<   2015年 12月 ( 48 )   > この月の画像一覧

日本の子供に嘘偽りの歴史を教えるな。教科書には売春婦だったと真実を書けばいいだろ

d0010128_12592796.jpg


教科書どうなる…岸田外相の軍関与言及で懸念浮上「記述の悪化招く恐れ」も

日韓外相会談で28日、「最終的かつ不可逆的に解決される」との認識で合意した慰安婦問題。日本国内の中学や高校の教科書にも慰安婦の記述はあるが、今後の書きぶりへの影響はあるのか。

識者は、今回の合意内容は従来の日本政府の立場を踏襲したもので、影響は限定的と指摘。その一方、岸田文雄外相が改めて「軍の関与」に言及したことで、むしろ記述内容が“悪化”する恐れがあるとの懸念も出ている。



d0010128_12594121.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-12-30 13:01 | 売国奴

岸田は話してない事も脳内変換で話した事になってるか?ほんとウンザリ。こんなアホはさっさと更迭しろ

慰安婦合意 記憶遺産不参加を否定 日本側認識に韓国「事実無根」


慰安婦問題の最終決着をうたった日韓の合意を受け、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に慰安婦問題の関連資料の登録を申請する動きに韓国が加わらないとの日本政府の認識について、韓国外務省報道官は29日の定例記者会見で、「事実無根」だと否定し、日本との間で合意した事実はないと強調した。合意に対する日韓の認識の齟齬(そご)が早々に露呈した形だ。

 報道官は、記憶遺産申請について「韓国内の民間団体が主導して進めている」と説明。ただ、この団体は政府から委託され活動している。

 岸田文雄外相は28日、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との共同記者発表後、記者団に記憶遺産申請について「今回の合意の趣旨に鑑み、韓国が加わることはないと認識している」と説明していた。



d0010128_11461440.jpg

d0010128_11462699.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-12-30 11:49 | 日本政府

今の日本政府はアメリカの属国となり、クズチョンの偽りの歴史にひれ伏したか。まさに売国日本政府なり




d0010128_14203571.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-12-29 14:24 | 日本政府

何も決まってないのに、金を払う約束だけをしたのか。なんたる売国行為。絶対に許せん愚行だ

日韓外相、質問なしで合意発表…文書作成見送り

岸田外相と尹炳世(ユンビョンセ)外相は28日の会談後、慰安婦問題の合意を並んで表明したが、会談の正式な合意文書はなく、記者からの質問も受け付けない異例の形式となった。

 日韓外交筋によると、合意文書の作成は、韓国国内の世論の動向を懸念する韓国側の要請で最終的に見送られた。これにより、外相2人の発言で会談の成果を確認することとなり、両外相とも手元の紙を時折見つつ、一言一句、慎重に発言していた。



d0010128_13354336.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-12-29 13:36 | 日本政府

こんな奴が教授で復帰?やっぱり多摩美は正真正銘の朴李大学だな

d0010128_21272951.jpg

d0010128_21461510.jpg


佐野研二郎氏、多摩美大で授業に復帰? ネットでは「説明を先にすべきだ」との声

五輪エンブレムを白紙撤回後に公の場に出ていないデザイナーの佐野研二郎氏(43)は、教授をしている多摩美大で2016年4月から再び授業を持つと一部で報じられている。しかし、ネット上で書き込まれているのは、批判や疑問ばかりだ。

「新しいエンブレムの選考が始まっておりますので、静かに見守りたいと考えております」。スポーツ報知の2015年12月28日付記事によると、佐野研二郎氏にメールで取材を申し込んだところ、広報担当の妻を通じて、最近こんな返信が来た。

2016年4月から講義の予定と報じられる

佐野氏は、9月の白紙撤回後、沈黙を続けており、マスコミ取材に「反応」したのは初めてだという。ただ、「現在は取材をお受けしておりません」との回答だったとした。

佐野氏が現在デザイナーとして仕事をしているかは、よく分かっていない。代表をしている「MR_DESIGN」のホームページは、住所と電話番号が載っているだけだ。母校の多摩美大では、佐野氏は14年4月に教授に就任して特別講義をしてきたが、報知の記事によると、美大は、エンブレム騒動から佐野氏は講義をしておらず、15年度中は予定もないと取材に答えた。

