カテゴリ:都知事( 52 )

豊洲移転を先送りにしている理由は何だ?考え方が腐れ民進や共産党と同じ。完全に化けの皮が剥がれたな

小池知事、「決断できない」批判にブチ切れ 「これほど決めてきた知事はいない!」

「これほど決めてきた知事はいないんじゃないでしょうか!」

 東京都の小池百合子知事が2017年5月19日の定例会見で、一部から出ている「決断できない知事」との批判を一喝した。豊洲移転を決めた「前任者」への皮肉も織り交ぜつつ、自らへの批判に真っ向から反論した。

■記者会見で机をドン!

 いまだに結論が出ない築地市場の豊洲移転問題に、2020年東京五輪・パラリンピックの費用負担をめぐるドタバタ。こうした点を引き合いに、小池氏を「決断できない知事」だと批判する動きが、都議会自民党の所属議員を中心に広がっていた。

 5月19日の定例会見で小池氏は、記者から「決断できない」との批判についてどう感じるかと問われると、

  「これほど決めてきた知事はいないんじゃないでしょうか!自らのことを決め、そしてスパンと決められるものは決めてきた」

と机を両手でドンと叩きながら一喝。続けて、「例えば豊洲の問題などは中途半端に決めたから私は立ち止まった」として、

  「早く早くと言っている人たちは、何か都合が悪い人たちなんじゃないかと思います。もちろん早いに越したことはありませんが、拙速という言葉もございますので」

と皮肉っぽく述べた。

 その上で、「余計なことかもしれませんが...」として、都が新しい視察船として約20億円の豪華クルーザーを発注したことに批判が出ている点にも言及。「改めて見直しをしている最中です」と明かした上で、

  「(視察船は)セレブばかりが乗る船だという風に喧伝されているけれども、都民も毎年1万2000人乗っています。それで、(今回の批判を受けて)あの船に乗りたいという人が殺到していまして、むしろ、クローズアップされているんです」

と笑っていた。

 なお、今回の小池氏の「反論」について、ツイッターやネット掲示板では、

  「えええ? 『自らのことも決め?』 離党できずにいるのに?」
  「お言葉ですが……。。なにを、決めたのかな?」

といった意見が出ている一方で、

  「じゃあ決められる知事って誰?メディアが勝手に結論を急かしてるだけじゃない?」

といった反応も見られる。


d0010128_21595257.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2017-05-20 22:01 | 都知事

まともな候補者なら愚民ファーストには行かない。豊洲移転が都議選の焦点とは恐れ入る

7月都議選 小池vs自民のスキャンダル泥仕合開始

7月都議選まで2か月を切り、小池百合子・都知事率いる新党「都民ファーストの会」と自民党のバトルが本格化しつつある。ただ、ヒートアップしているのは政策論ではない--。都議選で劣勢が伝えられる自民党がなりふり構わぬ猛攻勢をかけている。

 「エッ、寝返ったのか」

 都民ファーストの会に衝撃を与えたのが“看板候補”となるはずだった中村彩氏(27)の引き抜きだ。

 慶応大学大学院から日本取引所グループ(JPX)に進んだキャリアウーマン。小池百合子政経塾「希望の塾」に参加して都議選候補者養成コースに選抜され、「小池アマゾネス軍団の1人」としてメディアで注目されていた人物だ。

 そんな彼女が、あろうことか小池氏の宿敵である“都議会のドン”内田茂・都議の後継者として自民党の公認を受けたのだ「都民ファーストの会は最初は私利私欲の部分がなかったはずなのに、どんどん候補者が決まるたびにそういう人たちが集まっている現状にすごくがっかりした」

 
中村氏はTBSニュース『Nスタ』に登場して小池新党批判を展開し、内田氏を「思っているよりもすごくいい人」と持ち上げるなど、いまや“自民党の秘密兵器”といわれる。

8日には、自民党本部で中村氏と安倍首相との選挙ポスター用“2ショット写真”も撮影された。あまりの手際のよさに、「最初から自民党が政治塾に送り込んだトロイの木馬だったんじゃないか」と小池側近は歯ぎしりしている。

 もっとも、自民党都議にいわせると「引き抜きは小池新党の方が先じゃないか」らしい。

自民党東京都連会長の下村博文・代議士の元公設秘書、平慶翔氏(29)が都民ファーストから出馬するからだ。サッカー日本代表・長友佑都氏と結婚した「アモーレ」こと女優・平愛梨の実弟でもある。

