カテゴリ:アジア( 2 )

日本には何の関係の無い話なんだから、日本を出すのは金輪際やめてくれよ

d0010128_1914782.jpg


中国の変わり身の早さは世界最速ーインドネシア高速鉄道起工式から明日で2カ月、工事開始はまだ

2016年3月19日、インドネシアの高速鉄道の工事が未だに着工しない。1月21日にはジョコ大統領や中国の国務委員らが出席しての起工式が行われてから明日で2カ月になる。3月16日に事業契約書が手交され、インドネシア政府の負担を求めない旨が、記載されたという。

月内の着工を目指しており、近日中に国土交通省が建設許可を出すとの見通しも伝えらている。2019年開業予定で昨年9月にインドネシア政府が中国に発注を決めたジャカルタ―バンドン間・約140Kmの高速鉄道は、最初からツマズキ通し。完成に漕ぎ着けることが出来るのか注目されている。

 二転三転は当たり前で中国の当初提案では、インドネシア政府に債務保証は求めず、インドネシア政府は、一切財政負担をしないとの内容だったが、途中からインドネシア政府の保証を求めてきた経緯もあった。一方、インドネシア政府は、中国に対して、ルートには活断層が3つあるため、地震対策を求め、早期地震検知警報システムの導入も必須要件としている。事業契約書の詳細は明らかにされておらず、契約書の効力についての不信感も強い。

 世界各地で、中国の場当たり的な対処営業に非難が集中している。ライバルの提案よりも数段画期的な好条件を笑顔で提示するものの、提案の根拠はなく、思い付きレベル。受注が決まると態度が豹変、高圧的で自信満々の姿に早変わりする。変わり身の早さは世界最速だ。

 起工式とは、何のセレモニーだったのかと疑問の声も上がり、ジャカルタの地下鉄工事のように信頼度の高い国(日本)に依頼すべきだったと、反省の声も聞こえる。


>反省の声も聞こえる
>反省の声も聞こえる
>反省の声も聞こえる


d0010128_1922548.png

[PR]
by tokyoneocity | 2016-03-20 19:04 | アジア

日本政府はしっかり見習えよ。これぐらいやるのが世界の常識だ

リンゴ箱に「釣魚島は中国のもの」 ベトナム税関が輸入禁止通達 中国のプロパガンダと判断

ベトナム東北部クアンニン省の税関当局は24日までに、中国からのリンゴの梱包箱に「釣魚島(尖閣諸島=沖縄県石垣市=の中国名)は中国のもの」と書かれていることを問題視し、輸入禁止の通達を出した。現地メディアが伝えた。

 当局の担当者は、商業活動に乗じた中国側のプロパガンダだとして、ベトナムの国内法にも国際法にも抵触すると指摘。さらに、日越関係にも悪影響を与えると説明している。

 文言は、梱包する段ボールに中国語と英語で表示され、中国の国旗も印刷されていた。9月下旬以降から流入し始め、警察が税関当局に通報。今月下旬に輸入禁止の通達が出された。

 現地メディアは、ベトナムが中国と領有権で対立する南シナ海の帰属問題でも、中国側が「混乱を狙った情報発信キャンペーン」を繰り返していると主張。南シナ海のほとんどを囲い込み「権益」を主張する「U字線」が描かれた地図や旅券などの中国の公的文書について「ベトナムが抗議してきた」と指摘している。


d0010128_16185374.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-10-25 16:24 | アジア