<   2015年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

犯人以外は皆実名。少年法を廃止せよ

詰めかける報道陣 川崎署周辺騒然 近所の男性「少年事件だから慎重に捜査」
 

川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村遼太さん(13)の遺体が見つかった殺人、死体遺棄事件は、発生から1週間となった27日、 神奈川県警川崎署捜査本部が、事件への関与が強まったとして、少年3人の逮捕状を請求したことで、重大局面を迎えた。
 
捜査本部が置かれている川崎署には早朝から、多数の報道陣が詰めかけ、周辺は騒然とした雰囲気となった。

近くに住む無職、小野寛之さん(77)は 「まったくひどい話。少年事件だから慎重に捜査をしていたのだと思う」と話した。

----------------------------------------------------------------------

ネットに“犯人情報”氾濫 専門家「名誉毀損で処罰も」
 
上村遼太さん殺害事件では発生直後から、インターネット掲示板などで、特定の少年やグループについて犯人視するさまざまな情報が飛び交った。 個人情報を含む書き込みもあり、専門家はネット上に氾濫(はんらん)する情報の取り扱いに警鐘を鳴らしている。

 少年法では、少年が将来更正することを妨げないため、本人の特定につながる記事や写真の新聞や出版物への掲載を禁じている。

今回はネット上での掲載だが、少年法に詳しい青山学院大法科大学院の新倉修教授(66)=刑事法=は「社会的な規範の中で、少年に対する扱いとして好ましくない」と指摘。

こうした行為に対し、少年法では罰則がないが、新倉教授は「厳密にいえば、刑法の名誉毀(き)損(そん)罪で処罰される可能性がある」と話す。




d0010128_16404860.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-02-28 16:41 | 腐れ外道

マスゴミが何処まで報道するか楽しみだ

d0010128_21163556.jpg

d0010128_21164921.jpg


川崎・中1殺害 不良グループリーダーの父「弁護士に聞いて」

川崎市立中1年の上村遼太君(13)が惨殺された事件。神奈川県警は上村君が加わっていた不良グループのメンバーからも事情を聴く方針らしいが、そもそもどんなグループだったのか。

「地元の中高生8人ぐらいの集まりで、学校にも行かず、ゲームセンターやホームセンター、公園などでたむろし、万引やカツアゲを繰り返していたそうです。リーダー格は18歳の市立高生Aで、上村君とは地元の公園でやっているストリートバスケットを通じて知り合った。上村君をパシリとしてコキ使っていたらしい。Aには、鉄パイプで中年男性を殴って鑑別所に入ったなんて噂もあった。上村君は怖くて逆らえなかったようです」(捜査事情通)

 知人ら関係者の証言によると、上村君が今年1月から不登校になったのも、「学校に行くな」という命令だったという。

 Aの高校の先輩はこう明かす。

Aは、高1の時に音楽部に入部してキーボードをやってたけど、部室の隅っこで薄ら笑いを浮かべる根暗なタイプで、友達も少なかった。アニメ好きで、『涼宮ハルヒ』なんかの話で盛り上がってたな。1カ月ほどで退部し、しばらくして学校でも見かけなくなった。酒とかたばこで停学になったなんて噂もあったね。なぜかAの元カノが『アイツとは関わらない方がいい』って気味悪がってたのを覚えてるな」

 上村君は事件前、友人に「グループを抜けたい」と伝えていた。そして「ヤバイ、殺されるかも」というメールを送った6日後の今月20日、遺体で発見された。

いずれにせよ、Aが何らかの事情を知っていることは、間違いないだろう。Aが両親と姉の4人で暮らす自宅を訪ねたら、母親はインターホン越しに「(Aは)今いないヨ」と片言の日本語で答えるのみ。家の中から出てきた若い女性は「『彼(A)は事件のあった時間に家にいた』と母親が言っています」と話していた。

 25日夜に帰宅した父親は、「今何時だと思ってるんだ!」と報道陣を叱責。「弁護士に頼んだから弁護士に聞いてくれ」と言って自宅に入った。

「10代前半も事件に関係している可能性があるため、神奈川県警はかなり慎重に捜査しています。一昨年の三重中3女子殺害事件でもそうでしたが、他の生徒の動揺を避けるため、来月の卒業式が終わってから加害少年を逮捕するのでは、という見方もあります」



d0010128_2117134.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-02-27 21:17

こいつら日本人?