 その平氏には“スキャンダル爆弾”が炸裂。『週刊新潮』(4月13日号)で下村氏の秘書時代に「カネがらみの不祥事」で事務所を解雇された疑惑が報じられたのだ(本人は否定)。爆弾はこれだけではない。自民党は小池氏の周辺にターゲットを絞っている。

 「小池知事にもっと近い人物にも、カネがらみの不祥事が取りざたされており、マスコミが取材に動いている。都議選前に記事が出るんじゃないか」と都連関係者は不敵な笑みを浮かべる。

 都議選最大の争点である築地市場の豊洲移転問題では文字通りの「泥仕合」が演じられている。豊洲の土壌汚染で移転に慎重姿勢を取る小池知事に対し、自民党は逆に「築地の汚染」を追及。

都議会で築地市場に出没するネズミの写真をパネルに掲げて衛生状態を問題にしたり、築地には戦後、進駐軍のクリーニング工場が置かれて敷地内で大量の有機溶剤「ソルベント」が使われていた可能性が強いとも指摘した。その後都は大型連休中に土壌調査を始めた。

 「都民の台所」の場所を決めるのに、築地と豊洲の“どっちが汚いか”を争っているのだから、聞かされる方はげんなりである。



d0010128_2344872.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2017-05-15 23:47 | 都知事

立派な豊洲市場はいつになったら使えるんだ?移転できない理由は無いと思うがな

d0010128_22174169.jpg


築地市場の土壌調査でベンゼン検出

東京都が築地市場で行っている土壌調査で採取したガスから有害物質のベンゼンが検出されたことがわかりました。
 
東京都は先月から築地市場の111地点で土壌ガスを採取し、汚染調査を行っていますが、水産卸売場の建物の近くの1か所で採取したガスから0.16volppmのベンゼンが検出されたということです。
 
この数値は都が環境確保条例で定めた定量下限値という値を超えているため、最大10メートルの深さまで土壌を調べるボーリング調査を行う必要があるということです。都は「なるべく速やかに実施したい」としたいとしています。
 
築地市場の土壌をめぐっては、2013年に行われた調査で市場の一部から環境基準の2.4倍のヒ素などが検出されたことがわかっていて、調査の結果は小池都知事の市場移転の判断にも影響を与えることになりそうです。

d0010128_22175524.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2017-05-11 22:22 | 都知事

だんだんと本心が見えてきたな。舛添を追求すると言っていたがどうなったんだ?同じ穴の狢だな

d0010128_034544.jpg


世界のVIPを東京湾案内 小池知事が豪華クルーザーに20億円

〈契約金額 19億6235万8256円〉〈契約の相手方 AZIMUT-BENETTI〉──これは東京都が昨年12月に実施した「視察船」建造の入札記録である。「もったいない」を五輪コンセプトに掲げる小池百合子・東京都知事が、20億円もの税金をかけてVIP接待用の大型外洋クルーザーを建造していることはほとんど知られていない。

 受注したのはイタリアのアジムット-ベネッティ社。欧米のセレブや中東の王族などのクルーザーを多く手がける世界トップクラスの造船会社だ。

 図面によると、クルーザーは全長35メートル(約115フィート)でデッキは3層。1階(上甲板)は22人掛けの大テーブルが置かれた同時通訳ブース付きの会議室(窓際にも座席31席)、エレベーターで2階に上がるとパントリー(小さなキッチン)と10人掛けのダイニング、広い応接室があり、3階は展望デッキとなっている。セレブたちがシャンパン片手に船上パーティを開く、豪華クルーザーそのものだ。

 ヨットが趣味の石原慎太郎・元知事ならいざ知らず、その石原都政のカネ遣いを叩き、五輪経費の削減にも力を入れる小池知事が、なぜ、こんな船の建造を認めたのだろうか。建造に至る経緯を辿ると、計画がいかに都民無視で進められてきたかが分かる。