しかし、美大のホームページでは、佐野氏の名前がまだ載っており、「佐野プロジェクト」という選択必修科目もあった。記事によると、美大は、騒動による佐野氏の処分はないとして、「現在のところは、来年の春から講義をしていただく予定です」と明言したというのだ。記事では、佐野氏は、大学教授として公の場に姿を見せることでデザイン界に復帰する可能性が高いとしている。

ただ、エンブレム白紙撤回後も、多摩美大の雑誌広告「MADE BY HANDS.」について佐野氏の画像盗用疑惑が指摘されたが、美大側は、まだ何らかの判断を示していない模様だ。

関係者から復帰を望む声が出たというが...
また、佐野研二郎氏も、一連の疑惑を否定しながらも、白紙撤回などについて会見を開こうとせず、説明責任を果たしていないとの批判が出ている。

今回の報道が出た後、ネット上では、多摩美大に対し、「この人を教授としてまだ使うなんておかしい」「大学にいろんな人が来て大変なことになりそうだな」「学生も迷惑だろう」といった指摘が相次いだ。佐野氏に対しても、「教壇に立つならば 何かしら今回の件について発信しないと」「逃げ切ろうとでも思ってんのか」と厳しい声が上がっており、中には、「潔くデザイン業界から退いた方が良い」との意見もあった。

もっとも、関係者からは、佐野氏の復帰を望む声も出ている。

スポーツ報知の12月28日付記事によると、エンブレム委員会委員長の宮田亮平東京芸大学長は、「彼本来の人間性が素晴らしく、周囲の皆さんが彼のことを理解できると感じられれば、また仕事を一緒にできると考えるでしょう」と取材に話した。週刊ポストの21日発売号によると、広告業界関係者の話として、佐野氏に同情的な大手クライアントが「励ます会」を開いたといい、佐野氏は、長い出張に出て、意気揚々と仕事しているという。

多摩美大は、年末年始休暇に入ったため、MR_DESIGNにJ-CASTニュースが取材したが、広報担当は外出中だとして話を聞けなかった。



d0010128_21271184.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-12-28 21:30 | 朴李

竹島を不法占拠している連中に、日本人の血税をくれてやるクソ間抜けな日本政府にはウンザリだ

d0010128_20562877.png

d0010128_20572778.png



慰安婦問題、日韓が合意=日本政府「責任を痛感」―人道支援へ10億円財団

日韓両国間の大きな懸案となってきた、いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる両政府の協議が28日、合意に達した。
 
日韓外相会談後の共同記者発表によると、日本政府は同問題への旧日本軍の関与を認め、「責任を痛感」するとともに、安倍晋三首相が「心からおわびと反省の気持ち」を表明。元慰安婦支援のため、韓国政府が財団を設立し、日本政府の予算で10億円程度の資金を一括拠出する。合意に基づく解決策が「最終的かつ不可逆的」であることも確認した。
 
首相は28日、韓国の朴槿恵大統領と電話で会談し、慰安婦に対する謝罪と反省を伝達するとともに、「慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを歓迎したい」と表明。朴大統領は「両国の最終合意がなされて良かった」とした上で、「首相が直々におわびと反省の気持ちを表明したことは、被害者の名誉と尊厳の回復、心の傷を癒やすことにつながる」と評価した。
 
また、国交正常化50年を迎えた日韓関係の今後について、首相は「未来志向の新時代に入ることを確信している」と述べ、朴大統領の訪日を招請。大統領は「互いに信頼関係を強化し、新しい韓日関係を築くべく、互いに努力していきたい」と語り、訪日を検討することを約束した。
 
焦点となっていた元慰安婦の請求権を含む法的問題について、首相は電話会談で「1965年の日韓請求権協定で最終的かつ完全に解決済みとのわが国の立場に変わりはない」と伝えた。
 
これに先立ち、岸田文雄外相と尹炳世韓国外相はソウルの韓国外務省で会談した。岸田氏は共同記者発表で、慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。今後、国連など国際社会で、本問題について互いに非難、批判することを控える」と表明。尹氏も合意事項の履行を前提に、「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と述べた。
 
また、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦問題を象徴する少女像について、尹氏は元慰安婦支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」を念頭に、「関連団体との協議などを通じて適切に解決されるよう努力する」と語った。日本政府は少女像の撤去を求めている。 



話にならん。

日本人の血税を、クズチョンの嘘つきババアに何で差し上げねばならんのだ。

怒りに震える。これが今の日本政府のやり方か。

これで仲良くなって嬉しいか?

