できなかったのは痛恨の極みだ」

と表明した。これは中韓のような品位を欠く国家が相手であれば挑発行為になる。国に命を捧げた者たちに穏やかな気持ちで祈りを捧げたいと思うならば、こんな言葉は必要ない。

結局、安倍は参拝を匂わせることで、自らの支持基盤である保守層の人気を強固なものにしようとしたのだろう。政治的な打算に過ぎない。

安倍は戦没者への「尊崇の念」という言葉をよく使う。だが、自分で煽った挙げ句に当日は参拝せず逃げ出すのだから、そこには尊崇の念のかけらも感じられない。

安倍の強硬発言に右翼が盛り上がり、左翼が大声で反論をがなり立てていることを考えれば、安倍の煽りはむしろ、死者に鞭打つ卑怯な行為にさえなる。

総理大臣だけではない。保守系のメディアはこぞって「靖國を参拝する国会議員が増えた」というニュースをさも喜ばしいことのように報じた。昨年の倍の約100人が参拝したという。

しかし、おかしいではないか。本当に戦没者への「尊崇の念」を持つ国会議員であれば、毎年参拝に行くのが自然だ。

結局、参院選などの結果から安倍のような保守路線が人気があると判断し、参拝する者が増えただけである。本来であればメディアは、今年から参拝を始めた議員に「なぜ昨年は行かなかったのか」と問うべきだろう。




今月の17日から20日まで靖国神社の秋季例大祭が行われる。まあ終戦記念日に参拝しなかった腰抜けが、秋季例大祭に参拝できるとは到底思えん。

まあ別に特亜に媚びて参拝しなければそれでいい。だが出来もしない事を選挙前にあたかも出来るように言うのは止めろ。これは腐れ民主党で散々懲りているんだからな。

痛恨の極み?尊崇の念?笑わせるな。口だけ保守はもう沢山だ。

もう靖国参拝を外交カードにしているのは日本側だと言う事を忘れるな。

d0010128_1795352.jpg

d0010128_1710663.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2013-10-06 17:10 | 靖国神社