 計画されたのは公私混同問題で失脚した舛添要一・前知事時代の2015年。舛添氏は「来客を迎えるのに民間の施設では格が下がる」と五輪に合わせて浜離宮庭園に、約40億円でVIP迎賓施設「延遼(えんりょう)館」(明治期の迎賓館)を再建することを決定し、来賓を羽田空港から延遼館までクルーザーで送迎することを検討。都港湾局が保有する視察船「新東京丸」が老朽していることから、代替の名目でクルーザー建造が持ち上がった。迎賓館建設も、豪華クルーザーの建造も、いかにも舛添氏らしい発想だ。

 だが、その舛添氏が辞任し、小池氏が都知事に就任すると風向きが大きく変わったように見えた。小池氏は都の五輪予算に大ナタを振るい、延遼館の建設を凍結した。

 にもかかわらず、クルーザーの建造は計画通り続行されたのである。クルーザーの入札が行なわれた昨年12月といえば、小池氏が打ち出した五輪ボート会場の「海の森水上競技場」や水泳、バレーボールなど3施設の新設見直し問題で森喜朗・五輪組織委員会会長らと揉めていた時期に当たる。

 会場移転により新設費用の節約を目指した小池氏だが、ボート競技や水泳競技の会場移転断念に追い込まれ、残ったバレーボール会場も、当初案通りに東京・有明アリーナの新設で決着したのが昨年12月16日。その3日後にクルーザーの入札が行なわれていた。

「400億円の削減につながった」──会場移転に失敗した小池氏は、見直し議論で五輪施設の整備費用を節約できたと強調した。しかし、その陰で豪華クルーザー建造にゴーサインを出していたのは、五輪費用節約を期待する都民への“裏切り”ではないか。

 第一、五輪の来賓をもてなす迎賓館は建設しないのに、迎賓館まで来客を運ぶクルーザーだけ建造するというのだから、これほど「もったいない」税金の使い途はない。


d0010128_0395054.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2017-05-09 00:41 | 都知事

国民が騙されて民主党が政権を取った時に似ている。共産や民進党の隠れ蓑か。これが小池百合子の本性だ。

d0010128_12583414.jpg


小池塾の左傾化警戒 塾生からは不満の声、都議選「“偽装保守”議員出るのでは」

東京都議選(7月2日投開票)や、今後の国政進出を視野に小池百合子都知事が立ち上げた政治塾「希望の塾」に異変が生じている。保守政治家としての小池氏に期待して入門した塾生の一部からは「塾が左派系にシフトしている」と不満の声が出ているというのだ。小池氏が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」が民進党からの離党者や左派系の候補者擁立を模索していることにも警戒感が広がっている。

 「小池さんの政治手腕を見極めたいとの思いで受講を決めたが、入ってみると、塾生は革新系の思想を持つ40~50代がとても多くて驚いた」

 「希望の塾」を受講する20代男性はこう打ち明ける。

 塾生同士の交流の場として立ち上げられたフェイスブックでは、「男女の塾生同士が低俗な話題で炎上していることもある。保守系の考えを持つ人が発言すると浮いた存在になりかねないので、関わらないようにしている」と男性。こうした塾の雰囲気を嫌って、塾生になったものの、講義をボイコットする人は多いという。

 都議選に向けた動きも不信感を増幅させている。都民ファーストの会は単独過半数(定数127)を目指し、決起大会を開く6月1日までに60人超の公認候補を決定する方針だ。塾生からも候補者が選出され、「都議選対策講座を受ける者が対象になるとされるが、選ばれるのは民進党系の人材が多いともいわれている」(前出の男性)。

実際、その「兆候」は現われている。民進党では小池氏との連携を模索した“離党ドミノ”が止まらない状況で、すでに民進党公認候補36人のうち、離党届を提出したのは13人、公認されていない都議を合わせると計15人に上る。

 25日に離党届を提出した酒井大史都議は、都民ファーストの会との連携について問われると「私の経験を欲してくれる人がいるなら応じていきたい」などと説明。同じく離党を決めた菅原直志・日野市議(日野市選挙区から出馬予定)は「希望の塾」の都議選対策講座を受講していたことを明かし、「何らかの連携をとりたい」と秋波を送った。