汚らしいウイーン条約違反の銅像を撤去しなかったらどうするんだ?

チョンに関わるとどうなるか分かっている筈だ。

日本政府がこのクズチョンどもに言うことは唯一つ。

「日本の領土である竹島からさっさと出て行け!」だけである

d0010128_2171145.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-12-28 21:15 | 日本政府

また朴李多摩美術大学かよ。クズがパクった汚物を、護国神社に奉納するとは言語道断だ

d0010128_1174132.jpg


画家・MUSTONE(マストワン)さん(本名・森雅人)が県護国神社(徳島)で描いた「申」の絵馬がトリコの猿キャラ「バンビーナ」のパクリだと話題に

12月24日((木))の徳島新聞の記事によると、徳島市で活躍する画家MUSTONE(マストワン)さん(39)=本名・森雅人=が制作した来年のえと・申(さる)のジャンボ絵馬が23日から公開されていると紹介。

絵馬の制作は、神社とマストワンさんが2007年に始め、今回が9作目。えとが一巡する19年まで続けるという。

ネット上ではジャンプで連載されている「トリコ」の猿キャラ「猿王・バンビーナ」のトレパクだと話題に。

ねとらぼがこの件をマストワンさんに問い合わせた結果、「販売目的ではなくあくまでも神社への奉納物としてモチーフにした」「「トリコ」のファンでもあり、絵馬にしたときのバランスや過去作品との対比を意図して、今回はそのままトレースする形にした。出版社への許諾は得ていない」と明かした。

さらに「神社側に迷惑をかけるようならば取り下げることも検討している」と語った。


1976 徳島県生まれ

1998 多摩美術大学デザイン学科卒業
     現在、徳島県在住



d0010128_1114582.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-12-27 11:16 | 朴李

クズチョンの嘘を認めるこの日本政府のやり方は支持できない。いやお金など絶対に出してはならない

d0010128_10204382.jpg

d0010128_10205440.jpg



<元慰安婦>政府、支援金を検討…法的責任認めず

政府は26日、慰安婦問題の最終決着に向けて韓国側に提案する見込みの新たな基金を活用し、元慰安婦に支援金を支給する検討を始めた。基金の規模は数億円以上に膨らむ可能性がある。日韓両政府は27日に外務省局長協議をソウルで開催し、28日の外相会談に向けて詰めの調整を行う。

 政府は、新基金を創設し、日本の政府予算を充てる検討をしている。日本は元慰安婦に対する賠償問題は、1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場だ。

しかし、支援金は、日本の予算による新基金から支出することで、政府の関与を示し、韓国側に理解を求める狙いがある。一方で、法的責任につながる賠償には該当しないと位置付ける。韓国側は元慰安婦らを説得するため、日本政府の関与を強調したい考えとみられ、支援金の性格をどう位置付けるかは、協議の焦点の一つになりそうだ。

 過去には、95年に設立された「アジア女性基金」(財団法人)が民間からの寄付金を原資にして、元慰安婦に「償い金」を1人当たり200万円支給した。法的責任を避けるため、寄付金をもとにして日本政府が直接関与しない形式をとった。これに加えて、政府予算を財源に元慰安婦に1人当たり300万円相当の医療・福祉支援を行った。

 当時、韓国側は、実施主体が民間団体のため「政府の責任逃れ」と反発し、元慰安婦として名乗り出た韓国人女性約240人のうち、受給したのは60人だった。1人当たり計500万円、約3億円の支出となった。