[PR]
by tokyoneocity | 2015-02-25 20:19 | テロ

提訴しないなら最初から言うな!

政府、竹島の単独提訴見合わせ 韓国の実効支配で

 日本政府は韓国が島根県・竹島を実効支配している問題に関し、国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴を当面見合わせる構えだ。日韓国交正常化50年を迎えた今年、両国間の緊張を高めたとの印象を国際社会に与えないよう配慮する必要があると判断したためとみられる。複数の政府筋が23日、明らかにした。

 竹島問題での抑制対応を通じ、政府としては韓国から日韓関係修復に向けた前向き姿勢を引き出したい考えだ。ただ「将来的な提訴の可能性は排除していない。いつでも対処できる態勢を整えておく必要がある」(政府筋)との立場は維持しており、韓国の出方を引き続き注意深く見守る。




d0010128_20112964.jpg

d0010128_2014184.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-02-24 20:14 | 竹島

2月23日

元同級生に「殺されるかも」と相談

川崎市の河川敷で中学1年の男子生徒が殺害されているのが見つかった事件で、男子生徒が元同級生に対し「高校生のグループから目をつけられ朝から晩まで殴られた。殺されるかもしれない」などと話していたことが分かりました。

警察は男子生徒が何らかのトラブルに巻き込まれたとみて、交友関係を中心に捜査を進めています。

今月20日、川崎市川崎区の多摩川の河川敷で近くに住む中学1年生の上村遼太さん(13)が死亡しているのが見つかり、警察は遺体の状況から刃物で首を刺されるなどして殺害されたとみて捜査しています。

上村さんの元同級生によりますと、上村さんは先月初め、「一緒に遊んでいた高校生のグループから万引きをするよう指示されて断ったことが原因で目をつけられ、朝から晩まで殴られた」と話していたということです。

その後、今月中旬にインターネットのLINEでやり取りをした際には、上村さんは「高校生に反発したので殺されるかもしれない。家を知られているので帰れない」などと書き込んでいたということです。

警察によりますと、上村さんは事件のおよそ1か月前、顔にあざができるけがをしていました。

警察は、上村さんが何らかのトラブルに巻き込まれていたとみて、交友関係を中心に捜査を進めています。



d0010128_20262696.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-02-23 20:26 | 事件・事故

2月22日 パートⅡ

d0010128_2230395.jpg




陸自配備賛成が多数=沖縄・与那国の住民投票

日本最西端の島の沖縄県与那国町で22日、陸上自衛隊の沿岸監視部隊配備の是非を問う住民投票が行われ、即日開票の結果、賛成票が多数を占めた。結果に法的拘束力はないが、誘致を進めた外間守吉町長の方針を住民が「承認」する形となり、防衛省は計画通り2015年度中の配備を目指す。
 
投票結果は賛成票632、反対票445、無効票17。投票率は85.74%だった。
 
外間町長は同日夜、町役場で記者団の取材に応じ、部隊配備に協力していくかとの問いに、「そういうことだ。(沖縄)防衛局、防衛省を含めて話をしていきたい」と語った。井上一徳沖縄防衛局長は「引き続き丁寧に対応し、計画通りに部隊配置を進める」とのコメントを発表した。
 
与那国町への監視部隊の配備は南西諸島の防衛強化の一環。同町がある与那国島は尖閣諸島から約150キロの位置にあり、防衛省は監視部隊を通じ、航空機や船舶の動きを把握する狙いだ。隊員約150人と監視レーダーを配備する計画で、昨年春から工事が行われている。
 