 都民ファーストの会は今後、民進党離党組を選別して公認・推薦するとされているが、連携はそれだけにとどまらない。

 同会はすでに、地域政党「東京・生活者ネットワーク」との選挙協力でも合意している。

 合意書では、情報公開や再生可能エネルギーの利用促進などの実現で努力するとされており、小池氏は「(生活者)ネットは地域に根ざして生活者目線で活動を続けてきた。都民ファーストの都政と重なる部分が多く、私の政策を理解してくれる方が議員になるのは心強い」と述べている。ただ、生活者ネットのウェブサイトをみると、「辺野古新基地建設の強行を許さない」「話し合うことが罪になる共謀罪法案の廃案を求める」などの主張があり、保守系の塾生にとっては“左旋回”と映るようだ。

都民ファーストの会はすでに公明党と候補者を相互推薦する選挙協力を発表したほか、民進党の支持組織の連合東京とも政策合意を結んでいる。

 自民党から距離を置き、都議会での主導権を握りたい意向がにじむが、こうした協力態勢が政策遂行に吉と出るか凶と出るかは未知数だ。

 「民進党系の人々と組んで選挙を戦うことは小池さんのこれまでの主義主張を捨てることにつながるのではないか。『東京大改革』も掲げているが、政策を前に進めるためには大阪の改革で実績を持つ日本維新の会や、政権政党の自民党の経験値は必ず必要になるはず。都議選で保守を装った議員が次々に当選を果たせば、深刻な影響が出てくるのではないかと不安でならない」

 前出の塾生は今、暗澹とした気持ちでいる。


d0010128_1259254.jpg
d0010128_12594631.png

d0010128_1954696.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2017-04-30 13:02 | 都知事

どこかのボンクラ総理大臣とは大違いだ。小池知事がどこまでやれるのか期待いたしましょう

小池百合子都知事、朝鮮大学校認可取り消し視野 美濃部亮吉氏が政府無視、強引に認可

9月2日、都知事の小池百合子は執務室に籠もり、拉致問題に関する政策を幹部から聴取中に突然、こう言い放った。

 「拉致問題はしっかりやる。どうしたらよいか考えてほしい」

 小池の言動に押された幹部の説明がほころびを見せ始める。議論の過程で朝鮮大学校を含めた朝鮮学校が朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)の強い影響下にあると結論づけた平成25年の都調査報告書が、ホームページ(HP)からいつの間にか削除されていたことが明らかになったのだ。気色ばんだ小池が再掲載を指示。すぐに朝鮮学校の問題点を含めた報告書がHPにアップされた。即断即決だった。

 小池がこの問題に強い関心を抱くのは、国会議員時代に拉致議連副会長を務めて知見があったからだけではない。自身が冒頭解散をちらつかせた都議会との対決構図を浮き彫りにできる論点になると踏んだからだ。

 小池は知事就任にあたり、24年に都議会で都による朝大認可の見直しを求めて名を売った元都議、野田数(かずさ)を真っ先に最側近の特別秘書に据えた。野田はかつて産経新聞の取材に「朝鮮学校問題を議会で取り上げる際に自民党幹部から『こんな質問をするな』とものすごいけんまくで取り下げを求められた」と証言している。認可見直しが小池の視野にあるのは間違いない。


d0010128_23164090.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-09-20 23:18 | 都知事

次々に問題続出だな。いや関係者やマスゴミは知っていたんだろ。最初からやり直しだな

コバエや蚊だらけに? 豊洲新市場「海水使用禁止」の弊害

「店舗が狭すぎてマグロが切れない」「水槽が重すぎて床が抜ける」――。東京・築地市場の移転先である豊洲新市場に、続々と“欠陥”が発覚している。

 大手メディアもこの問題を連日取り上げるようになり、大炎上寸前。11月7日に開場を控え、さらなる“痛恨のミス”が明らかになった。海水魚を取り扱う市場でナント、「海水」が使えないのだという。築地の仲卸で働く中澤誠氏(東京中央市場労組執行委員長)はこう言う。

「昨年夏ごろ、都から店舗のレイアウト案を提出するよう要請された際、『海水は床に流さないで下さい』と唐突に言われ、ビックリしました。真水ならOKらしいのですが、それだとちょっとした水たまりにボウフラやコバエの幼虫が湧いてしまう。築地では海水で床掃除をしているので、コバエや蚊はほとんど湧きません。海水ではボウフラは育ちませんからね。別の仲卸の仲間たちも『真水じゃ掃除ができない』と怒ってましたよ」