 現在は支援金の対象となる元慰安婦は46人いる。女性基金と同規模以上の支援を実施するには、新基金の規模は数億円以上が必要になるとみられる。

 アジア女性基金が2007年に解散した後、日本政府は医療・福祉支援の部分については、フォローアップ事業として継続してきた。16年度予算案では約1300万円を計上。この事業を新基金を使って拡充することも検討している。

 日本側はこれまで、安倍晋三首相が元慰安婦に手紙を送ることを提案。ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦問題を象徴する少女像の撤去も韓国側に求めている。



d0010128_10315562.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-12-27 10:33 | 日本政府

従軍慰安婦?一億?おわびの手紙?最終決着?なんで急にクズチョンに擦り寄るんだかな

d0010128_140291.jpg


元慰安婦支援へ新基金提案=「最終決着」第三国交え確認も-28日に日韓外相会談

日韓両政府は25日、岸田文雄外相が28日に日帰りで韓国を訪問し、尹炳世外相と会談すると発表した。

いわゆる従軍慰安婦問題の妥結に向け、日本政府は元慰安婦に対する人道支援を拡充するため、1億円超の新たな基金創設を提案する方向で調整に入った。外相間で「最終決着」について合意した場合、日本側は両首脳が第三国を交えて合意を確認する案も検討している。
 
新基金は、民間募金を原資とする「アジア女性基金」解散後の「フォローアップ事業」として行ってきた政府の人道支援措置の拡充に充てる。新基金の規模について、日本政府関係者は25日、1億円を上回る規模とする方針を明らかにした。支援対象者全員に、安倍晋三首相の直筆によるおわびの手紙も届ける。

一方、日本側は慰安婦問題を象徴するソウルの日本大使館前の少女像の撤去を求めるほか、米国にある慰安婦像についても善処を要請。同時に、韓国側が今後、問題を蒸し返さないよう「最終決着」とすることを明確にさせる方針。日本政府関係者は「これが最後だと合意できなければ妥結はできない」と指摘した。 
 
「最終決着」を担保するため、日本政府は、国際会議などの機会を利用して首相と朴槿恵大統領が合意内容を公式に確認することを検討。第三国立ち会いの下で確認することで、韓国側が再び政治問題化するのを防ぐ効果を期待している。
 
慰安婦問題について、11月2日の首脳会談では早期妥結を図ることで一致。この際、朴大統領は「被害者が受け入れ、韓国国民が納得できる解決策」を求めた。韓国では元慰安婦の支援団体を中心に「法的責任」の明確化を求める声があるが、日本側は1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場を崩していない。
 
今月に入り、朴大統領に対する名誉毀損(きそん)の罪に問われた産経新聞前ソウル支局長の無罪判決や、日韓請求権協定の違憲訴訟却下を受け、日本側は年内妥結の環境が整いつつあると判断している。

首相は24日、岸田氏に訪韓を指示。岸田氏は25日、記者団に「何ができるか、自分としてもぎりぎりの調整を行いたい」と述べた。



d0010128_1423543.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-12-26 01:45 | 日本政府

南のチョンと話し合って何になる。日本が交渉しなければならない相手は北のチョンだろ。相手を間違えるなよ

外相に年内訪韓指示=28日軸、慰安婦問題めぐり―安倍首相

 安倍晋三首相は24日午後、首相官邸で岸田文雄外相と会い、年内に訪韓するよう指示した。
 
いわゆる従軍慰安婦問題の決着を目指す。日本政府関係者によると、外相は28日の訪問を軸に韓国側と調整を進めている。岸田外相の訪韓で、日韓両国が慰安婦問題で何らかの合意に達するかどうかが焦点だ。
 
首相は先月2日、朴槿恵大統領とソウルで会談した際、慰安婦問題の早期妥結に向けて、日韓間の協議を加速させることで合意していた。
 
慰安婦問題に関しては、日本側は1965年の日韓請求権協定で法的には解決しているとの立場。菅義偉官房長官は24日の記者会見で、「完全かつ最終的に解決済みであるというのが、わが国の一貫した立場だ」と強調した。



d0010128_20153816.jpg

[PR]
by tokyoneocity | 2015-12-24 20:17 | 日本政府