選挙戦で賛成派は、部隊が配備されれば人口が増え、税収増や活性化につながると主張。反対派は、レーダーの電磁波による健康被害などを訴えた。 



d0010128_22313663.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-02-22 22:32 | 沖縄

2月22日

d0010128_11442225.jpg

d0010128_11444225.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-02-22 11:45 | 竹島

2月21日

NHK受信料、テレビない世帯も ネット拡大で検討

総務省はNHKの受信料制度の見直しに着手する。NHKのインターネットサービスの拡大を踏まえてテレビのない世帯からも料金を徴収する検討を始める。

パソコンなどネット端末を持つ世帯に納付義務を課す案のほか、テレビの有無にかかわらず全世帯から取る案も浮上している。

負担が増す国民の反発が予想され、NHKのネットサービス拡大が国民の利益につながるのか、慎重な議論が求められる。



>テレビのない世帯からも料金を徴収する

>テレビのない世帯からも料金を徴収する

>テレビのない世帯からも料金を徴収する




d0010128_19432428.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-02-21 19:44 | NHK

2月20日

韓国、通貨スワップ終了で関係悪化波及に懸念

 日本と韓国が、金融危機に備えて緊急時に外貨を融通し合う日韓通貨交換(スワップ)協定の終了を16日発表したことをめぐり、韓国では外貨保有額は十分で問題ないとの見方が大勢だが、両国関係の悪化が経済にも波及した形となったことに懸念の声も出ている。

 協定をめぐっては日本側が昨年10月、韓国から要請がなければ延長しない姿勢を示していた。金融政策に詳しい亜州大の朴盛彬教授は「要請すれば、韓国の通貨金融に不安があると自ら認めたと取られかねない」と解説。2012年の李明博大統領(当時)の竹島(韓国名・独島)上陸後、日本側が協定の交渉を表沙汰にして、韓国が要請しづらい状況をつくってきたと指摘する。

 韓国紙、韓国経済は社説で「自尊心にこだわった果てのむなしい結末」と両国の対応を批判した。



d0010128_21594485.jpg

d0010128_2214666.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-02-20 22:01 | クズチョン

2月19日

朝日新聞「慰安婦報道」原告団2万人超え 史上空前の集団訴訟に

朝日新聞の慰安婦報道で、「日本の国際的評価が低下し、国民の名誉を傷つけられた」として、上智大学の渡部昇一名誉教授(原告団長)ら約8700人が先月末、同社に対し、1人当たり1万円の慰謝料と謝罪広告を求める訴訟を東京地裁に起こしていたが、追加希望者が殺到して原告団が2万人を超えることが分かった。史上空前の集団訴訟に発展しそうだ。

 「朝日は昨年、30年以上放置した慰安婦問題の大誤報を認めたが、基本的な論調は変わっていない。朝日はまさに戦後レジーム(体制)の主人公といえる。裁判の原告になるという覚悟を持った希望者がこれだけ集まったのは、従来の保守運動の枠を超えて『朝日は反省していない。許せない』『日本を変えなければならない』という人々が多い証拠だ」

 原告団の1人で、慰安婦報道を徹底追及してきた拓殖大学の藤岡信勝客員教授はこう語る。

 関係者によると、先週末までに事務局「朝日新聞を糺す国民会議」に届いた訴訟委任状が計2万人を超えた。今月末以降、2次提訴に踏み切る予定という。原告には国会議員やジャーナリストも含まれている。

 原告側が問題としているのは、「慰安婦を強制連行した」とする吉田清治氏の証言に基づいた記事など13本。朝日新聞は昨年8月に吉田氏の証言を虚偽と判断、記事を取り消した。

 訴状によると、原告側は「日本の官憲が慰安婦を強制連行したという証拠はない」と主張。そのうえで、問題の記事は「『日本軍に組織的に強制連行された慰安婦』というねじ曲げられた歴史を国際社会に拡散させ、わが国が激しい非難を浴びる原因になった」と指摘している。



d0010128_20364288.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-02-19 20:38 | 朝日