真水で床を磨くほど、魚にコバエがたかるというのでは、世界に誇る“フィッシュマーケット”も形無しだ。海水が使えないデメリットはまだある。

「私たちは、活魚と海水を入れた大型の水槽をターレーに積んで市場内を行ったり来たりするのですが、坂やカーブで必ず海水がこぼれます。一度、築地で“実験”したところ、1往復で100リットルはこぼれます。これは真水で代用できるわけがありません。『床に流すな』という注文はムリ。それに、海水が使えないんじゃ水道からじゃぶじゃぶ水を出すしかない。水道代がいくらになるのか、考えただけで頭が痛いですよ」(中澤氏)

 実際に新市場へ赴くと、建物工事はほぼ終わっていた。巨大なオフィスビル然とした建物内で海水を流しては、床がボロボロになってしまうのかもしれないが、そんな施設で魚は扱えっこない。総事業費5800億円は泡と消えるのか。



d0010128_20332094.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-09-19 20:34 | 都知事

もう更地にしてやり直しだな。予算はオリンピックを中止にすればいい。関係者は責任取れよ

d0010128_23343516.jpg


なぜ「地下空間」? 深まるナゾ 豊洲「盛り土」問題 専門家からは疑問の声

東京・築地市場(中央区)の移転先となる豊洲新市場(江東区)の主要建物下で、土壌汚染対策で実施されるはずだった「盛り土」が行われていなかった問題が波紋を広げている。専門家会議が盛り土を提言していたにも関わらず、都はなぜ独断で工法変更をしたのか。

 「なぜ、いつ、誰が専門家会議の提言から逸脱し『盛り土を行わない』ことを決めたのか」

 12日、都庁で会見した日本共産党都議団の尾崎あや子都議は湧き出る疑問を次々と口にし、都側に事実の公表を求めた。

 7日に行った豊洲市場への現地調査では、水産卸売場棟の床下に深さ約5メートルの地下空間が広がっていることを確認。砕石層の上に薄いコンクリートを敷いただけという底面には、地下から染み出したとみられる約1・2センチの水がたまっていた。 地下空間を作った理由について都の担当者に問うと「排水管の(流れをよくする)勾配のため、メンテナンスのためなどの説明が返ってきた」(尾崎都議)という。

 一方、専門家の中からは「配管であれば深さ1メートルもあれば足りる」「メンテナンスをするには5メートルは深すぎる」との疑問の声も上がる。では、何のための空間なのか。

 建築エコノミストの森山高至氏は地下空間が生み出されたのは「モニタリングのためだったのではないか」とみる。

豊洲市場は11月7日の開場を予定していたが、地下水のモニタリングの最終結果が出るのは来年1月。モニタリングをしながら工事を進めていくため、地下空間が作られた可能性があるという。

 都は地下空間の安全性について、主要建物の床はいずれも厚さ35~45センチのコンクリート製で、土壌汚染対策法の安全基準は満たしているとの立場でいる。

 だが、元日本環境学会会長の畑明郎(はた・あきお)氏(環境政策論)は工程変更がもたらす問題点についてこう語る。

 「豊洲市場は工場跡地だが、もともとは埋め立て地。建設前から液状化が想定されていた。だからこそ、専門家会議は盛り土で地下水を抑えるとしたわけだが、その前提が崩れた。地下空間にたまっていたのは、発がん性があるベンゼンなどの汚染物質を含む地下水である可能性が高い。ベンゼンは揮発しやすく、階段や少しの隙間から簡単に建物内へ入り込む。人が吸い込めば頭痛やめまいなど深刻な健康被害を引き起こす恐れもある。地下にたまった水の質、空気の汚染度合いについて早急の調査が必要だ」

 移転の再延期や中止の検討も視野に入ってきた豊洲市場。地下空間を作るに至った過程の徹底した検証が必要だ。


d0010128_23371615.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-09-14 23:41 | 都知事

こんな事が今までばれなかった方が不思議。談合に関わっている奴は全員クビだな

d0010128_21435756.jpg


豊洲盛り土問題 空洞に地下水漏出か 築地移転判断ずれ込みも

築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)で、都が土壌汚染対策に実施したとしていた4・5メートルの盛り土が一部行われていなかった問題で、食品を扱う主要施設の地下空洞に地下水がしみ出している恐れがあることが10日、都幹部への取材で分かった。専門家会議が提言した盛り土を行わないまま、施設を建設した影響とみられ、都で汚染の有無などを調べ対策を検討する。

 一方、小池百合子都知事は同日、都庁で記者会見し、盛り土をしなかった範囲が、水産卸売場棟など主要施設全域に及ぶことを明らかにし、調査チームを立ち上げて経緯などを検証する方針を示した。都側は安全上の問題はないとしているが、小池氏は専門家会議を改めて設置し安全性を確認するとした。

 小池氏はすでに、豊洲での地下水モニタリング調査の結果が出ていないことなどを理由に築地の移転延期を表明している。新たな問題の浮上で、移転計画に対する判断がさらにずれ込む可能性も出てきた。

 小池氏は会見で、都が公開している資料で、盛り土の上に市場施設を建てたとしていることについて「すべて盛り土をしているというのは正しくない。訂正させてもらう」と述べた。その上で、「正しい情報公開がされてこなかった。当時の担当者にも話を聞きたい」と述べ、経緯などを調べる方針を明らかにした。

 豊洲市場は東京ガスの工場跡地に整備。ベンゼンなどの有害物質による土壌や地下水の汚染が確認されたため、都は平成23年8月から約850億円かけて土壌汚染対策を実施した。対策については、専門家会議の提言を受け、約40ヘクタールの敷地内の表土を約2メートル削って汚染を除去した上できれいな土を搬入し、4・5メートル分の盛り土を行うと都議会やホームページなどで説明していた。

 だが、都によると、食品を扱う水産卸売場棟▽水産仲卸売場棟▽青果棟-など主要な5棟については建築設計を行う際、配管などを通すため床下に約4・5メートルの地下空間を設ける必要が生じたため、実際には土壌を除去しただけで、盛り土は実施しなかったという。

 都は5棟の床下に厚さ35~45センチのコンクリート層を設けたことなどを理由に「安全上の問題はない」としているが、汚染対策の専門家への意見聴取などはしていなかった。


d0010128_21235376.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-09-12 21:25 | 都知事

老害の私利私欲のオリンピックだな。さて炙り出された本人のコメントはまだかね

“都議会のドン” 五輪施設受注企業に娘婿を就職させていた

“都議会のドン”といわれる内田茂都議(77)が役員を務める電気設備会社に、娘婿の就職を依頼していたことがわかった。

 この会社は、内田氏の地元・千代田区に本社を置く東光電気工事。内田氏は落選中だった2010年から同社の監査役に就任。内田氏の所得等報告書、元役員の証言を総合すると毎年数百万円の役員報酬を受けているとみられる。

 東光電気工事は、大手建設会社とジョイントベンチャー(JV)を組み、今年1月、バレーボール会場の「有明アリーナ」(落札額360億2880万円)、水泳会場の「オリンピックアクアティクスセンター」(469億8000万円)の施設工事を落札している。また、築地市場移転に伴う豊洲新市場、都議会議事堂などの都発注の電気工事も受注。同社の売上高は、内田氏が復活当選する2013年までは700億円前後だったが、2014年には約1000億円へと急成長している。

 さらに、東光関係者は次のように証言した。

「娘さんの夫は、今から10年近く前、内田さんが社長に『面倒を見てくれないか』と相談し、入社することになりました」

 東光電気工事は「(娘婿の勤務については)弊社の役職員の情報は公表しておりませんので、ご了承下さい」とし、内田氏の事務所も「親族に関することは回答しておりません」と回答した。

 神戸学院大の上脇博之教授はこう指摘する。

「内田氏は、娘婿の就職を依頼し、落選中には監査役に就任させてもらった。つまり、東光には“借り”があることになります。一方で、東光は都の工事を次々受注している。内田氏がその借りを返そうとしたのでは、と疑念を持たれても仕方がありません。特に、五輪関係の事業には巨額の税金が投入される。内田氏には説明責任が求められます」

 有明アリーナとオリンピックアクアティクスセンターは、当初の見込みから約600億円整備費が膨らんでおり、小池百合子知事が立ち上げる「都政改革本部」の検査対象になると見られている。「週刊文春」9月1日発売号では、膨らむ五輪予算と内田氏の関係について詳報する。


d0010128_22262418.jpg

d0010128_22562448.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2016-09-01 22:28 | 都知事